Friday, April 16, 2010

リスクを取らない人たち。

昨日の北京国安との試合では選手たちが戦う姿勢を全面に出し、
飛弾暁のスーパーゴールもあって見事に勝利した。
(いやホント、素晴らしいミドルシュートだった)



その試合にSean Carrollさんという英国人のジャーナリストが取材に来ていた。
彼は現在日本に1年ほど住んでいてJリーグや代表の取材も結構な頻度で行っている方のようだ。
(AFCの公式HPの仕事もしている。)
ヤジマさんから紹介があってこの出会いが実現したのだが、久々に熱いトークを繰り広げた。
とりわけ彼の取材対象としての日本サッカーへの愛情は強く、
途中からどちらが取材されているのか分からなくなるほど熱を込めて語ってくれた。
試合前でちょっと忙しかったのだけれど、ウチのオフィスまで来てくれて1時間30分くらい。
その後試合開始に間に合わなそうになってしまったのでタクシーに一緒に乗り込み、45分くらい。

最初誰もが不思議に思うこのクラブの意義だとかを話していたのだけれど、
そのうちにJリーグや日本代表の抱える問題点だとか、どうすれば改善するんだろうね、とか、
日本という国の抱える問題点とか。

主に日本サッカーについて彼の言っていたことを要約すると、
  • 素晴らしい技術と可能性(人口とか社会のレベルとかを含めて)を持っている
  • しかし、日本代表は強くない
  • 日本はサッカーを難しく考えているんじゃないだろうか
  • サッカーは点を取るか取られるかのスポーツ。そのためにピッチで戦うだけ
  • パスばかりつないで怖くない
  • アグレッシブさと激しさがない
などなど。
耳が痛いというか、全く同感。

さらに、いくつか面白いエピソードを教えてくれた。
サッカー経験者でもある彼は以前、日本の子どもを指導したことがあるらしい。
都合でちょっと席を外さなくてはならなくなって、
「こんな練習を自分たちのイメージを作りながらやってみて」と伝えた。
彼としては子どもたちだから自由な発想で、
帰ってきたら遊んでるくらいのことを予想していたのだが、
全員が全員、その場を離れる直前に伝えた通りのトレーニングを黙々とやっていたそうだ。
「軍隊みたいだね」とコレナガが言うと、我が意を得たりといった表情で強く頷いていた。

こんな話も聞いた。
某クラブの試合を観たときに近くにいたクラブの広報に直接、某日本代表選手に取材を申し込んだそうだ。
その広報担当者は「取材申請はFAXじゃなければ受け付けられない」と返事をした。
彼は生まれてこの方FAXを使ったことがなく勝手が分からない。
そこで「メールで申請できないか?」と尋ねたところ――。

もうここまで書けば、多くの日本人の皆さまは結果が分かると思うのだが、広報担当者の答えは「No」。
申請用紙を画像でスキャンしてそれを添付して送れば何らFAXと変わらないと思うし、
コストもゼロで済むというのに、である。

また「あれだけ社会的に成熟した国なのにどうして英語を話せる人がほとんどいないんだろう?」と首をかしげていた。
「日本人は完璧を求めすぎなんじゃないか?僕が誰かに英語を話せる?と聞くと、大体は話すことができません、と答える。けれど、直後にその人に電話したら、僕の質問に対してYesとかNoとか話してくれるわけです。これって話しているってことでしょ?」と。
彼は「コレナガさんの英語はとても上手」と言ってくれるけど、そんなこと一度も思ったことない。
自慢じゃないがかなりブロークン。けれど彼との会話はほとんど問題無く通じる。

いわゆる「ジャパグリッシュ」については以前にも書いたのだけれど、
世界で英語を完璧に話せる人なんて数%なのだから、
ジャパグリッシュはただの「方言」として捉えて積極的に使っていくべき。
後ろめたく思うことなど何一つないし、
相手も日本人だと分かっているのだから、ちょっと間違っても何とも思わない。
(稀にいやらしい外国人がいないこともないけど、そんなもん一握りだ)

彼の話を聞いていてやっぱり思ったのが「日本人はリスクを取らない人たち」ということ。
人と違うことをやる、人と違う発言をする、批評をする、
日本を除く海外では大方においてその個性は認められるにもかかわらず、
悲しいかな日本では村八分の対象になる。
英語の話にしても「話せる」と言いながちょっと言葉に詰まったりとか、単語を忘れたりとか、
そういう母国語でなければ当たり前のことを「失態」と思ってしまうのだろう。
日本人の美徳とされている謙虚さや奥ゆかしさといったものは、
こと外国人相手には勘違いを生む無駄な振る舞いにしかならない。

そんなこんなで彼との間でも、残念ながらやっぱり日本の教育が悪い、というオチになった。
(「子ども手当」とか一時しのぎにもならんアホな政策やってるヒマがあったら、
後につながる教育改革をしないとホントにマズイ…)


これらSeanさんとの会話の例を挙げるまでもなく、
海外との人間関係ではガラパゴス化が間違いなく進んでいる。
「少子化→内需減少→海外との接点増加」
という流れの中でこのガラパゴス傾向では、まず間違いなく日本が取り込まれていってしまう。
このままでは、危ない。


で、冒頭に戻るのだけれど、
そういう意味で昨日のウチの試合は素晴らしかった。
何度もリスクを背負ってチャレンジする姿勢を見ることができたから。
ドリブルでの1対1を恐れずにトライし、遠くからでもシュートを積極的に放つ。
(実際に「ちょっと無理かなあ」と思った距離から放ったその1本が、素晴らしいゴールになったわけで)
交代出場の選手も躊躇することなく前に向かい、泥だらけになって前進する。
また、決してその行為自体は褒められたものではないが、
ピッチからベンチに向かって「どうすんだよ!」と叫んでみたり(笑)。
(ちなみに監督は「分かります。試合中、選手は興奮しますから」と理解を示していた)
あの試合でのああいう姿勢がレベルがどうあれ日本サッカーに足りないものだし、
日本人に足りないものだと思う。

だから、嬉しかったなあ。

英語がペラペラになりました 読めばナットク、おしゃべり英語コミックエッセイ
英語がペラペラになりました 読めばナットク、おしゃべり英語コミックエッセイ
メディアファクトリー 2010-02-17
売り上げランキング : 2104

おすすめ平均 star
star笑えてためになる!
star英会話も「気持ち」のキャッチボール

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

3 comments:

  1. 是永くん、大変ご無沙汰してます。
    いつも試合結果やブログで是永節をとても楽しみに拝見してます。

    今回は、どんぴしゃであり、本当に切に思っていたことを具現化のごとく書き綴ってるのを読んで、居ても立ってもいられず書き込みました。

    母語教育の欠陥とまずやるという感覚の欠けるこの国から是永くんのことを応援しこの現状を変えて行きます。

    答えはひとつでないからこそ面白い突進力あるサッカー楽しみにしています。

    ReplyDelete
  2. ご無沙汰です。
    サッカーはシンプルなスポーツですので難しく考えずに。
    けれど、相手がいるスポーツでもあるので、簡単ではないし答えはない。

    やっぱり難しい… 笑

    ReplyDelete
  3. ほんとにステキな言葉『サッカーはシンプルなスポーツですので難しく考えずに。』そのものです!

    今年中に一度見学含めて遊びに行かせて下さい!!!

    あっ、ワールドカップ後にね。

    ReplyDelete