Saturday, October 10, 2009

無念。

2ndレグも圧倒的優位に立ちながら、
90分は1-0で勝ったものの、延長、PK戦の末、敗れた。
残念だけれどPKでは仕方がない。
選手たちはよく戦ったけれど、90分で終わらせなければならなかった試合だった。
また来年、一つハードルが上がった舞台に挑戦するのみだ。


これまで欧州でチャンピオンズから5部リーグまで200試合くらい色んなサッカーを見てきたけれど、
一つだけ共通していることがある。

良い舞台は必ず、良い試合を作る。

だから、フロントスタッフとしては良い舞台を作らなくてはならない。
そういう意味で、昨日のスタジアムは反省すべきだと思っていた。
(もともと観戦環境が最悪と知っていたスタジアムだけれど)アウェイとはいえ、
応援してくれているお客さんは一生懸命本当に心をこめて応援してくれていた。
全力で声を枯らしながら我らがチームを応援してくれていた。
けれど、残念ながらその数は多かったとは言えない。

だから、選手たちを決勝に進ませるだけの後押しを完璧にはできなかった。
そう、思っている。

もしかしたら、クラブがアウェイのチケット代を負担してでも
お客さんを集めなければならなかったのかもしれない。
ホームだったら簡単に入場料無料にできるし(まさにJ昇格のときに新潟本体がやったように)、
実際に1stレグはそうした。
で、0-1で敗戦したもののそうやって舞台を作った結果、押しまくる試合ができた。
まあ、2ndレグも押しまくれたので実際はどうなのか分からないけれど、
とにかく、フロントには舞台を作る責任があると思っている。

そういう意味ではたくさんの人々が入れ替わり立ち替わりやってくるこの国では、
不断の努力をしながら理解を得ていかなければならない。
スタッフの数が少ないとか何やとか、言ってるウチにもっと動かなければならん。

「日本の未来を作る」。
そう決めたからには邁進するのみ。

No comments:

Post a Comment