Tuesday, November 24, 2009

不況時のクラブ経営

最近やけに各メディアからサッカークラブの経営難云々が聞こえてくる。

昨季のオフにはリーマンショックの影響がまだ見えなかったのかもしれない。
しかし現在、経済不況の大きさが表面化してきたことによって、
シャレにならないようなことが続々と起こってしまっている。
現在、人ごとでは全くないけれど、どのクラブ経営陣の判断も困難を極めていると思う。
(しかもクラブ経営陣は、日本経済の二番底も覚悟して運営を進めなければならない…)

クラブの経営は非常に難しい。
なぜなら、二つの相反することを同じベクトルに乗せなければならないという矛盾があるからだ。
  • 経営を安定させる(お金を使わない)
  • 成績を向上させる(お金を使う)

最近特に話題の某クラブの問題はもしかしたらすごくシンプルで、
上記の二つが一方へ極端に振れてしまっただけなのだと思う。
大きな問題を「だけ」などと言うと失礼甚だしいのだが、
サッカークラブの経営は、その実シンプルすぎるほどシンプルなのだと思う。
受難の時代だ。
チーム運営だけではない多彩なビジネスを展開していくことが求められると感じている。

その多彩なビジネス展開を含め、上記の二つが同じベクトルに完璧にハマったとき、
90年代後半から現在までのマンチェスターユナイテッドやバルセロナといった
現在のビッグクラブの急激な成長曲線になるのだと思う。

彼らに共通しているのは、何はともあれ「人を集める」ということに注力したということだ。
(マドリーはちょっと違う)
「人」こそが多彩なビジネスを生む。
ことサッカークラブにおいては、ビジネスあっての「人」ではない。
そして「人を集める」ためには「誇り」が必要だ。

もちろん、「誇り」を作り上げるために最も求められるのは試合結果だろう。
ただし、全体から見たその割合は各クラブによって異なる。
力を入れるべきは試合内容なのか活動内容なのか、はたまた。
様々な可能性があると思う。

そんなことを少しずつ見極めつつ、
不況とは仲良く付き合って行かなければならないなあ、と。


トップスポーツビジネスの最前線―「勝利」「マ-ケット」「普及」のトリプルミッション (講談社BIZ)
トップスポーツビジネスの最前線―「勝利」「マ-ケット」「普及」のトリプルミッション (講談社BIZ)平田 竹男

おすすめ平均
stars2006年度受講生へ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Sunday, November 22, 2009

Pringles Restaurant Cravers

プリングルズを愛していることはこれまでも散々書いてきたことなので割愛するが、
本日、またしても新味を近所のスーパーで見つけてしまったので、購入。
その名も、「Onion Blossom」。

プリングルズの中でも「Restaurant Ctavers」というカテゴリに属するらしく、
スーパーには他にも2種類あったのだが、
「プリングルズでは”オニオン”味と”チーズ”味にハズレはない!」
というこれまでの経験則の下、この味を躊躇なく選んだ。
(これ、間違いないと思われる)

どうやらOnion Blossomという料理があるらしく、
丸ごと一個のタマネギを油で揚げるという単純な料理なのだが、
独特のマヨネーズ系のソースが美味いらしい。

で、このプリングルズもタマネギベースの風味がありながら、
どことなく酸味の効いたソースが混じった絶妙な味。
これ、美味しいわ。



ただ、他のプリングルズに比べても少々油が多いというかサクサクしすぎているというか。
だから今、生セロリとビールと一緒に楽しんでいる。


いいことずくめの玉ねぎレシピ―中性脂肪、血圧、血糖値、ぜんぶにいい! (角川SSCムック 毎日が発見ブックス)
いいことずくめの玉ねぎレシピ―中性脂肪、血圧、血糖値、ぜんぶにいい! (角川SSCムック 毎日が発見ブックス)
おすすめ平均
stars目からウロコの玉ねぎレシピです!!
stars健康本じゃないよ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Sunday, November 15, 2009

シンガポールvsタイ

昨日行われたアジア杯予選、シンガポールvsタイ。
今さらながら一日遅れのレビュー。
(誰が読むんだ?)

