Monday, April 27, 2009

ほめられたい。

1週間くらい前、おざーんさんのこの日のBlogを読んで、早速ほめられた。
ニヤニヤがとまらなかった。

デジタルとアナログをつなぐものは、大体においてステキになることが多い。
もっと言うと、アナログな感性を持って作られたデジタルなものは、
とってもステキなのである、と思う。

実は前職時代にも気をつけていたのが、こういうこと。
情報は「横流し」ではなく、必ず「味」を加える。
もちろん、権利の問題でそのまま載っけなければいけないものもあったけれど、
それ以外に関してはとことんこだわる。
「体温」を感じさせる。
そうすれば多かれ少なかれファンはできると思うんですね(中にはアンチも)。
人々が見たり読んだりして、リアクションの生まれないモノには価値がない。

人間やっぱり、割り切れないものが好きなんだなと思うんです。

その味の方向性、これこそ「センス」だと思うんですけど、
それを出したいがために自己主張すればいいってわけじゃなくて、
ヒットさせるには空気を読むことが何より重要なのでは、と。
求められているものに応える、あるいは、逆にハズして惹きつける。
このあたりがメディアの醍醐味だと思うんだよなあ。


と、ほめられて感銘を受けたので、
このBlogのサイドバーにも、ほめられるBlogパーツをくっつけました。
お試しあれ。

No comments:

Post a Comment