Saturday, October 24, 2009

ラーメン。

ここシンガポールには無数の日系ラーメン店がある。
ざっと数えただけでも10数店舗。
それぞれがチェーン化しているので、合計30~40店くらいになるだろうか。
シンガポール自体が淡路島と同じくらいのサイズなので、
ラーメン屋密度は結構高いのではないだろうか。

数日前に頼まれたので行きがかり上、ラーメン店ブランディングの企画書を作っている。
全く畑違いなのはよーく分かっているのだけれど、これが非常に刺激的。
以前から飲食のブランディングは関わってみたかったところなので、
何というか、面白くて仕方ない。
違った角度からこの国を見ることもできて、
かつ、クラブにメリットがあるとなれば一石三鳥くらいになるんじゃないだろか。

ちょっと難しいのがインパクトのある企画書を作る際、言葉が非常に重要となる。
どうやって相手に響かせる言葉を単語レベルで選んでいくか。
これまでの経験上、最も大切な部分。
(データとかロジックとかそのあたりはクリアしておくのは当然)

で、今回は英語で作っているので、「相手に響かせる言葉」がちょっとややこしい。
たとえば、「バックボーン」という日本語をそのまま「Backbone」と訳すのはちょっと違う。
何か響かなそう。
だからたとえば前後含めてかなりの意訳を交えてPersuadeとかにしてみたり、
とにかく普段使いとはちょっと違う使い方で「?」とひっかかりを作ることで、
いちいち言葉に注目してもらって、その真意を探らせる。
何も考えることなく読み進んでしまったら記憶に残らないし、意見も出てこないから。
英語のできないヤツと思われるのと紙一重だけど 笑

というわけで、今日はオリジナルメニューのテストのため、
自宅でラーメンを作ることに決めました。


たちまち繁盛店!1日300人が行列する人気ラーメン店のつくり方 (DO BOOKS)
たちまち繁盛店!1日300人が行列する人気ラーメン店のつくり方 (DO BOOKS)
同文舘出版 2008-06
売り上げランキング : 82746

おすすめ平均 star
star読み物として読んでも面白い!
star船井流にありがちな本
star初めての実践的なラーメンビジネス書です

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

No comments:

Post a Comment