Sunday, June 28, 2009

Ramen Bar。

今回のテーマは「ラーメンバー」である。


とは言っても、

  • 二枚重ねのシールになっている
  • ドン・ゴッド理事長の2枚目のシールはキラキラだ
  • ナルトの平次の二枚目は実写だ(あれ、誰?)
  • ガムラツイスト知ってる?
  • あっぱれ大将軍ではない

のアレではない。
正真正銘のラーメンである。

つい先ほど掃除用の雑巾を買いに行こうと近所を徘徊したら(結果、買わず)、
ウチから徒歩2分くらいのちょっとした飲食店街に
Raman Barなるものがいつの間にかできていた。
ググってみると2ヶ月前以上からできていたらしいのだけれど、
全然気がつかなかった(それくらい近所をウロウロしていないということか…)。

ちょうど今日はサラダしか食べていなかったので、するするっと店へ入ってみた。
(カメラも持って行かずだったので、写真はナシ…)

明るい木目調の清潔な店内で、非常に好感が持てる。
メニューを開けばメインは博多ラーメン。
シンガポールではあんまり豚骨ラーメンを食べれるところがなく、
ついでに言ってしまうと夜はビールなんかも呑めるようで、
もし美味しかったら通おう、と思ってしまった。
日本には東京に支店が10以上あるらしいので、知られたお店なのだろう。

おそらく日本のそれとは別の作りを意識しているのだろうけれど、
とんこつラーメン独特の臭いと濃厚スープに慣れているコレナガにとっては、
若干薄く感じた。
麺ももう少し湯切りをしっかりしてもらえるといいのに…、
などと、お子ちゃま舌のくせに何かと独りごちながら、結局一滴も残さず完食。

「焦がしニンニクラーメン」なんてのもあったので、
次回はそれにチャレンジしてみよう。

そして日本に帰ったときには東京でトライしてみる。
きっとマーケティング的に変えているであろう味を知ることで、
シンガポールの特性を客観的に感じることができるかもしれない。

ラーメンズ・片桐仁のガンプラ戦士ジンダム
ラーメンズ・片桐仁のガンプラ戦士ジンダム片桐仁

おすすめ平均
starsガンダムを知らない私でも楽しめました!
stars(かなり過剰な)愛ある一冊。
starsラーメンズファンなら
stars突き抜けた面白さ
stars仁バカ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

No comments:

Post a Comment