Sunday, June 28, 2009

Ramen Bar。

今回のテーマは「ラーメンバー」である。


とは言っても、

  • 二枚重ねのシールになっている
  • ドン・ゴッド理事長の2枚目のシールはキラキラだ
  • ナルトの平次の二枚目は実写だ(あれ、誰?)
  • ガムラツイスト知ってる?
  • あっぱれ大将軍ではない

のアレではない。
正真正銘のラーメンである。

つい先ほど掃除用の雑巾を買いに行こうと近所を徘徊したら(結果、買わず)、
ウチから徒歩2分くらいのちょっとした飲食店街に
Raman Barなるものがいつの間にかできていた。
ググってみると2ヶ月前以上からできていたらしいのだけれど、
全然気がつかなかった(それくらい近所をウロウロしていないということか…)。

ちょうど今日はサラダしか食べていなかったので、するするっと店へ入ってみた。
(カメラも持って行かずだったので、写真はナシ…)

明るい木目調の清潔な店内で、非常に好感が持てる。
メニューを開けばメインは博多ラーメン。
シンガポールではあんまり豚骨ラーメンを食べれるところがなく、
ついでに言ってしまうと夜はビールなんかも呑めるようで、
もし美味しかったら通おう、と思ってしまった。
日本には東京に支店が10以上あるらしいので、知られたお店なのだろう。

おそらく日本のそれとは別の作りを意識しているのだろうけれど、
とんこつラーメン独特の臭いと濃厚スープに慣れているコレナガにとっては、
若干薄く感じた。
麺ももう少し湯切りをしっかりしてもらえるといいのに…、
などと、お子ちゃま舌のくせに何かと独りごちながら、結局一滴も残さず完食。

「焦がしニンニクラーメン」なんてのもあったので、
次回はそれにチャレンジしてみよう。

そして日本に帰ったときには東京でトライしてみる。
きっとマーケティング的に変えているであろう味を知ることで、
シンガポールの特性を客観的に感じることができるかもしれない。

ラーメンズ・片桐仁のガンプラ戦士ジンダム
ラーメンズ・片桐仁のガンプラ戦士ジンダム片桐仁

おすすめ平均
starsガンダムを知らない私でも楽しめました!
stars(かなり過剰な)愛ある一冊。
starsラーメンズファンなら
stars突き抜けた面白さ
stars仁バカ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Saturday, June 27, 2009

air mocを知っているか!?

NIKE史上最高の銘品はAIR MOC(エア・モック)だ。
絶対的に美しくかつ画期的なシルエット、頬ずりしたくなる素材感、そして意外なまでの耐久性。
後を追うように発売された2とか3とかではなく、あくまでオリジナルに限る。
それも、初期に発売されたヌバックレザーの質は間違いなくその後のより高い。
テキスタイルやキャンバスなどの変化球でなく、あくまでオリジナルが素晴らしい。
NIKE史上というよりも、全スニーカー史上最高の靴であった。
(これについての異論・反論は受け付けない 笑)


手元に実物がないので、
吉祥寺のスニーカーショップSKITさんのリンクを貼っておく。


95年に発売したエアモックは、
シューレースが無くコッペパンのような愛くるしいスタイルで現れたため、
当初は何かしら奇抜なものに向けられる冷ややかな視線を浴びていたのだけれど、
その後じわじわとそれなりのブームになった。


1stカラーが明るい茶色と黒で、半年くらい後にスモークというこげ茶色が発売された。
コレナガは発売当初から非常に興味深く思っていて、
こげ茶発売のタイミングで満を持して購入した。

翌年の96年に「暑苦しくない」を謳いたかったであろうキャンバス地が3色発売された。
このことによって再びオリジナル(つまりヌバック)に注目が集まることになり、人気が爆発。
99年にはポリエステルっぽい編み目素材のテキスタイルも発売された。
キャンバスもテキスタイルも革じゃないから伸びなくて履くのが大変だったと聞く。


まあ、履き心地はいいわ、どんな格好にも合わせることができるわ、
(ラフな場合に限る。ああ、でも学生時代は毎日汚い格好してたか)
何せ素足で適当に履けるところが最高だった。

