Thursday, September 10, 2009

Appleスペシャルイベント Fall 2009

昨日、9月9日に行われたAppleのスペシャルイベント。
毎年恒例となりましたが、このタイミングでMacやiPodの新機種を発表するわけです。
で、これも恒例なのですが、情報漏洩を非常に嫌うジョブスさんだけになかなか情報が漏れてこない。
そして、待ちわびる信者を含むユーザーたちが、新機種に対して様々な予測をするのも恒例となりました。

そんなモヤモヤの間には、
「ビートルズの楽曲がiTunesで買えるようになるという発表があるはずだ!」
という、いわゆるApple Recordsとの間にあった「リンゴ闘争」に決着か、
などというビッグニュースもありました。

さて、コレナガの興味の対象は、iPod touch。
寝ても覚めても触り続け片時も身辺から離すことのないのですが(けど第一世代…)、
こちらも
「カメラが搭載される!」
「64Gが発売される!」
「16Gで2万円くらいまで値段が下がる!」
「速度が向上する!」
など夢いっぱいの予想で溢れていました。

とりわけカメラの搭載は望んでいた出来事です。
むしろこれだけが唯一無二のビッグな希望。
App storeに置いてあるカメラのアプリは今までtouchでは使えなかったので、
当然、この新機種の内容いかんでは買い換える気マンマンだったわけです。


で、結論から言えば、「さすが」appleと思わざるを得ない内容でした。
「さすが」、と思ったのは新iPod touchの内容ではなく、その戦略。
改めてappleを支えているのは、
独創的なアイデアとかステキなデザインではなく(もちろんそれもあるけれど)、
ジョブスさんの掲げる企業精神なのだ、と思った次第です。

Appleの戦略を簡単に書いてしまうと、
・入り口はできるだけ広く
・谷底はできるだけ深く(ハマったら抜けられないという意味で)
ということ。

ちょっと前のTech Crunch(断然わかりやすいMac対PC論争 7/24)にありましたが、
同社の「プレミアム」価格市場、即ち価格帯$1000以上のコンピューターでの売上シェアは、驚異の91%。
ということで、ミニノートを含めたWindowsPCたちが激しい価格競争をしている中、
appleは独自の路線でユーザーの賛同を得て、90%以上のシェアを誇っているわけです。
これは、すごい。
「どれだけ谷底が深いんだ」と思ったものです。

で、これをモバイル分野に当てはめると、iPhoneが一番深い谷底かと。
端末自体の金額もさることながら、(おそらく)携帯事業者からAppleへ定期的にお金が落ちてくるのが非常に美味しい。
iPhoneの利用者が増えれば増えるほど、チャリンチャリンとAppleのサイフが重くなっていくわけです。

さらにもう一つのキーは「iTunesをいかにたくさんの人に使ってもらうか」、ということです。
上記の入り口を広げるということですよね。
(googleの発想と近いですよね。というか、すべからくITビジネスはこの通りだと思うのですが)

例えば今回のスペシャルイベントでの「iPod nanoにビデオ搭載」というビッグニュース。
Shuffleは置いておいて、これまでカラーやデザインで若者たちに人気があり、
どちらかと言えばiPodの中でも廉価版だったnanoにビデオを装着。
この価格帯の商品力を高めたことによって興味の対象として入り口を抜群に広くする効果があります。

そしてこれがユーザーのiTunesの利用をさらに促進し、
ひいてはiTunesが使いやすいMacへの移行も進めているわけです。
(Windows対応のiTunesの速度がいつまでたっても上がらないということにもつながるはず)

バッティングするiPod touchにはnanoについたカメラがつきません。
ただ、価格を下げて、速度を速くしたというマイナーチェンジに留まりました。
当然そのままではtouchの居場所がありませんので、
差別化として「touchはゲームをするもの」とジョブスさんは語ったようです。
この言葉が今後touchにとって大きな意味を持ってくるのでしょう。
(なのでコレナガは今回、様子見です)

色んな想像をしてみましたが、
もしかしたらジョブスさんの健康状態が良くなかったので、
単純にtouchの開発に深く関われなかったのかもしれないなあ、とも思ってみました。
オーナー企業にはそういうこともあるでしょうから。


と、こんなに長文を書いておいてMacユーザーではないコレナガは(学生の時はiMacですが)、
かれこれ6年くらい慣れ親しんだLet's noteを来週再度購入予定です…。


appleスペシャルイベントのまとめは以下がスバラシイ。
5分で分かる「アップルスペシャル・イベント Fall 2009」のまとめ(iPhone・iPod touch ラボ)


スティーブ・ジョブズの流儀
スティーブ・ジョブズの流儀三木 俊哉

おすすめ平均
stars狂気的な情熱
stars個性的な製品をだすアップルの秘密
stars神楽ポイント
stars時代がスティーブ・ジョブズの思想に追いついてきた。
stars心が奮える一冊

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

No comments:

Post a Comment