Monday, November 09, 2009

PK戦。

土曜日のこと。
Singapore Cup3位決定戦。
押し気味に試合を進めながらも、1-1の引き分け。
またしてもPK戦で敗れてしまって、4位。

選手たちはよく戦ってくれたと思う。
移籍や出場停止や負傷でベストメンバーが組めない中、
強い気持ちを持って最後まで諦めずに戦ってくれた。
残り1分での同点ゴールには涙がチョチョ切れそうだった。

普段スタジアムにいらっしゃらない方々も多数見かけたし、
そういう意味でも諦めずに同点弾をたたき込んだことは今後の糧となる。
結果負けたとしても記憶に残ってくれれば、またスタジアムに足を運んでいただけるはず。

ただ、当たり前だけれど、3位と4位はえらい違いである。
とりわけ、スタジアムにいらっしゃらなかった皆さんにとっては。
「ああ、いつものことか」
「まあまあ頑張ったんじゃない」なんてことになってしまう。

今年はちょっと違ったんですけどね…、などと言っても、結果は結果。
当たり前だけど、見なければ内容は誰にも評価してもらえない。
(そもそも不運だけでなくいくつかの幸運があって、あの場にいられたわけだ)

その翌日の日曜日、我々が準決勝でPKで敗れたGeylang Unitedが優勝したという。
1-0というスコアで。
「優勝できたなあ」なんて言葉はサッカーには禁物だけれど、
敗れた試合にしても終始ウチが支配していただけに、何ともはや、悔しい。
ちょっと幸運がこっち側に転がっていれば…。

選手やスタッフたちの日頃の頑張りも知っていたし、
真面目ないいチームだっただけに、何とかタイトルを獲らせてあげたかった。
何より、時間を割いてスタジアムに来ていただいている皆さんへの最高のプレゼントが、
「勝利」であり「タイトル」であるということは知っている。

そうは言っても、何かが足りなかったから敗れたわけで、
この順位で終わっているわけで。
心形刀流・松浦静山の言葉で楽天イーグルス野村前監督がよく使っていた
「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」
という言葉は核心を突いているなあ、と肌身に感じている。
来年また、やり直しです。


皆さんのご声援・ご支援で今季も無事に終えることができました。
本当にありがとうございました。

No comments:

Post a Comment