その当時スニーカーは数十足持っていたけれど、
毎日1ヶ月くらいは連続で履いてしまっているような時期もあった。
歩くことの多い海外にも大抵の場合はモックで行ったなあ。
もうエアはつぶれてただろうから、ホントにただのサンダルみたいな感じだった。

で、基本的にコレナガは気に入ったものはひたすらに使い続ける習性のため、
10年くらいにわたって結構な頻度ではき続けていたもんで、
結果、右足の親指の上のところがすり切れてきた。
終いには穴が空いてしまった。
靴底でもかかとでもなく、アッパーがすり切れるって基本仕様がどんだけ丈夫なんだ、と。
ただ、99年に買った復刻の黒はイマイチな感じで、あんまり履かなかった。
シンセティックレザーの質感があんまり好きではなかったので。

うーん。
やっぱりオリジナルだな。

というわけで、ダンクの復刻ブームなどを手がけて、
コレナガを含めたスニーカーファンをまんまと踊らせた(笑)NIKEのTさんに、
「モックのオリジナル復刻してください」
ってずっとお願いしているんだけれど、いまだ実現せず。

今出たら多分、5足は余裕で買いだめするんだけどなあ。

というわけでしばらくヤフオクで潜水しときます。


銘品スニーカー図鑑 (エイ文庫)
銘品スニーカー図鑑 (エイ文庫)Lightning編集部

おすすめ平均
stars靴選びの参考にはなったかな?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Friday, June 26, 2009

Podcast。

もうここ最近脂肪がやけに目立つようになってきたので、
ムチャクチャに汗をかきまくりたいのだが、こう暑いと動く気も失せてくる。

午前中、太陽の下で練習を見ていたら猛烈に頭痛がしてきた。
おかげで3時間くらいぼーっとしてしまった。


さて、全然話は変わるのだけれど、運動するときはPodcastが欠かせない。
「自分は運動しているんだ」という意識を逸らすためには、音楽では物足りない。
誰かの話(しかも面白い)を聞きながら運動する。
そうでもしないと早い段階で自分の運動量に満足してしまう。

走りに行くときはもちろん、ビリー隊長の教えを請うときも、
両耳にイヤホンをつけながらそしてニヤニヤしながらひたすらに汗を流すのだ。


そう言えば、Podcast黎明期にはメインビジネスをPodcastに置いている会社が結構あった。
まだあるのだろうか。
おそらく形を変えて存続しているところはあるだろうけど、単体ではゼロに等しいのでは、と。
その根幹にあったビジネスモデルは、おそらく、放送局のそれだったのだろうけれど、
そもそもがWEBから派生しているので、コンテンツは無料が当たり前という意識が多数派で、
ものすごくビジネスにしづらかったはず。
ついでにメディアが分かれているためにダイレクト感がなく、アフィリエイトビジネスも生まれない。
しかもBlogと違いやや難易度が高いし、労力の割に反応が乏しかったりする。
つまり、ハードルが高い。
だから、市民ユーザも受け身になっている方がラク。

せっせせっせと更新する人たちは一般市民ではなく玄人の方々で(そうじゃないと続かん)、
一般市民は聞いているだけ。
これではWEBらしいユーザーの広がりを実現できない。

じゃあどうすれば広がりを出せるのか。
フリーダムではなく何かリズミカルな仕掛けを作ってあげることで、
かえって面白い展開が生まれてくるような気がするのです。


…誰か一緒にやりませんか? 笑

Wednesday, June 24, 2009

Whitehouse twitterでペルシャ語。


以前にも書いた、米国政府の新しい試みであるWhitehouseのTwitterですが、
ついにペルシャ語が登場。











「中東との対話」を戦略として掲げているオバマ政権が、
イランの大統領選挙の不正疑惑に乗じて一気に情勢に入り込もうとしているかのようです。
(テヘランで歩いたことのある場所が新聞に載っていた。暴動で道路が燃えていた…)

そう簡単に嫌米が払拭されるとはとても思えませんが、
市民レベルでも確実にアクセスできるTwitterでのパフォーマンス(敢えて言う)は、
イラン市民に対して少なくとも今までの政権よりも好感度が高められるんじゃないでしょうか。
何かしら仕掛けをしておくと、機会がやってきたときに爆発させられる好例かと。


