Tuesday, August 23, 2016

バルセロナフットボールアカデミー創設!



今月からすでに4季目がスタートしているアルビレックス新潟バルセロナ。
2017-18シーズンからは、バルセロナフットボールアカデミーとして生まれ変わります。
5年目を前に大きなマイナーチェンジです。

【公式WEB】
http://www.albirex.cat/

アルビレックス新潟バルセロナはこれまで3シーズンが終了しましたが、
なんと30%以上の卒業生が、プログラムが終了した翌年もバルセロナに残っています。
1期生もまだ3名がバルセロナで生活していますし、中には彼の地で起業してしまった強者もいます。

それほどまでに、バルセロナが気に入ってしまった、ということなのです。
しかも、多くの卒業生たちはアルビレックス新潟バルセロナに引き続き関わってくれています。
メンバーとして、サポートとして、それぞれが色んな形で関わってくれているコミュニティです。

さて今回のマイナーチェンジでさらに強めるテーマは、
「バルセロナで経験して、サッカーを仕事にする。」
ということ。

周囲にいるだけでもたくさんの若者たちがサッカー業界で働きたいと願っています。
実際にたくさんの相談を受けます。
しかし、どうすれば実現できるか分からない。
どのようなスキルが必要なのか、あるいはどのような人脈が必要なのか、
全てにおいて手探りにならざるを得ません。

しかし、このバルセロナフットボールアカデミーに参加すれば、
自分の夢へ向けて大きな一歩を踏み出せます。

サッカー業界に就職できるような濃密な経験の場、を目的として、
・スポーツビジネス
・指導者
・メディア
・マネージャー
と、それぞれ4つのコースに分かれ、これまで以上に専門的なレッスンを網羅します。
著名ディレクター(自分が入っているのはお恥ずかしいですが)がコースを編纂し、責任を持ったプログラムにしています。

そしてもちろんそのベースとなるのは、
・サッカー
・スペイン語
・ビジネスセミナー
です。

サッカーでは、アルビレックス新潟バルセロナに所属して1シーズンをプレー。
どうしてスペイン人はこんなにフットボールに情熱を注ぐのか、
スペインではどんなフットボールが展開されていて、どんな選手がプレーしているのか、
などを実際のリーグ戦の中で体験します。

スペイン語は1日3時間、週15時間。
コミュニケーションを重視したレッスンで、
1年が終わる頃には、英語に例えると英検3級以上のレベルに達しているはずです。
もちろん、サボっていては上達しませんので、語学学校とともにサポートもします。

さらにバルセロナの各界で活躍している著名人を招いてのビジネスセミナーを定期的に行うことで、
現地で近い未来の自分を投影する、大きな刺激を受けていただきます。

・ご飯が美味しい!
・酒が美味しい!
・天気が良い!
・海がある!
・山がある!
・芸術がある!
・文化がある!
・(物価が意外に安い!)
・そして何より、フットボールで溢れまくっている!

フットボールを学ぶには最高峰の場所が一番です。
そんなバルセロナで、最高の1年を過ごしてください。


さて、バルセロナフットボールアカデミーの魅力をたっぷりとお伝えするセミナーを開催します。
http://www.albirex.cat/%E8%AA%AC%E6%98%8E%E4%BC%9A/

大阪・8月27日(土) 15:00〜
東京・8月28日(日) 14:00〜

両日ともに是永が直接ご説明しますので、お気軽にご参加ください!
皆さんにお会いできますこと、楽しみにしています。

Monday, August 22, 2016

Tiny moments.


やっと、カレー食べてます。

リオの閉会式、録画ですが観ました。東京へのワクワク感を硬軟織り交ぜた伝え方は実に日本らしく、老若男女問わずアピールできたんじゃないでしょうか。おつかれさまでした!

そして、その裏でまさかの「最強」京成までもが運行見合わせのため、上野から成田空港まで6時間半…(そのうち4時間は時間潰しの10年ぶりネカフェですが)! 上野→八千代台→京成津田沼→新鎌ヶ谷→成田空港 と、かなりトリッキーではありますが、何とかフライト前に辿り着きました。

たまたま周りにいた外国人の皆さんには最新情報をシェアして誘導できましたが、全員は助けられない。駅員さんも一生懸命アナウンスしてくれているのですが、日本語オンリーだと理解できる外国人は限りなく少なく…。

ハードだけでなくソフトも4年後までには充実させないといけない、と強く想った次第です。

http://ift.tt/2bbrfBU

Saturday, August 20, 2016

Tiny moments.


