Sunday, July 05, 2009

最後のタイミング。

もうここのところの目的と手段を入れ違えた政局にはうんざりする。
「踊る東国原氏」を筆頭に何だか三文芝居を延々と見せられているような感じで、
一向に危機感が伝わってこない。
国外から指をくわえて見ているとなおさら気が狂いそうだ。

今は日本沈没回避の最後のタイミング。

日経平均こそ上がってきたものの、それはうわべだけの現象だと誰もが気付いているはず。
根本的な解決策はおざなり。
数十年後に国力の圧倒的な減衰が露呈するのは目に見えている少子化問題にしたって、
家庭に経済的な支援をすれば解決すると思っているのか。
違うよ。日本という国の将来が安心できないから子供を作れないんだ。

数日前も北朝鮮からはミサイルが意気揚々と飛んできているのに、
国民の意識を明確にそこに向けるアクションが皆無。
あくまで「北レベル」の兵器であり兵士なのだから、「間違い」が起こる可能性は高いと思うのだが。
このままではいざ本土へ着弾したとき、
北の「プログラミングを間違えた」という言い訳が通用してしまいそうで困る。
首相の「極めて遺憾」という言葉で誰を納得させることができようか。

民主党に政権運営能力が無いのはトライせずとも明らかだと思うけれど、
(官僚と折り合いをつけれるわけがないし、官僚を排除できる能力もない)
かと言って「鳩山のカネは黒い!」と
こんなときに声高に叫んでいる自民党に期待する気にもなれん。

うーん。

国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて (新潮文庫)
国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて (新潮文庫)佐藤 優

おすすめ平均
stars強い愛国心ゆえに嵌った罠
starsタイトルの真意は...
stars「あなたは友だちを裏切らない」と検察官は言った、と書かれている
starsワルぶった情報屋として活動するための準備工作
starsなんとも............

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1 comment:

  1. 某そのまんま知事は地元の知事で、なんとも困ったもんだと思う日々。佐藤氏は先日、有罪確定したようで・・・。
    いろんな面でなんともなぁって感じですね。

    ReplyDelete