翻って日本では…、そのまんま総裁…。


もう国内でチマチマやっている政局はどうでもいいから、
20年後、30年後の国際社会における日本の立場を
明快に説明できる人が何人も出てきて欲しいと切に願うのです。
そういう人たちに対してならば票を投じる価値がありますが、
小手先の群集心理を手繰る人々には全く興味が湧きません。


ああ、泥舟ニッポン。
Real Action Heroes そのまんま宮崎
Real Action Heroes そのまんま宮崎
おすすめ平均
starsなかなかの出来
starsちょっと欲しい
stars史上初☆

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Tuesday, June 23, 2009

スルガ銀行さん。

すっかり忘れていたのだけれど、
スルガ銀行さんのHP、I DREAMというコーナーにコレナガのインタビューが掲載されている。

その他バックナンバーなどを観ていただければ分かると思うけれど、
キラ星の如く集まっているメンバー。
サッカー関係者で言うと、福田健二選手や倉敷保雄さん。
それ以外では屋敷豪太さんやGAKU-MCさんもいる(この方々もある意味サッカー関係者だけど)。
そんな豪華メンバーの中、何故だかコレナガ…。

時には大いに慰められたこともある人生の先輩、Tさんのご依頼を受け、
恥ずかしながら登場させていただいた。

こういう場所がないと、どういう場所でどういうことをしているのか伝えることすらできない。
するとやっぱり価値は上がらない。
上がらない=相対的には下がる。
みたいな流れになるわけですね。

実は日本国内ではあんまり知られていない
シンガポールのサッカークラブを告知する絶好のチャンスとなるので、
こういう機会はまだまだ欲しいところです。


皆様からのご依頼お待ちしてます 笑

Monday, June 22, 2009

困っチャイナ。

中国、Google にポルノ対策で Google サジェスト機能停止等を要求
だそうで。

ポルノを盾にした言論統制。
これまでの中国のgoogleへの要求と同様に、芋づる式に全てに対して規制をかけますよ。
相変わらずこの国は鎖国主義ですな。
インターネットの庶民への普及は、
中国が変わることのできる最初で最後のチャンスだと思うのに。

自分たちが全て。
他の国の常識を知らない。
だから、こんなゴミだらけの海になっても何も感じない人たちになったりするんだろな。
(100歩譲って何かを感じてたとしたら、掃除するだろ。普通)

まあでも、数の論理は永遠に強いので、
どうしようもないこの光景が世界の多数派になる日もいつかはやってきてしまうんじゃなかろうか、と。

つまり、そうさせないためにも日本人はもっと子作りに励まなければならないのです。
だからチャイナみたいに「サジェスト機能停止要求」なんてしないでね 笑

Sunday, June 21, 2009

Hi-STANDARDが好き。

コレナガの青春時代のアイドルと言えばハイスタなのである。
(正確に言えば、ブルーハーツ→ハイスタというムチャクチャありがちなパターン)

そもそもガチャガチャした音楽は全く好きではなかったのだけれど、
ハイスタだけは妙にハマってしまった。
今もスキあらば通勤中のバスの中とかでiPod touchで産経新聞読みながら聴いている 笑。
いくらコレナガが一途なオトコだとしても、もう10年以上ハマり続けているわけで。
すんばらしくフィットしてしまっているわけですね。

全曲が圧倒的にポップに迫ってきて、
キッチュな英語も何故だか全体的にはバランスがとれている。
んで、耳から全く離れない。

それでいて彼らは日本だけでなく全米も震撼させたわけで。
むやみやたらにカッコつけない、Tシャツみたいなバンド。

どの曲聴いてもハズレがなく、ひたすらに聴きまくっていた。
いや、ホント、全部の曲がいいんですね。

中でも一番好きなのが、ENDLESS TRIPだ。
(異論反論受付中。自分の中でも日替わりだし 笑)


もうなんていうか、全く何も無かった自分の支えだったよね。
ハングリーでポジティブでシンプルで、ウェット。
聴いてるだけでいい意味で「ま、いいか」っていう気分になる曲たち。

