Monday, May 31, 2010

盛り上がってきた!

前を向いて少ないパスで時間をかけない攻撃。
シンプルに、ソリッドに。
たとえ1.5軍とはいえ、世界の一流国を慌てさせることもできることがよく分かった。
それがイングランド戦での収穫だ。

韓国戦後、長谷部が中心となって選手だけが集まった緊急MTG。
闘莉王が「オレたちは下手くそなんだから、もっと泥臭くやらないと
とひたすら繰り返したという。
その結果、あのような試合を見せてくれた。
前回のエントリでも書いたけど、サッカーは相手があるもの。
現在の日本代表の位置は、やりたいことをやってそのまま勝利できるようなレベルにはない。

アジア予選では無双かもしれないけれど、
W杯本番ではそれこそアジア予選で対戦相手がやっていた、
少ないチャンスを生かすサッカーへと転換しなくてはならない。

そしてイングランド戦では90分を通してその戦い方の転換、揺るぎない気持ちをプレーから感じた。
こんな代表久しぶりだなー、と。
たかだか親善試合だし前回のW杯直前のドイツ戦と同じ、みたいな声もあるだろうけど、
それでも誇りに思える日本代表が帰ってきたことは素直に飛び上がるほど嬉しい。

繰り返すけど、まだ本番ではない。
まあでも、本番じゃなくて良かった。
先制しておいてオウンゴール2発で沈むみたいな本番だったら、しばらく立ち直れない。

本田は右サイドというよりも中央の方がいい。
守備に忙殺されるのとゴールまでの距離が遠いと持ち味を発揮できない。
ほぼ空気となっていた前半から後半に入って中央よりにポジションを移したことで、
決定的なパス、シュートが頻発するようになった。
組織的な守備はあんまり得意じゃないだけに、
あんまり余計な負担のない1トップ下くらいがいいと思われ。
「違い」を出せる選手はゴール近くに。
これ、やっぱり基本だと思うのです。

ただ一点だけ気になった。
選手交代まで本番想定で最後までやり切 るのであれば、
ロスタイムの横パス回し中に試合が終わるのとか猛省していただきたい。


視聴率も後半は23%だったそうで。
こりゃ、いよいよ盛り上がってきた!

No comments:

Post a Comment