Monday, May 11, 2009

島耕作。

今日は休日だったのだけれど、
やらなければいけないこともあったので朝からオフィスへ。

昼が近づくにつれて何だか知らないけれど
スタッフのみんなが集まってきたので、
残念ながらチームを離れることになってしまったスタッフの、
何度目かのお別れパーティーを近所のホーカーで行いました。
お休みなので昼間っからビールも呑んでウハウハ。

で、お腹いっぱいになって帰ってきて、
彼の遺していった「課長」「部長」などの「島耕作シリーズ」を発見。
その後ひたすらデスクで読み耽ってしまい、気がつけば夕方になってしまった。
いかんいかん。

「課長」シリーズは学生時代に読んだことがあったのだけれど、
こんな世界もあるのだなあ、とか、
おいおい社会ってこんなんでいいのか?とか、
オイシイなあ、とか、
思春期時代に半ば憤慨しながら島課長のモテっぷりに嫉妬していたわけですね。

では、ここシンガポールでそんな島耕作ばりの生活があるのか、と問われれば、
あるところにはものすごくありそうな匂いはプンプンしているのですが、
少なくともコレナガの半径2mくらいには存在してません。


まあ、ものすごく、どうでもいい話ですが。


そんな島耕作もいつの間にか社長ですか。
社会ってそんなんでいいのか?
と、大多数のサラリーマンの皆さんが思っていると願います… 笑



No comments:

Post a Comment