そんなわけで今も、
We'll be changed by this endress trip!
な毎日なのであります。

復活の噂もあるけれど、個人的にはこのままで伝説になり続けていて欲しいとも思うのです。
もちろん、復活して新曲ってな流れになれば感動モノだけど。

↓中でも一番好きなアルバム。

メイキング・ザ・ロード
メイキング・ザ・ロードHi-STANDARD Hi-STANDARD 難波章浩

おすすめ平均
starsえらい完成度だ!
stars滲み出るエネルギー
starsこのアルバムでファンになりました
starsメロコアを極めた一枚
starsいまさらながらこのアルバムのよさを実感

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



【追記】
もうだめだ。絞りきれん。

The Sound of secret mind


Close to me


Brand New Sunset



STOP THE TIME

【注意】RSSフィード変更。

昨日からうんうん唸っていたのだけれど、どうもやっぱりRSSの設定が壊れている。
イジったわけでもないし、大体触ってないし。
FeedBurnerの不具合にやられた。

同様に被害に遭っている方々も多数いらっしゃる模様。
ただ、この被害者の方々も、
「1日で勝手に復旧した。待ちくたびれた」という意見が多く、
コレナガのように1週間近く待たされていた方は見受けられなかった。

この際、と思ってFeedBurnerの「マイブランド」というサービスを使い、
自分のドメインを利用することにした。
そしたら今後FeedBurnerの不具合があっても、
使えなくなるという最悪のパターンが避けられるわけで。
今回のトラブルで、
「今後続けて行くにあたり、同じフィードが使えなくなるのはイヤだなあ」と。

現在も多数の方々に登録していただいているので心苦しいのだけれど、
新しいフィードの登録(再登録)をお願いします。

Saturday, June 20, 2009

ファイナルの匂い。

昨日はリーグカップの決勝があったので、観戦に行ってきた。
決勝のカードはSAFvsDPMM。
我らアルビSが予選リーグで当たった2チームだ。
というか、予選リーグは3チームでの総当たりになっているので、 予選リーグには彼らしかいなかった。
クジ運が悪いのか、はたまた…。


その予選リーグでは我々もいい試合ができていて、
とりわけDPMMは内容的には支配することができていた。
両チームをあと一歩、というところまで追い詰めたのだが、
結果を残すことができず(ここが課題。イヤになるほど課題)。
だからこそ、この決勝戦には 「自分たちが出ていたかも知れない…」と想いをダブらせるために行った。


ダブらせて、その上でどちらが勝っても表彰台の優勝したチームの姿を観て、
「あそこにウチのチームがいたら…」と、強烈に感じ入りたいと思ったのである。
今後への爆発的なモチベーションのためにも。


さて、決勝戦はシンガポールではなかなか観ることの出来ないハイレベルな試合だった。
余計なミスもなく、それぞれの個性をぶつけ合う展開。
SAFは全冠制覇を目論んでいる、ACLでも鹿島と対戦したシンガポールを代表するチーム。
DPMMはブルネイから参加しており、海外チームの初タイトルがかかっている。
互いの勝利への執着心もあり、でもいつものようにラフプレーの応酬もない。
極限までの集中力がそうさせるのだろうか。
とにかく、非常に見応えのある試合。


延長戦を含めて120分戦って1-1。 PK戦でDPMMが優勝を果たした。
これまでもいくつものファイナルを観てきたけれど、
勝者と敗者の絶望的なまでのコントラストはここにも、あった。
ほんの数時間前までは敗者にもカップを掲げる可能性があったのに、
目の前でそれが叶わなくなる。
逆に勝者は、「全て」を手にすることになる。


以前のエントリであった王様の次男も当然のようにスタジアムに来ていて、 試合中はなんとか平静を保っていたものの、PK戦になったら爆発。
立ち上がって何やらを叫び、VIP席の柵ギリギリまで飛び出して
5、6人のお付きたちと肩を組んで、息を切らせながらガッツポーズを繰り返していた。
その両目には溢れんばかりの涙が溜まっていた。



「チャンピオーネ!チャンピオーネ!オーレーオーレーオーレー!」
と歌いながら人工芝のピッチで選手たちが輪になって躍動する。
ブルネイからやってきたのか、あるいはここに住む人たちか、
多くの赤いユニフォームを身にまとったサポーターたちが一緒に歌い、踊る。
遠くからだから見えなかったけれど、多分、泣いている人もいたんじゃないか。


