Saturday, October 31, 2009

移籍(2)。




タカこと内田宝寿もインドネシアへ移籍することとなった。

流されやすい人間だと重々自認しているので選手との距離はなるべく取ることを心がけているが、
タカは最も距離が近かった選手の一人である。
コレナガからしてみれば、プレイヤーというよりも「戦友」という言葉が最も当てはまる選手だ。

もともと人から注目されることでエネルギーを発揮するタイプ。
毎試合3万人近くスタンドを埋めるSurabayaの目の肥えたサッカーファンを前にどんなプレーをするのか。
プレーが良くても悪くても周囲がサポートしてくれている今とは全く異なった環境。
もう27歳とサッカー選手としては決して若くない年齢。

けれど、もうひとつ大きな階段を上って行くんじゃないかな、と、
「試合で声出し過ぎて全然出ないんすよ」とガラガラとした声で
こないだ帰ってきて夜中に報告してくれたときのギラギラとした目を見て思った。

早速地元紙でいくつもカラー写真で取り上げられていたので、
本人も少々焦っているみたいだけど、慌てないで偉そうに堂々とプレーすればいい。

ああ、インドネシアにサッカー観に行くのが楽しみだ。
とりあえず、地球の歩き方を二人にプレゼントしたついでに自分にも買っておいた。
ちなみに、「歩き方」によると移籍先のSurabayaはインドネシア独立闘争の中心地だったようだ。
今でもエネルギーに満ちあふれている都市らしい。
(健二のBontangに比べると相当な都会だ…)


大きな地図で見る

Tuesday, October 27, 2009

冬のサッカー観戦。

昨年から「一年中30度以上の国で好きなだけサッカーを見る」
という滅多にできない経験をさせてもらっているのだけれど、
どうにもこうにも冬のサッカー観戦が懐かしくなる。
特に、月の数字が増えれば増えるほど。
そして、真夏の試合よりも真冬の試合の方がどうも記憶に残る。


たとえば、カンプノウ。
世界最高のエンターテイメントを、見る。
20分前に着席。
タバコの煙を鼻先に感じながら、徐々に黒々としていくスタンドを嬉々として眺める。
選手紹介で簡単に喉の調整を行った後、イムノを高らかに謡い上げる。
「なぜ日本人なのに?」と問われれば、確かに我がミーハーさに顔を赤く染める。
だが、これは儀式だ。
教会でそこにいながら賛美歌を歌わない輩は何とも滑稽に見えるだろう。

たとえば、市原臨海。
高校生たちの熱い魂を、見る。
市原臨海のトラックにペタリと座り、スパイクが芝を削る音の聞こえる距離で身を固める。
日が差そうが差さなかろうが、どちらにしても極寒だ。
寒さで動かなくなった人差し指を何とか動かしながらシャッターを切る。
さらにそのアカギレだらけの指でペンを握り、高校生たちのハートを書き留める。
涙を流しながら賭けた熱い想いを聞いていると、固まった関節がほろりほろりとほどけていく。
若者の美しさ、極まれり。

たとえば、国立。
新鮮な人々を、見る。
「一年の計は元旦にあり」ということで神宮前から歩いて国立へ。
途中の屋台で焼き芋など頬張りながら、国立へ向かう人々の晴れがましい顔を眺める。
サッカーを見に来たつもりだったが、行き交う人々の新鮮な表情を求めてきた自分に気づく。
そのうちに試合結果などどうでもよくなって、
互いのチームの素晴らしいパスや鋭いシュートにのけぞれるだけのけぞる。
そしてホイッスルが鳴った後、元旦の気温を思い出しながら、何となくニヤリとする。


組み込まれているDNA。
やっぱり、寒さがあるから、熱さを感じるのだ。


週刊サッカーマガジン増刊 高校サッカー県予選展望号 2009年 11/10号 [雑誌]
週刊サッカーマガジン増刊 高校サッカー県予選展望号 2009年 11/10号 [雑誌]

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

移籍。



今季から在籍していた足立原健二がインドネシアに挑戦することになった。
優秀なストライカーでもあるし、何よりサッカーに対して真摯に取り組んでいた彼とシーズン最後まで一緒に戦うことができないのは残念だけれど、「シンガポール経由でアジアへ」というクラブのひとつの目的を体現してくれることにはとっても感謝したい。
今となっては彼の幸せを信じて祈るしかないが、でもどこかやっぱり寂しい。
披露宴でやけ酒かっくらう父親的な心境だ。

東南アジアを取り巻く環境は著しく変化している。
とりわけ、インドネシアリーグのレギュレーションがひとつの導火線となっている。
今年のこの出来事が大きなうねりとなって日本を巻き込んでいくことは想像に難くない。
このあたりについては、いずれどこかで書かせていただこうと思っている。