昨晩のアルビシンガポールは渋い試合で1-0勝利。その直後に新潟までフライト。娘がビッグスワンでチアダンスさせていただき感涙。そしてあろうことか、家族をほっといてゴール裏に移動。

これから始まる90分。
ヤミツキ。

#albirex

http://ift.tt/2bpP0q1

Monday, August 15, 2016

GOTHIA CUP CHINA ゴシアカップ中国初開催!

アルビレックス新潟シンガポールジュニアが、ただいま中国はシェンヤンで開催されているGOTHIA CUP Chinaにシンガポール唯一のチームとして参加しています。

もともとGOTHIA CUPは毎夏にスウェーデンで開催されている世界最大のジュニア〜ユース世代の大会。1975年の初開催からこれまで114の国から100万人が参加。昨年夏だけでも、80ヵ国から1,755チームが参加しました。なんと、イブラヒモビッチ、シアラー、シャビ・アロンソやピルロといったスーパースターたちも少年時代に覇を競ってきたのです。

その、GOTHIA CUPが初めてのスピンオフとして中国で開催されています。スウェーデン以外では初開催。アジアに根を張るアルビシンガポールとしては、どうしても参加したかったのです。

今回の中国開催では、予選リーグ初戦は0-0の引き分け。前半はテクニックに勝るアルビがキビキビと優勢に進めますが、後半は中国チームのフィジカルに苦労しました。

いずれにしても、少年時代に様々な国に行き、様々な環境を経験することで、数えきれない発見があるはずです。そして、彼我の差を実感することで「自分とは何者か」という問いへの答え、つまりアイデンティティが芽生えるのです。これからの日本には、アイデンティティがしっかりと軸にある若者が必要です。

サッカーは、アイデンティティを育むツールでしかありません。しかし、世界で最も可能性を秘めた素晴らしいツールでもあります。

今回の中国遠征にご理解いただいた保護者の皆さま、心より感謝申し上げます。アルビレックス新潟シンガポールは、子どもたちに刺激を与え続ける存在でありたいと思っています。




Thursday, August 11, 2016

Tiny moments.


4-0快勝! 首位キープ! GMムイティー誕生日! #albirex http://ift.tt/2aVhbjh

Monday, August 08, 2016

Tiny moments.


アルビレックス新潟バルセロナの4期生入学イベントのためにバルセロナに来ています。シーズン最初の集合場所が朝日の差し込むカサ・ミラとは、なんともイカしてるじゃないか…!

立ち上げることを決めてから5年。今では多くの卒業生たちが、ここで得た経験と語学を使って社会に飛び出しています。バルセロナに住み着いている卒業生たちも10名以上いまして、中には会社を立ち上げてしまった猛者もいます。

理念である、日本と世界の架け橋となる若者が次々と生まれているのです。

ああ、心から、楽しい。

http://ift.tt/2aFMaQ9

Friday, August 05, 2016

Tiny moments.


ブルネイまで来たのに負けた。
勝てるチャンスはあったけれど、相手の気迫と執念に押し切られた。

今季、アルビレックスシンガポールはこれまで誰もできなかったことに挑戦している。
目の前に、そのチャンスがある。
そしてまだ、成し遂げていない。

色気を出す必要はない。
泥臭く、オレたちらしく。
リーグ戦、残り7試合。
たった、630分。

応援してくれている皆さんの顔を思い浮かべれば、走りきれない理由がない。

戦うのみ。

http://ift.tt/2b8edpY

Thursday, August 04, 2016

Tiny moments.


つかの間のオフを経て、アルビレックス新潟シンガポールはリーグ戦が再開。アウェイの地、ブルネイに飛んできて前日練習中! 明日も勝つぞー! #albirex http://ift.tt/2avAQ7J

Monday, August 01, 2016

Tiny moments.


本日はシンガポールにやってきた新潟江南高校18人の学生さんへ講演。 彼らは夏休みに自主的にやってきてこっちではホームステイをしているという。 何かを発見したい、経験したいという前向きな若者たちだ。 若いっていいな! ありがとう! http://ift.tt/2aKNj86

Tiny moments.


本日はシンガポールにやってきた新潟江南高校18人の学生さんへ講演。 彼らは夏休みに自主的にやってきてこっちではホームステイをしているという。 とにかく何かを発見したい、経験したいという前向きな若者たちだ。 若いっていいな! ありがとう! http://ift.tt/2aCrUOT