ああ、実にファイナルらしい雰囲気だ。


超絶な熱気からすうっと少しだけ気温が下がったような、生暖かい空気。
祭りの最中でありながら、祭りの終わりも内包する匂い。
「ああ、よかった」と「もっともっと騒ぎたい」という相反する気持ち。


僕は、スタジアムのそこかしこにまとわりつく、
こんな空気を感じるのが好きで好きで仕方ない。



ウチのサポーターの皆さんにも、こんな気持ちを味合わせたい。
思ったとおり、猛烈にモチベーションが上がった。

RSSがおかしいなあ…。

このkorenaga.wsですが、最近どうもFeed BurnerのRSSが不調の模様。

アクセス数見ててあんまりおかしいもんだから気付いたのだけれど、
6月16日のブルネイツアーのエントリ以降、
RSSのフィードがされてないみたい。
このあたり全然触ってないから別に何か原因があるわけでもないだろうし。

もうしばし研究…。

Goal.comはもっと評価されるべき。


南国での隠遁サッカー生活の続いているコレナガですが、
ワールドサッカーへの忠誠を忘れたわけではありません。
というか、ここシンガポールでも世界へつながることを実現してきたいと思っています。

そんな中、情報源となっているGoal.comなのですが、
最近のニュースの充実ぶり(ネット界では「=更新頻度」だと思っている)がハンパじゃない。
毎日50~60本ほどのサッカーニュースが無料で配信されていて、
コレナガがGoogle Readerを開くたびに10本程度のニュースが更新されてます。
もしかしたら随分前から充実していたのかも知れないけど、ちょっと見落としてました。

噂によると以前一緒に働いてくれていたN君がここで活躍していると聞き、
おお、なるほどなあ、と。
是非是非、頑張って欲しいと思うのです。

もちろん、ニュースだけでなくスコア速報企画モノ(これ機能してないけど 笑)もありますし、
もちろん多言語展開ですので速報サイトとしては十分な内容だと思ってます。

Wifiが充実しているシンガポールでは別段の不満無く、
いつでもどこでも情報を確認することができます。
無線が届かない場所ではiPod touchでキャッシュしておけばいいですし。

インターネットの仕組みが立ち上がってから永遠のテーマとなりつつありますが、
「情報サイトがどうやってお金を稼いでいくか」は、本当に難しい。
(巨大サイトを除いて)広告モデルも崩壊しつつあるこの状況では、
次の一手がなかなか踏み出せませんね…。

アイデアがあるにはあるのですが、どうやって実現させよう…。


Webプロフェッショナルのための黄金則 Webマーケティング/広告戦略のセオリー (Web Designing BOOKS)
Webプロフェッショナルのための黄金則 Webマーケティング/広告戦略のセオリー (Web Designing BOOKS)住 太陽 住 太陽 森本 眞吾

おすすめ平均
starsインターネットでコンサルティング起業の必須ノウハウ
starsネットで利益アップ
stars現在、利用できるWebマーケティング手法はすべて網羅されている

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Friday, June 19, 2009

耳鼻科の誘惑。

Twitterではちょっと書いていたのだけれど、
1週間くらい前から左耳が聞こえない。

原因はシャワーで耳をダーっと洗っていたら水が入って、
それが翌日まで取れなかった。
ぶわんぶわんと揺れるたびにイライラしたので、
水を出そうと思って再び耳の中に水を入れたら
(これ、正しいのかどうか分からないけれど、やりませんでした?)
さらに聞こえなくなってしまった。
ならば、と、ティッシュでこよりを作ったり綿棒で突いてみたりと何度も繰り返したのだけれど、
全く解決する気配が見られない。

結局そのままでプレゼンも飲み会も全てこなし、
シンガポールに帰ってきてしまった。
突発性難聴」なんかを調べるたびに、
「もうこのまま一生耳が聞こえないのでは…」と怖くなってしまい、
とりもなおさず耳鼻科に行った。

実はこちらに来て初めての通院(歯医者さん除く)である。
診察券作ってもらって問診を受けて、30分ほど待っていよいよ診察。

耳を見た医師が一言。
「あー。溜まってますねー」と。

10分ほど耳の中を掃除してもらったら、
ウソのようにスッキリと聞こえるようになった。

そしてガーゼの上にはピーナッツほどの巨大な耳垢が。
「耳の穴が小さい方は仕方ないんですよね」
という医師の声が遠く響く…。


そして、支払額を見たら卒倒しそうになった。

Thursday, June 18, 2009

Dawnちゃん。

Dawn Yeohちゃんは以前から仲良くさせてもらっているシンガポール人の女優さんで、
(とは言っても頻繁に会うとか個人的に会うとかではない)
こっちでは結構TVなんかにも出ている人気者だ。