大きな地図で見る

嫁ぎ先のBontangという町は東カリマンタン島の小さな港町。
「ホントに何にもないですよ…」と笑う。
騒々しいのを嫌う健二にはいいんじゃないか、とも思うけれど、ちょっと不安でもある。
でも早速、その町に二人だけいる日本人をクラブに紹介してもらったそうで、何よりである。

もちろん、何よりもプレーで応えなければならないけれど、
色んなところで色んな人と出会って今後の人生の糧としてもらいたい。
そしてその経験を、これからの日本を支える子供たちに、いつか伝えてもらいたい。

甘えるような選手じゃないから敢えて書くけれど、
例え点を取れなくても、結果を残すことができなくても、
彼のこれからの長い人生においてこの移籍は大成功なのだと思う。
彼の人生のゴールは、インドネシアでプレーすることではないのだから。

Saturday, October 24, 2009

ラーメン。

ここシンガポールには無数の日系ラーメン店がある。
ざっと数えただけでも10数店舗。
それぞれがチェーン化しているので、合計30~40店くらいになるだろうか。
シンガポール自体が淡路島と同じくらいのサイズなので、
ラーメン屋密度は結構高いのではないだろうか。

数日前に頼まれたので行きがかり上、ラーメン店ブランディングの企画書を作っている。
全く畑違いなのはよーく分かっているのだけれど、これが非常に刺激的。
以前から飲食のブランディングは関わってみたかったところなので、
何というか、面白くて仕方ない。
違った角度からこの国を見ることもできて、
かつ、クラブにメリットがあるとなれば一石三鳥くらいになるんじゃないだろか。

ちょっと難しいのがインパクトのある企画書を作る際、言葉が非常に重要となる。
どうやって相手に響かせる言葉を単語レベルで選んでいくか。
これまでの経験上、最も大切な部分。
(データとかロジックとかそのあたりはクリアしておくのは当然)

で、今回は英語で作っているので、「相手に響かせる言葉」がちょっとややこしい。
たとえば、「バックボーン」という日本語をそのまま「Backbone」と訳すのはちょっと違う。
何か響かなそう。
だからたとえば前後含めてかなりの意訳を交えてPersuadeとかにしてみたり、
とにかく普段使いとはちょっと違う使い方で「?」とひっかかりを作ることで、
いちいち言葉に注目してもらって、その真意を探らせる。
何も考えることなく読み進んでしまったら記憶に残らないし、意見も出てこないから。
英語のできないヤツと思われるのと紙一重だけど 笑

というわけで、今日はオリジナルメニューのテストのため、
自宅でラーメンを作ることに決めました。


たちまち繁盛店!1日300人が行列する人気ラーメン店のつくり方 (DO BOOKS)
たちまち繁盛店!1日300人が行列する人気ラーメン店のつくり方 (DO BOOKS)
同文舘出版 2008-06
売り上げランキング : 82746

おすすめ平均 star
star読み物として読んでも面白い!
star船井流にありがちな本
star初めての実践的なラーメンビジネス書です

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Wednesday, October 14, 2009

全選手との面談。

昨日の朝から始まった全スタッフ・全選手との面談が先ほど終わった。
もちろん、来季に向けた契約交渉の前段でもある。

今季のパフォーマンスが予期していないものだった選手、
充実した時間が過ごせた選手、
ここでやり残したことがあると思う選手、
考えることが多かったと話す選手。
さまざまな想いを直接聞くことができた。
どの選手も来た当初と比べて明らかに表情が変わった。
一言で言えば、劇的にオトナになった。

そして、ある選手から素晴らしい言葉を聞くことができて、本当に嬉しく思った。

「将来は指導者になりたいです。サッカーを教えたいというよりも、サッカーを通じて色んなことを伝えられるような指導者になりたいです。サッカーは全てを伝えることができます。ホント、スゴイですよね…」

20歳の若者が淀みなく、目を真っ直ぐに見てこう言ったのだ。
思わず涙が出そうになった。
別に指導者になってもらいたいわけでもないし、目を真っ直ぐに見てくれたことが嬉しかったわけでもない。

「サッカーを通じて色んなことを伝えたい」という言葉に心が震えた。

コレナガ自身がずっと言い続けてきたことでもあるし、彼本人が見つけたのかもしれないけれど、
いずれにしても、これこそがウチのクラブの目的だ、と思っている。

特に、少子化から始まる負のスパイラルはどうしたって今後の日本を取り巻いていく。
必然的に日本は今まで以上に「海外」に巻き込まれて行かなくてはならなくなる。
だから我々はそれに適応できる子供を育てなくてはならない。
世界をリードするような意識を持った子供たちが育って欲しい。

