Tuesday, April 17, 2018

Tiny moments.


via Instagram

先ほどまで世界中のサッカー関係者が集まるカンファレンス 、SOCCEREXのため中国は珠海におりましたが、会うべき皆さま(含むイケイケ日本人3人)にも会えましたので、予定を1日早めて香港を徘徊中。

立ち上げ済みの香港法人。ようやく準備万端で事業スタート…ではなく、やっぱりやってみなくちゃ分からない。

しかし、香港法人GMのモーレツな想いは、少々の障害をモノともしないでしょう。

右手に情熱、左手に執念。
漲るフロンティアスピリッツ。

※失敗してもいいからね!

Saturday, April 14, 2018

Tiny moments.


via Instagram アルビレックス新潟シンガポール開幕3連勝! 優勝候補のブルネイDPMM相手に前半1分、4分の得点で大勢を決めて2-0勝利!(追加点欲しかったけど…) まだまだ行くよ! #albirex #albirex_s

Sunday, April 08, 2018

Tiny moments.


via Instagram アルビレックス新潟シンガポール、1-0勝利! 開幕2連勝! いろいろ環境が苦しい試合だったけど、このリーグに慣れてない若い選手たちにとってとてもいい経験。 (野澤、PK止めてくれてありがとう)

Wednesday, April 04, 2018

素晴らしかったTOMODACHI initiative。

ニューヨークからダラスに向かっております。
久しぶりに来ましたが、やっぱりアメリカはデカい。
全ての人々を受け止める懐の深さに感心しながらも、どこか肩身の狭さも感じてしまうという、自分にとっては通常運行のアメリカです。
 
さて、今回アメリカに来たのはTOMODACHI initiativeがきっかけでございました。
詳細は以前のポストに委ねますが(http://www.korenaga.ws/2018/03/blog-post_24.html)これがもう、素晴らしい内容でした。
 
3日間、朝から晩までずーっとプログラム尽くし。
シリコンバレーをあっちやこっちに移動しながら、VCや投資家に11回も英語ピッチを行って、それぞれの事業の課題やアドバイスを受けるという、キャンパスベンチャーグランプリを勝ち抜いた学生起業家の皆さんにとってはメチャクチャありがたいプログラムだったと思います。
 
この機会なんとか喰らいつきたい学生起業家の皆さんももちろん必死でありまして、アドバイスを受けた点について次のアポイントまで移動中のバスの中でPPTを修正したり、チームで徹夜をしつつなんとか完成に近づけたり、と、若者らしい情熱的なエネルギーで真正面からぶつかりました。「三歩進んで二歩下がる」を地で行ったわけですが、3日間で11回もピッチの機会があれば11歩は進んだわけですね。少なくとも。
この短い期間で、かつ慣れない英語で多くのピッチをやりきったこと、自分たちの事業を少しづつ改善させた体験というのは、彼らにとって一生の宝物になると思っています。
 
また、自分にとっても改めて最前線を感じることのできた機会でありまして、事業欲がムクムクと膨らんでくるのを抑えることができそうにありません。どうしましょう。笑
 
今回TOMODACHI initiativeを中心として、経済産業省、東京ニュービジネス協議会の皆さん、あるいはこの活動をサポートしてくださっている企業の皆さんに、改めて御礼申し上げます。

 
・若者は、無条件に応援される。
 
・必死な若者は、その努力以上に伝わる。
 
・揉まれた若者は、ものすごいスピードで成長する。
 
・自信を持った若者は、真っ直ぐに突っ走る。
 
・恥を捨てた若者は、どこまでも駆け上がる。

 
どんどんChange the Worldしてくれる若者が生まれることを期待しています。

Tuesday, April 03, 2018

Sunday, April 01, 2018

Tiny moments.



マジソンスクエアガーデンのコートサイドでNBAを観るという僥倖。Knicksは負けたけどビーズリーはカッコよかったぜ。ピョン吉も嬉しそうだ。

そうそう、隣に女優のLecy Goransonさんが座っていた。選手の投げたボトル(?)が額に当たってしまい、会場のスタッフが氷を持ってきて冷やしているなど、ちょっと痛そうだったんだけど、なぜかずーっと爆笑してた。

顔って女優の命なんじゃ…?などと訝しんでいたら、さらに隣にいた旦那さんと思しき方も一緒に爆笑してた。

HAHAHA。
さすがはアメリカン。

話を戻すと、やはりスポーツビジネスの商材は試合前後を含めての圧倒的な体験とホスピタリティだと痛感。この辺をアメリカは徹底的に追求しているよね。

Saturday, March 31, 2018

Tiny moments.


via Instagram Good weather. #newyorkcity #centralpark

Tiny moments.


2-1!

アルビレックス新潟シンガポール、コミュニティシールド3連覇!
これで2015年のシンガポールカップから全ての大会でタイトル10連続獲得!
選手、スタッフを誇りに思います。

年齢制限など、はね返せ!

Tuesday, March 27, 2018

ギミック満載!15周年ユニフォームは即完売御礼(?)


出ました!
アルビレックス新潟シンガポール2018シーズンユニフォーム!
今季は15周年記念というわけでオリジナルデザインを頑張ってみました!

写真真ん中がAdam Swandiです。
先日シンガポール代表に選ばれた我が軍の10番です。
まだ22歳ですので、将来どれくらい成長するのか楽しみです。

お馴染みオレンジ&ブルーが全面に彩られていますが、
15周年記念モデルということもあり、
実はギミック満載のデザインに仕上がっております!

それではご紹介。



腹部を見てください。
こちら、万代橋近辺のイメージです。

オークラあるかな?
メディアシップあるかな?
などと楽しんでいただくのもご一興。

信濃川が見事に夕映えしております。
その上を11羽の白鳥が翔ぶ…。
実に、ロマンティック。





そして注目は背面のKubotaさんロゴの右側。
なんと、稲穂がこんにちは。
はい。Kubotaさんと新潟の誇り稲穂のコラボです。
ここまでスポンサーロゴとデザインが調和したユニフォームは見たことない!(?)




さらにSリーグのトロフィーや、
我らがホームJurong East Stadiumの時計台など、
新潟とシンガポールが1枚のシャツに融合するストーリー。


すべてが新しい、15周年記念ユニフォーム。
(Apple風)


数量限定です。
以下よりオーダーお待ちしています!