Wednesday, February 17, 2010

ガツガツチャレンジ。

昨日、どうしようもない負け方をしてしまった。
1-3の敗戦。
シンガポールに来てから5本の指に入る悪い試合。
試合への入り方、集中力、打開力。
そのどれもがお見せできるものではなかった。
ご来場いただいた皆さんに申し訳ない気持ちでいっぱいだ。

じゃあ内容で押されまくったのかと言えば、相変わらずそんなこともない。
ボールをキープして上手い具合に展開してDFラインのウラへ抜け出して…、
と、アプローチ自体は悪くないし、むしろ五分以上の試合内容。
例年と比較しても高いレベルであることは間違いない。
でも、1-3で敗戦してしまう。

サッカーというスポーツは「相手より多く点を取ったチームが勝つ」スポーツ。
それ以上でもそれ以下でもない。
つまり「目的」は点を取ることにあって、逆に言えばそこにしかない。
そのための「手段」がパス回しであって、ドリブルであって、守備の構築なわけで。

そもそも足でボールを扱うなんていう不確実なことをやるわけだから、
考えて組み立てた通りに全部行くわけがない。
例えば、バルセロナやマンUといったトップ中のトップチームには、
まるで手で扱うかのようにボールをコントロールできる選手がいる。
でも、そんなことができるのはほんの一握りの選手だけ。
プロセスを考えることは非常に重要だけれど、
それにとらわれるとサッカーの持つ不確実性に自ら苦しめられる。

だから世界中の95%以上(コレナガが見てきた感覚)のチームは、
「人数をかけてしっかり守って少ないチャンスをきっちり決める」
というシステムを何よりも優先している。
不確実なことを追求しまくるよりは確実に守備を固めて失点を防ぐ方が効率が良いからだ。
その上で余裕があれば、
「人数をかけずにどうやって守るか」みたいな応用編へと進む。

これまで見てきた欧州のサッカーだって、
2部や3部になれば目を覆わんばかりの雑なプレーが数多くあった。
でも、「しっかり守る」ということは徹底している。
その上、お互いのゴール前での集中力というか執着心は、すさまじいものがある。
何故なら、サッカーはそういう能力が必要とされるスポーツだからだ。

翻って日本のサッカー。
別にウチがその縮図であるとは言わないが、日本代表にも似た傾向はある。
パスは回せる。
ドリブルでも持ち込める。
しかし、サッカーでの本当の意味での「勝負」ができない。
大事なところで「ガツガツチャレンジ」ができない。
それこそ10年以上も前から感じていたことだけれど、
こっちに来てからそれをより明確に感じるようになった。

日本サッカーの深層心理に染みついてしまっている勘違いがそもそもの原因なんだと思う。
例えば、高校サッカー。
大雑把に言えば、国見はダメで野洲は最高という風習が何となく存在していると思うのだが、
それはどうかな、と思う。
サッカーに正解はないわけで、というか、勝ったらそれが大正解なわけで。
(勝つためにドリブルを多用するという戦術は、その発想であれば正解に近づくための方程式だからアリ)

だからこそ、ウチの選手たちにとっては大きなチャンスなんだ。
取り巻くモノ全てがアウェイ(サポーターを除く)という環境のここでは、
日本では経験できない徹底的なリアリズムを求められる。
パス回しが上手くても、トラップが上手くても、負ければ何も残らない。
それはポジティブに捉えれば国際舞台で絶対に必要な価値観を体感しているということで、
ひいては日本代表にも必要とされること。

もし、今後も日本代表が「勝負」できないチームであり組織であり続けるのだとしたら、
ここにいる選手たちは日本代表に必要なパーツになり得る、と真剣に思う。

だから、ビビることなくもっともっと「ガツガツチャレンジ」をしてくれ。
全選手にチャンスは、ある。


テクニックはあるが、サッカーが下手な日本人 日本はどうして世界で勝てないのか?
テクニックはあるが、サッカーが下手な日本人 日本はどうして世界で勝てないのか?
おすすめ平均
stars良書
starsスペインのサッカー環境が知れる
stars結局全てがそうなんだと
starsサッカーコーチング論にとどまらない秀作
stars息子の練習メニューを見学中「こっちのメニューにかえて」と言いたくなりますよ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Thursday, February 11, 2010