だから、海外に出た(ここで言えばプレーした)日本人が日本に帰ったとき、
子供たちに向かって、
「海外でサッカーをプレーして、こんな素晴らしいことがあった。大変なことがあった。でも、最高に楽しかった」
と、子供たちの意識のハードルを下げる話ができることがどんなに素晴らしいことか、と。
そう思うわけです。

また、サッカーの指導者であれば、毎年たくさんの子供たちに接することができる。
たとえば、今年100人、来年100人。
毎年100人で、10年で1,000人。
ウチのクラブからある年に20人くらいそういう人間が出てくれば、
10年で20,000人の子供たちに影響を与えることができる。
それが毎年20人くらい出てきたら…。
天文学的な影響力。
そう、思うのです。

もちろん、全員に指導者になってもらいたいわけでもなく、
ただ、この素晴らしく特別な経験を、子供たちに伝えてもらいたい。

Saturday, October 10, 2009

無念。

2ndレグも圧倒的優位に立ちながら、
90分は1-0で勝ったものの、延長、PK戦の末、敗れた。
残念だけれどPKでは仕方がない。
選手たちはよく戦ったけれど、90分で終わらせなければならなかった試合だった。
また来年、一つハードルが上がった舞台に挑戦するのみだ。


これまで欧州でチャンピオンズから5部リーグまで200試合くらい色んなサッカーを見てきたけれど、
一つだけ共通していることがある。

良い舞台は必ず、良い試合を作る。

だから、フロントスタッフとしては良い舞台を作らなくてはならない。
そういう意味で、昨日のスタジアムは反省すべきだと思っていた。
(もともと観戦環境が最悪と知っていたスタジアムだけれど)アウェイとはいえ、
応援してくれているお客さんは一生懸命本当に心をこめて応援してくれていた。
全力で声を枯らしながら我らがチームを応援してくれていた。
けれど、残念ながらその数は多かったとは言えない。

だから、選手たちを決勝に進ませるだけの後押しを完璧にはできなかった。
そう、思っている。

もしかしたら、クラブがアウェイのチケット代を負担してでも
お客さんを集めなければならなかったのかもしれない。
ホームだったら簡単に入場料無料にできるし(まさにJ昇格のときに新潟本体がやったように)、
実際に1stレグはそうした。
で、0-1で敗戦したもののそうやって舞台を作った結果、押しまくる試合ができた。
まあ、2ndレグも押しまくれたので実際はどうなのか分からないけれど、
とにかく、フロントには舞台を作る責任があると思っている。

そういう意味ではたくさんの人々が入れ替わり立ち替わりやってくるこの国では、
不断の努力をしながら理解を得ていかなければならない。
スタッフの数が少ないとか何やとか、言ってるウチにもっと動かなければならん。

「日本の未来を作る」。
そう決めたからには邁進するのみ。

Friday, October 09, 2009

いや、本日こそが大事な試合。

本日はSingapore Cup準決勝2ndレグ。
TVでも中継するけれど、日本の皆さんはSリーグ公式サイトでリアルタイムスコア速報があるので、
19:30(日本時間20:30)からPCの前に張り付いていて欲しい。

当事者なので当たり前のことだけれど、
部外者として見るチャンピオンズの準決勝2ndレグなんかより遙かに重要なのである。

勝ち上がった準々決勝と同じように、1stレグを0-1と落としたビハインドのスタート。
この前とは違って押しまくっての敗戦だったので、
何かこう、「普通にやれば勝てるはず」というムードで覆われすぎている感じが怖くもあるのだけど、
とりあえず試合前からノックアウトラウンド独特の雰囲気に飲まれているよりは遙かにマシである。

ウチの選手たちは若い。
だから、こういった修羅場みたいなものをくぐり抜けることで色んなものを吸収するんだと思う。
選手たちにとっては能力を証明するいいチャンスだ。
いろいろ些末な問題はあるけれど、結局のところ「勝つ」ことでしか自分たちを表現できないから。

準決勝からCup戦に全く新規のスポンサーさんがついていただいた。
もちろん、いつも大きな声援をくれているサポーターの皆さん、
芝生のピッチを手に汗握りながらじっと見つめてくれている子供たち。
決勝進出という結果で、是非、恩返ししたい。

そしてコレナガは、
あと数時間経つとピッチの中の選手たちを応援することしかできない。

頑張れ。
むちゃくちゃ頑張れ。

Thursday, October 08, 2009

ラージョ。

いやそれにしても早く観てみたい。
ジダンの息子の話。

スポナビさんでも「ジダン長男に高い潜在力=仏・スペインで争奪戦も」と大々的に報じられ、
 サッカーの世界的スターだった元フランス代表主将ジネディーヌ・ジダン氏(37)の長男でスペイン1部リーグ、レアル・マドリードのジュニアチームに所属するMFエンツォ・ジダン(14)が、高い潜在能力で注目を集め始めた。仏・スペイン二重国籍のため、将来どちらの代表入りを選ぶかと、双方をやきもきさせている。
 ファンが目を見張ったのは今年3月、レアルとバルセロナのジュニア同士の対戦でエンツォが見せた父親譲りの巧みなドリブルやパス。走り方まで父にそっくりで、スペイン紙マルカは「ジダンの絶大な才能を受け継いだことは間違いない」と太鼓判を押した。

