Wednesday, August 05, 2009

Facebookが世界4位のサイトになった。

Facebookが世界4位のサイトになった。(TechCrunch Japan)

全世界ユニーク訪問者数(2009年6月) 、comScore調べ。

1. Google Sites: 8億4400万
2. Microsoft Sites: 6億9100万
3. Yahoo! Sites: 5億8100万
4. Facebook: 3億4000万
5. Wikimedia Foundation sites: 3億0300万
6. AOL: 2億8000万
7. eBay: 2億3300万
8. CBS Interactive: 1億8600万
9. Amazon: 1億8300万
10. Ask Network: 1億7400万

驚愕。
記事の中では、

世界のトップ3、Google、Microsoft、Yahoo、に追い付くことがあるとしても、まだかなり先だろう。


とあるけれど、SNSの性格上もっとスゴイ勢いになることも予想される。
特に、もう少しすればiPhoneやAndroidが主流になって、
モバイルインターネットが盛んになる時代が来る。
さらに多くの層がFacebookを利用することになるはずなので。

モバイルインターネットに限れば、世界は日本から遅れること10年。
当時の日本はものすごく進んでいたのに、
いわゆるガラパゴス的発想の下にキャリアが枠組みを作ったことによって、
世界に追い抜かれ、突き放されている状態。

日本人は、あるものに対して付加価値を付ける才能はスバラシイと思うのだけれど、
それがグローバルに展開できるにも関わらず、どうも出来上がるものはローカルちっく。
例えば、おサイフケータイだって世界中で利用される可能性は高いと思う。
使ったことないけれど、便利だろうなあと想像できる。
でも、きっと数年後にどこか日本ではない他社のフォーマットで展開されるんだろうなあ、と思ってしまう。
むむう。


かなり前に加藤さんが紹介していた「パラダイス鎖国」、オススメ。

パラダイス鎖国 忘れられた大国・日本 (アスキー新書 54)
パラダイス鎖国 忘れられた大国・日本 (アスキー新書 54)
おすすめ平均
stars正論だけど薄い内容
stars「内なる黒船」への期待
starsブログから生まれた軽いタッチの日本論
stars開国への第一歩
stars日本にシリコンバレー的文化を開花できるか?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

No comments:

Post a Comment