まあ、アタリマエのように可愛いは可愛いのだけれど、
なんと言うか、奥底にひたむきな「根性」がある感じで、
変に媚びたりしないところがひたすらに好印象なのである。

彼女が今年の11月に立ち上がる予定のSingapore Creative Center(JCC)
イメージキャラクターに決定し、
大使のお家で記念パーティーがあるとお誘いいただいたので、
何はともあれ参加させていただくことに。


せっかくの記念の機会なので一緒に写真を撮らせてもらった。
「久しぶり!その髪型いいね!でも太ったね!」
と、相変わらずの媚びないキャラで押し切られた。
ちくしょう。
コレナガはデブなのでカットしてある。

いずれにしても彼女には強いオーラがあるね。
がんばれよー。


なんていうことをPringles食べながら書いている…。
ダイエット宣言者の資格ナシ。

Tuesday, June 16, 2009

ブルネイツアー。

ここで会社のことは書かん、と決めていたけど、
痛飲したにも関わらず朝早く起きてしまったので、何となく告知してみる。


実はSリーグには今季からブルネイのDPMMというチームが参加している。
ご存じかも知れないけれどブルネイという国は、東南アジアの石油産出国である。
天然ガスもある。
つまり、オイルダラー万歳な方々なのである。
ちなみに、wiki

DPMMは王様の次男(確か)が趣味でやっているチームで、
対戦するたびにお会いするのだけれど、
「どうも、こんちは」
と挨拶してしまっても全く問題ないフランクなジャージ姿で現れるので、
実際に「どうも、こんちは」という極めて軽薄な挨拶をしてしまっている。

本当はとてもエライんだろうなあ。

(ちなみに、取り巻きの人々も皆一様にジャージである。)

試合でシンガポールにやってきたときは、
シンガポールサッカー協会があの手この手で接待している。
VIPルームにイスを円状に並べて、
食事もセルフサービスなはずなのに至れり尽くせりで準備されて、
「エライ人」の雰囲気をプンプン匂わせている。

ちなみにコレナガは皆様の予想通り、いつも放っておかれている 笑


さて、あくまで現地のチームとして参加している我々と違い、
彼らははるばるブルネイから参戦している。
(早速、今季は首位争いをしている。)
リーグ戦は3回戦総当たりなので、当然アウェイの試合も含まれる。

というわけでスポンサーの日本通運さんに相談させてもらい、ツアーを作っていただいた。
試合後に選手たちとのファンミーティングみたいなこともあるので、
是非勝って、和気藹々とした会にしたい。
(そうじゃなかったら困る)。


こんなことがないとブルネイという国には行けないので、
実はとっても楽しみにしている。

Sunday, June 14, 2009

実は日本にいるのだけれど。

東京ドームホテルで要人とMTGしていたのだけれど、
KAT-TUNのコンサートが東京ドームであったらしく、
ホテルもいつもと違った客層で溢れていてムチャクチャ混雑で喫茶店にすら入れない。
仕方がないから43階でビール呑みましたよ。

しかしあれ、すごいですな。
水道橋の駅を降りたらいたいけな少女たちが手製のボール紙的なものに
「チケット2枚譲ってください」
と。
「2枚」はやっぱり友達と行くんだろうか。

ジャニーズファンの信仰心(=ムーブメント)というやつは、
日本人以外では生まれづらいのでは、と思う。
そこらあたりはまた今度まとめてみたい。

それから新幹線に乗って移動。
駅の中で「味鯖よくばり寿司(=950円)」とビールで満足。

到着してホテル近くのローソンにシャンプーを買いに行ったらペヤングを目にしてしまい、
どうしても食べたくなったのでホテルにて食することに。
ああ、さよならダイエット。

