Wednesday, September 09, 2009

ガーナvs日本。

ガーナvs日本戦は4-3。
お見事。

親善試合とは言え「殴り合い」での勝利は何より精神的な収穫が大きい。
1-0の勝利もいいんだけど、殴り合うことで頭の中が「相手を上回った」だけで埋めることができる。
これで、たとえ別の相手に先制されても「オレたちならやれる」と思える。

これをあと2試合くらい本番前にできると、非常に楽しみだなあ、と。

絶対的なFWの軸が出てきてないのは気がかりだけど、
それ以外のポジションでは競争も激しくなってきていて、何とも熟成が楽しみなチーム。
そして、結果的に本番にはサッカーでの頭の使い方の巧い選手が残ると思うのです。
頑張るのは当然。
けれど、ただただガムシャラにやるだけでは良い結果は臨めません。

No comments:

Post a Comment