第2節 Geylang戦動画。


オフィシャルHPで公開されている動画なのでここに貼り付けても問題無いと思うので、貼る。
(皆さんもどうぞ使ってください。)
「全試合アウェイ」とTwitterでつぶやいたのだけれど、その理由がここに。
ちょっと上の動画のGeylangの得点シーンをご覧頂きたい。

スカウティング用動画なので遠距離ではっきりとはご覧いただけないのだが、
相手FKをGKがセーブした後で副審がゴールの判定。
相手選手を含めてスタジアム中が「?」の空気に包まれているのをご確認いただけると思う。

まあ、ルール上は副審がゴールを認めてもいいのだが、
通例ではそれが明確であった場合、のはず。
ましてやこの状況では副審はオフサイドラインを見ているので、
ゴールライン上からボールがラインを割ったかどうか見れた訳ではない。
そして、それを採用した主審も主審。
万が一入っていたとしても、ああいう微妙な判定に関しては、
主審が副審に確認をしてから決断しなくてはならないはず。
入っていようが入っていまいが、お粗末なことは間違いない。

前半はハーフコートマッチのようだった。
一方的に押し込んで決定機もたくさん作った。
手こずる相手だと踏んでいただけに、先制点のタイミングでは余計にスカッとした。
ただ、いくら気持ちの良いサッカーを見せても結果は、引き分け。
この日試合をご覧になれなかった皆さんには「ああ、いつも通りだな」となってしまう。
そして、客足が鈍る。
完勝の内容だっただけに納得がいかない選手たちもクサってしまう。
我々にとっては死活問題。
だからもちろん、フロントとして最大限の努力をして戦わなくてはならない。

また、ちょうど1ヶ月前くらいに提案済みなのだけれど、
これを機に日本のレフェリーをこちらに招待するという企画をさらに進めたい。
講習会を持ってもらったり、実際に笛を吹いてもらったり。
提案直後、JFAはすぐにレスポンスをくれた。
FAS(シンガポールサッカー協会)は、「いいアイデアだ。ちょっと調整したい」と言って1ヶ月が経った。
シンガポールは世界基準でも先鋭的な国であることは間違いない。
ただ、新規企画や事務作業においてはモタつくこともままある。
それでも他のアジア諸国よりはよっぽどマシだとは思うけれど。


話を戻して。
シンガポールで最も権威があると思われるThe Straits Timesのこの試合の記事タイトルは、
「Geylang escape controversial equaliser」である。
推して知るべし。


↓もしも松崎さんがあのシーンを観ていたら、何と言うんだろう。

サッカーを100倍楽しむための審判入門
サッカーを100倍楽しむための審判入門
おすすめ平均
stars審判の目線が加わると
starsサッカーの審判をやってみたくなる本だ
starsサッカーの楽しみ方がまた一つ増えた!
stars『あっ!なるほど』益々審判の奥深さとサッカーのおもしろさがわかるお勧めの1冊!
stars3つ目のチーム(審判団)を知る

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Sunday, February 07, 2010

バルセロナ行きたい。

もうON/OFF合わせて30回くらい行ったバルセロナですが、
少し時間が経つとどうしても行きたくなる不思議な場所なんだなあ。

サッカーあるし、ご飯美味しいし、酒も美味いし、気候はいいし。
周りの皆が全部を楽しんでる感じ。
歩いているだけでエネルギーをもらえるんですね。
とにかく、モンジュイックでボーッとしたい。

昨年の秋に行ったのですが、もうそろそろ恋しくなってきた。
シンガポールの気候は毎日が夏だからなおさらそう思うのかも知れない。
シチリアにもリスボンにも久しぶりに行きたいけれど、
やっぱり心の故郷はバルセロナなんだな。

毎日がバルセロナ―暮らしてみた普段着の街 (旅の絵本)
毎日がバルセロナ―暮らしてみた普段着の街 (旅の絵本)
おすすめ平均
stars注意!これを読むと外国で暮らしたくなります。
starsイラスト満載のバルセロナ生活記
stars旅行を考えている方にも一読をオススメします

Amazonで詳しく見る
by G-Tools