Tuesday, May 05, 2009

スマートフォン。

ここシンガポールでは夏風邪と言うべきか何と言うべきか。
非常に体調が悪い。

高熱に悩まされている訳ではないと思うのだが、
数日前からのどが猛烈に痛くて声が上手いこと出ない。
同じく2週間前にインフルエンザ(インフルAではなく)に悩まされていたスタッフと
症状がほとんど同じなため、どうやら伝染されたのかもしれない。
(ちなみに彼は40度の高熱に倒れた…)
この3日くらいはDrithcinの強烈のど飴を口でゴロゴロ転がす毎日を過ごしている。
小さなオフィスにこれ以上蔓延させる訳にもいかないので、今日は自宅作業。
色々やらなければならないことがあるんだけど…。

さて、
とのことです。

Black Berryはここシンガポールでも大人気です。
最近はiPhoneも相当数見かけるのですが、どちらかと言えばユーザーは若者というかライト層に多い。
一方のBlack Berryはビジネスマン/ウーマンにやっぱり強いですね。

その他の携帯電話事情としては
  1. イヤホンつないで音楽を聴いているヒトが多い
  2. メール着信音がドラえもんが道具出したときの音
  3. インド系はインド系の着信音
  4. ゲームをしているヒトはほとんどいない
  5. 携帯でのネット利用者皆無
ですかね。
欧州、というか日本以外の諸外国と同様です。

やっぱり、日本の携帯電話事情ってすごい特殊ですよね。
この記事にも、米国では
携帯電話市場に占めるスマートフォンのシェアは、前年同期の17%から23%に拡大した。
とありますが、日本はまだまだそこまでいかんですよね。
あんなに便利(そう)なのに。
今後もすごーく微妙な右肩上がりで進むんでしょうか。

歯止めをかけているのはワンセグですかね。
個人的には無くても全然問題ないんですけど、
カーナビのテレビと同じで、あったものが無くなると妙な違和感を感じる、みたいな。
だから無くせない、みたいな。

で、さらにそれ以降のタイプは2つに大別できるのではないでしょうか。
少なくともコレナガの中では。

  1. テレビはそんなに見たくないからワンセグ無くてもいい
  2. テレビは移動中に携帯でぐらいしか見ないからワンセグあったほうがいい

つまり2におけるテレビは、自分の中でそういうメディアになりつつあるということです。
だってスポーツのライブ以外は必要ないもん。

No comments:

Post a Comment