何せ、ユーロの1960年よりも4年早い1956年から始まっている大会である。
のわりには日本国内の注目度は低いような気がするのだけれど、
世界で2番目に歴史のあるアジア杯にはもっと注目すべきである。
(ちなみに、最も歴史の古いコパ・アメリカは1916年スタート)

さて、今回シンガポール代表が出場を狙っているのは2011年のアジア杯予選。
各グループ2位までが本大会に出場できるという条件で、
昨日の試合前までは、シンガポールのいるグループEは
  1. イラン(1勝1分)
  2. シンガポール(1勝1敗)
  3. タイ(2分)
  4. ヨルダン(1分1敗)
と、こんな感じ。

シンガポールが予選突破すれば1984年以来27年ぶりの出場となるわけで
サッカー協会も各メディアに必死にアピールした。
結果、ざっと見た感じ約20,000人くらい入っていて、この国の代表戦としては上々。
タイの応援団の数と迫力にも驚いたが、
それにつられるようにしてシンガポールの応援団もヒートアップ。

実は数日前に、
「シンガポールの応援はレベルが低い。日本からサポーターを連れてきてレッスンをしてくれないか」
みたいな申し出を協会関係者からもらったのだが、
スタジアムの様子を見て「タイの応援団を見習えばいいじゃん」と思ってしまった。
応援スタイルの文化は勝手にニョキニョキ生えてくるモノだと思う。

試合開始前には大統領が近くに座っていてビックリした。
(きわめて普通の方で、アナウンスがなければ分からなかった)
主審が高山さんだったり、ブライアン・ロブソン(この日が初采配)だったりで、
シンガポール代表以外にも見所が多かった。

そんなこんなで久しぶりの国際試合の雰囲気に浸っていると
あっという間に時間が過ぎてキックオフ。

シンガポールのサッカーはきわめて明快で、
1m92cmの長身を誇るDuricの頭をターゲットにするということのみ。
しかも、クロスを上げる役割の両サイドハーフも、
タイの選手をドリブルで崩すには至らないレベルだし(Ridhuanはいい選手だけど)、
組織で崩すということもない(おそらく、リスクを避けるという意味合いもあったのかもしれない)。
したがって全てがアーリークロス。

そこそこのボールが入ればあとはDuricが何とかしてしまうので、余計にこの攻撃しかない。
タイのセンターバックはそんなに大きくなかったし。
相手と比較したときのストロングポイントがそこしかない。

対するタイは非常に頑張るチーム。
雨上がりでスリッピーなピッチだったけれど、ライン際までしつこくボールを追い回す。
技術もシンガポールより高く、カウンターの場面でのオーバーラップもスバラシイ。
先制のPKはまさに、タイの頑張りから生まれた。

後半に入ってようやく前へ前へと攻める意識を見せるシンガポールだけれども、
タイの落ち着いたカウンター(変な言葉だけどまさにこんな感じ)から2失点。
お慰みのPK(何かエリア内でもファウルでもなかったように見えた)で1点を返すモノの、
結局1-3で敗戦。

結果、シンガポールはグループ3位に転落。
グループ突破は非常に厳しい情勢となってしまいました。
18日のアウェイのタイ戦で勝てばまた話が変わってくるんだろうけど…。

Monday, November 09, 2009

PK戦。

土曜日のこと。
Singapore Cup3位決定戦。
押し気味に試合を進めながらも、1-1の引き分け。
またしてもPK戦で敗れてしまって、4位。

選手たちはよく戦ってくれたと思う。
移籍や出場停止や負傷でベストメンバーが組めない中、
強い気持ちを持って最後まで諦めずに戦ってくれた。
残り1分での同点ゴールには涙がチョチョ切れそうだった。

普段スタジアムにいらっしゃらない方々も多数見かけたし、
そういう意味でも諦めずに同点弾をたたき込んだことは今後の糧となる。
結果負けたとしても記憶に残ってくれれば、またスタジアムに足を運んでいただけるはず。

ただ、当たり前だけれど、3位と4位はえらい違いである。
とりわけ、スタジアムにいらっしゃらなかった皆さんにとっては。
「ああ、いつものことか」
「まあまあ頑張ったんじゃない」なんてことになってしまう。

今年はちょっと違ったんですけどね…、などと言っても、結果は結果。
当たり前だけど、見なければ内容は誰にも評価してもらえない。
(そもそも不運だけでなくいくつかの幸運があって、あの場にいられたわけだ)