Yahoo!ニュースにも写真付きで「ジダンの長男に高い潜在能力」と。
たぶん写真左側の彼だと思うのだけれど、
顔つきやボールを持った姿勢はジダンと言うよりカカに似てやしませんか。

で、「お!」と驚いた。
同じ写真内に「蜂のマーク」でおなじみのラージョ・バジェカノのユニフォームがあったからだ。
久しぶりに見た。

テレサ・リベロでラージョの試合を見たのは、もう4、5年前の話。
リーガ・エスパニョーラの2部(あれ?3部だったかも)の試合。
確か片方のゴール裏が座席のない壁になっているんだっけか。
試合内容もスコアも全然覚えてないけれど、
のんびりしながらもスタンドの一部では熱狂的に盛り上がっていたのを覚えている。

一時期は一部にいたにもかかわらず、相変わらず手作り感満載の公式WEBだし、
っていうか、こないだのベティス戦の映像を見たら、
いつの間にかトップチームは「蜂のマーク」じゃなくなってるし…(いつからだ?)。

あの「蜂のマーク」は確か乳製品会社じゃなかったかな?
はちみつと見せかけて違ったような…
昔このネタで原稿1本書いたことがあるんだけど、すっかり忘れてしまった。

とにかく、蜂のマークのないラージョなんて、似非リーベルだと痛切に思う。


世界のサッカーエンブレムFIL (エイムック 1783)
世界のサッカーエンブレムFIL (エイムック 1783)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Wednesday, October 07, 2009

Pringlesデザイン変わった?

昨日、気分転換に久しぶりにスーパーマーケットに行った。
よく考えたら1ヶ月ぶりくらい。
バタバタしていたとはいえ、家の目の前にあるのになあ。

そこで見つけてしまったのだけれど、ベーシックなPringlesのデザインが変わったみたい。
日本のはどうか分からないけれど、なんだかかわいらしいデザインになっていた。
ついでに新味もいくつか出ていたみたいなので買ってみた。




左から
  • Soft-shell crab
  • Seaweed
  • Grilled shrimp
オリジナルとかサワークリーム&オニオンとかもこのデザインになってました。



開けたところ。
SeaweedとGrilled shrimpの色が少々毒々しい…。
生地に味を練り込んでいる感じ。
どうでもいいけれど、各味で圧倒的に量が違うみたいなんだが。




出してみたところ。
信号機を作ってみた。


で、肝心のそれぞれの味なんだけれど、

Soft-shell crab
カニ独特の風味はあるものの、寝ぼけた感じに仕上がっている。
もうちょっとパンチが効いていた方が好みだなあ。

Seaweed
びっくりするくらい、海苔。
某社製の「のり塩」かと思うくらいの海苔風味がプンプン漂っている。
Pringlesにとっての新しい価値観。

Grilled shrimp
こちらもえびせんを食べているみたいな風味がある。
でも残念ながらあんまりインパクトはない。


で、PringlesのWebサイトは国別に分かれているのだが
どの国のにもこのデザインが載っていない。
まさか、海賊版じゃないよなあ…。


成人病の真実 (文春文庫)
成人病の真実 (文春文庫)
おすすめ平均
stars完璧な健康はありえない。現代人に必要なのは「諦観」...というか分をわきまえる心
stars成人病検診と薬の有効性に疑問を呈した本
stars私にこの本を手渡してくださったのは
stars無意味な治療よ、さらば
starsこの本に出会えて良かった

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Sunday, October 04, 2009

再び、鳥肌涙鼻水全壊。

明日はSingapore Cup準決勝1stレグ。
今季、ウチの最高の舞台。

0-1のビハインドで迎えた準々決勝2ndレグ。
「2009年最高の感動をお見せします」
と試合前にメルマガで予告して、実際にロスタイム弾、PK戦での勝利。
鳥肌涙鼻水全壊の瞬間でした。

選手たちは自分たちの存在意義を自分たちで確認するために、全力で戦い抜いた。
明日もきっと、この間と同じ感動を味わうことができるとワクワクしている。
そのために、実質入場無料にしたし、サプライズも作ってある。
応援の体制は現時点でできることはやった。
あとはお客さんを感動させてほしい。
それだけ。

で、本国新潟が鹿島にアウェイで勝つという見事な結果。
あやかって後押しされたい。
で、このマルシオのゴールは今季J最高の美しさだと思う。