Sunday, June 20, 2010

素晴らしきかな「オカナチオ」。

むしろ、賞賛されるべきスコアである。
優勝候補にも挙げられるオランダに対し、ほとんど決定機らしい決定機を作らせなかった。
実際にオランダのシュート数は9。
デンマーク戦では18本のシュートを放っていたあのオランダが、である。
ちなみに日本はオランダを上回る10本のシュートを放っている!

スナイデルにこぼれダマを拾われたあの失点も事故のようなものであり、
GKやDFを責めるには少々証拠が足りない。
苦しい時間帯は続いたが、90分を通して勝敗にこだわったリアルなサッカーを展開していた。
結果のみが問われる本大会では100点の回答だ。
敗戦を最小得点差としたことで、最終戦引き分けでもグループ突破となった。
「勝たなければならない」という状況よりもハードルは著しく下がる。

今さらなのだが岡田監督のスタイルは、
徹底したスカウティングにより「相手の良いところを消す」ということだ。
やりたい攻撃をほとんどさせない。
基本的に「オカナチオ」なのである。
少なくともこの本大会の2試合においては間違いなくそうだ。
攻撃の起点を潰し、危険なゾーンでのプレッシャーを絶え間なくかけ続ける。
(Jリーグでの戦い方も現在のそれと非常に似通っていたと感じる)
けれども前述のようにシュート数では相手を上回った。

これで、良いのである。
アジア予選と本大会の戦い方が変わることは、現在の日本のレベルでは必然だ。
「日本のスタイルを!」とスローガンを掲げてみたところで、
それが日本のスタイルなのか誰が判断するのか分からないし、
例え1勝1敗であれ、強豪国相手に本気の試合で結果を残しているという意味では、
現在の日本のスタイルは「これ」なのかもしれない。

願わくば、であるが、デンマーク戦でも明らかになっていたオランダの弱点をもっと利用したかった。
オランダの2枚のボランチは左からデ・ヨング、ファン・ボメルと並ぶ。
もともと守備的なデ・ヨングが左サイドに比較的落ち着いているのに対し、
ファン・ボメルはゲームのコントロールを任されているのか中央にポジションを移す傾向にある。
右サイドのカイトはそもそもFWの選手なので守備の意識が薄い。
となると、右サイドバックのファン・デル・ヴィールの前のスペースが空く傾向がある。
つまり、ポジションのかぶる遠藤があと5~7mポジションを高める時間帯を増やせば、
あのギャップをもっと利用できたかもしれない。
実際に大久保が少々絞り気味にあのスペースを使ったときは日本の攻撃が活性化した。
ただ、お互いに1勝しているという意味で、
リスクを取って攻撃的なポジショニングを取ることは現実的には厳しい。

日本代表にとって最もイヤだったのは、フンテラールとファン・ペルシの2トップで臨まれることだった。
そもそもファン・ペルシは1トップの選手ではない。
1.5列目から飛び出して神出鬼没にゴールを襲うのが彼のスタイルである。
アーセナルでアデバヨールとのコンビが冴え渡っていたように、
長身ポストプレイヤーと組むことこそが彼にとっての真骨頂である。

ファン・ペルシに代ってフンテラールが入ってきたタイミング。
この日の日本代表が中盤をほぼ捨てていることからも、
デ・ヨングあるいはファン・ボメルに代ってフンテラールの方が驚異だった。
あるいはスタメンの段階でそんな展開になっていたら、もっと点差をつけられていた可能性もある。
そういう意味でオランダがその策を採らなかったのはラッキーであり、
逆に言えば彼らもリスクを恐れていたということだ。

そして、岡田監督の交代に涙が出そうになった。
後半32分、長谷部と大久保に代えて玉田と岡崎をピッチに入れた。
FW2人を投入することにより、「攻めるぞ!」というベンチからのメッセージを伝えた。
実際に機能したかどうかは別として、あれだけ強いメッセージがあるだろうか。
あのまま守りに入ったらかなり危険な状況だったが、選手たちはあれで息を吹き返した感がある。
これまで、あれほど思い切ってカードを切った(日本代表の)岡田監督はいなかった。
それだけ、この試合でグループ突破を確実にしたいという想いと勝算があったのかもしれない。


いよいよ、デンマーク戦がムチャクチャ楽しみになってきた。
知将岡田監督がどんなサッカーを見せてくれるのか。
選手たちがどれほどの「気持ち」を見せてくれるのか。
深夜2:30(シンガポール時間)からのキックオフとなるが、
日本列島はそりゃ大騒ぎになるだろうし、なってもらわなきゃ困る。
小さな島国シンガポールからも、「史上最大の声援」を遠く南アフリカの地へと届けたい。


※本日、左手は折れてません。デンマーク戦でのお楽しみです。


紀州和歌浦名産 濱辰 オランダ巻蒲鉾3本セット
紀州和歌浦名産 濱辰 オランダ巻蒲鉾3本セット

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2 comments:

  1. その通り。最小失点差での敗戦だったからこそ「最終戦引き分けでも勝ち抜け」という状況を作ることができた。川島が2度の1対1を防いだからこそだ。

    デンマークが2点差でオランダに負けた時点でこのシナリオを描いていたので、俺的には昨日のスコアは上出来。

    ところが、引き分けOKという大きなアドバンテージをあまり重要視していない解説者が多くいたりして。曰く「引き分けを狙っても引き分けることは難しい」のだそうだ。

    引き分けを狙って引き分けることができないチームが、勝ちを狙ったら勝てる、というのは一体どういう道理なのだろう。

    アドバンテージがあるならそれを生かす戦い方を望みたい。

    ReplyDelete
  2. スポーツバーで観戦してました。
    なんでか、スナイデルのユニフォーム着た女の子がいて、オイオイなんて思いつつ。ファン・ペルシーもいたけど・・・。
    長友の地元なんもんで、彼が持つたび大盛り上がり。PKかと勘違いしたシーンでは、ニッポンコールの大合唱!
    素人目に見てもいい試合でした。玉田は消えてた感じがしますが、あの交替も、明確なメッセージで、ブラジル戦の小野投入とは対極にあったかと思います。
    デンマーク戦での、目標も明確になりましたし、イタリアも1位抜けしなさそうですし、風が吹いてる気がしている今日このごろです。
    コラム拝読。次回も楽しみにしています!!
    キャラ濃いめで(笑)

    ReplyDelete