その翌日の日曜日、我々が準決勝でPKで敗れたGeylang Unitedが優勝したという。
1-0というスコアで。
「優勝できたなあ」なんて言葉はサッカーには禁物だけれど、
敗れた試合にしても終始ウチが支配していただけに、何ともはや、悔しい。
ちょっと幸運がこっち側に転がっていれば…。

選手やスタッフたちの日頃の頑張りも知っていたし、
真面目ないいチームだっただけに、何とかタイトルを獲らせてあげたかった。
何より、時間を割いてスタジアムに来ていただいている皆さんへの最高のプレゼントが、
「勝利」であり「タイトル」であるということは知っている。

そうは言っても、何かが足りなかったから敗れたわけで、
この順位で終わっているわけで。
心形刀流・松浦静山の言葉で楽天イーグルス野村前監督がよく使っていた
「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」
という言葉は核心を突いているなあ、と肌身に感じている。
来年また、やり直しです。


皆さんのご声援・ご支援で今季も無事に終えることができました。
本当にありがとうございました。

Thursday, November 05, 2009

インドネシア2軍疑惑。


昨日、シンガポール代表vsインドネシア代表を観に、ナショナルスタジアムに行ってきた。
もちろん、「12 KORENAGA」とプリントされたシンガポール代表のシャツを誇らしげに纏って。
こないだのリバプールの試合にいたシンガポール人たちはどこへ?
というようなお寒いスタンド(いや、暑いのだが)。

コレナガが最初にシンガポール代表を生で観たのはちょうど2年前。
場所は同じくナショナルスタジアム。
当時からメンバーは若干入れ替わったモノの、
現在39歳のDuricや小柄だけどキレのいいIndra(控えだったけど)を中心としたメンバーは
2年前と比較してもある程度固定されている印象だった。
(先頃インドネシアのクラブに移籍したAlam Shahは確か暴力行為で出場停止だったような…)

オーソドックスな4-4-2はそのままに、
イングランドのように両サイドをワイドに使いつつ、
ストロングポイント(すなわち2m近い大男のDuric)をしっかりと利用したスタイルは変わらず、
ただ、判断の速さが格段に上がり、技術的なミスは大幅に減少していて、我が事のように嬉しい。
マイナーチェンジを繰り返しながら正常進化を遂げているなあ、と。
とりわけキックの精度は向上し、サイドからのクロスはなかなかのもの。
FIFAランキング119位のチームとは思えない。

対するインドネシアの代表は、どうも2軍みたいなチーム(しかもこちらはFIFAランキング129位)。
背番号一桁の選手が3人しかいないし、20番台以降で登録の半分くらいを占め、
43番、47番なんていう選手もいる。
サッカー自体も何の見所のない行き当たりばったりの攻撃で、
もうこれは2軍だろう、明らかに2軍だろう、と思ってしまったのだけれど、
シンガポール協会関係者曰く、「代表だからトップが来るのは当たり前」という、
答えになっているんだかなっていないんだかよく分からない回答をいただいた。

Harrisという19歳のシンガポール人ボランチがいるんだが、
彼のスゴイのはSリーグのルールを変えさせた、ということ。
それまでは18歳以上しか出場できなかったのに、
あんまりにもプレーがスゴイので、Sリーグは「16歳でリーグに出場できる」というルールに変更した。
身体能力に優れたボランチで、体も大きく、技術も確か。
ウチとの試合でも相当イヤな選手だ。

で、Nikeが数年前に「色んな国の若い選手たちにチャンスをあげよう」、
みたいな企画を行って、Harrisがカンテラの練習に参加したらしい。
それを見ていた某FCBの関係者曰く、「非常にいい選手。サッカーを知っている選手」とのこと。
要はサッカー偏差値が高いのだ。
将来は日本のチームに行く可能性もあるんじゃなかろうか、というか、
もろもろ考えると最も東南アジアで日本行きの可能性が高いのは彼だ、
と、いち東南アジアサッカーファンのコレナガは思うのです(ファンじゃダメだろ…)。



試合はセットプレー3発でシンガポールの勝ち。
失った一点は集中力が途切れたもので、崩された失点ではない。
結果だけ見れば、シンガポールの圧勝なのだけれど、
得意な形(Duricの頭&囮)をどこまでも追求しているなあ、と。
それはそれでスバラシイのだが、Duricももう39歳。
「まだやれる」と言い続けて今まで選手を続けているのだが、そろそろだよなあ…。

まあ、いずれにしても「インドネシア2軍疑惑」は、晴れない。