ついでに買ったアサヒ・ザ・マスターというビールは初めて呑むんだけれど、悪くない。
もうちょっと炭酸の加減がわざとらしくなければいいのにな、と思ったけれど。

さあ明日からが勝負。

Tuesday, June 09, 2009

本日の昼食。


だいたい昼食は近所のホーカー(屋台、と言ってもプレハブではない)で済ませる。
つい今しがたも行ってきた。

スタジアムの近所にあるこのホーカーは結構巨大で、
30~40くらいのお店がひしめき合っている。
  • チキンライス
  • お粥
  • スープ
  • バクテー
  • 麺類
  • フレッシュジュース
などなど、ありとあらゆるモノを食べることができる。

で、いつもの定番となっているのが、「ぶっかけ」と言われているご飯。
たっぷりのご飯の上に、10種類~20種類の総菜からチョイスして、
それによって(肉がいくつ、野菜がいくつ、みたいな)金額が変化するというもの。

本日選んだのは、
  1. 豚肉(ショウガ焼き的な味付け)
  2. 卵(スクランブルエッグ)
  3. 野菜(油で炒めてある)
で、合計S$2.5(約170円)。
一肉二菜(卵は野菜に分類される)。
コレナガ的にこの組み合わせの頻度は高い。
週に2回は食べている。

量も非常に多い。
ご飯茶碗2.5杯分のご飯は乗せられているはず。
だからこれだけで一日を過ごしてしまうこともままある。

ウチのスタッフもよく言っているのだけれど、
「日本に帰ったら、ご飯代が非常に心配です」と。


確かに。

Sunday, June 07, 2009

皆既日食。

7月22日は皆既日食である。
そろそろ日本でも盛り上がり始めているのでは、と察する。
(ドリカムの歌にあったのは…、2012年の金環食だった)。


日本の陸地に限ると、皆既日食が観察できるのは1963年7月21日の北海道東部で見られた皆既日食以来、実に46年ぶりです。
とのことなので、とりあえず少年心に火がついてしまってワクワクする。


「なにせ南国だからシンガポールでも見れるだろう!」
と根拠もなく勝手に思い込んでいたんだけれど、

NASAのここのページ↓



ダメみたい。



でも、さっきの国立天文台によると、どうやらギリギリ見えるかもしれない…
どうせならこういう地球規模のイベントは全力で楽しみたいところです。
はい。



gmailに完全移行。


どうやらしばらくぶりにトロイの木馬に感染してしまった模様で、
愛用していたBecky内にあるgmailのフォルダが全部消失することになった。
いや、ちょっと努力すれば消さずに残すこともできたんだけれど、
gmailならどうせgoogleにバックアップしてもらってあるようなものなので、まあいいか、と。
(やっぱりAVGだとダメなのか、それとも最近スキャンをサボっていたからか…)。

最近Beckyよりもオフラインのgmailの方が使い勝手がいいのでは?
という思いもあったし、
他のドメインのメールが消えてしまうと仕事上も非常に厄介なので、
バックアップも兼ねて過去のメールを全てIMAP経由でgmailにぶち込むことにした。
一企業にそこまで依存してもいいものか、とも思うけれど…。

BeckyのIMAP設定については、ここが分かりやすい。

ちなみに現在は、全てのメールアドレスをgmailへ転送設定してある。
これ、圧倒的に便利。

移行予定のメールは数万件あるので何日かにまたがった作業になることは覚悟の上。
ちなみに仕事は結構忙しい。
やらなければならないことが山積してくると、こういう作業をしたくなってしまう。
試験前日の現実逃避みたいなもの 笑

デフォルトの署名がgmailになってしまうのが問題。
さすがにプライベートとは分けなければならない。
調べてみたらスクリプトを導入しなければならないようなので、
一気に難易度のハードルが上がった。
誰か手取り足取り教えてください。

【追記】
転送できる一日の限度量とかってあるのか?
途中から全く進まなくなった…。
挫折しそうな予感。


超「超」整理法 知的能力を飛躍的に拡大させるセオリー
超「超」整理法 知的能力を飛躍的に拡大させるセオリー野口 悠紀雄

おすすめ平均
starsエッセイ以上専門書未満
stars今の時代の一つの選択としてのデジタルオフィス
starsgoogleを活用してみた超整理法から,知の産業革命まで
starsITがまだ苦手な人向け
stars大学教員のPC使用例として

Amazonで詳しく見る
by G-Tools