Tuesday, March 30, 2010

クラブがメディアになることで。

主に欧州の話をものすごく短くまとめる。

90年代以前のサッカークラブのメディアはその他スポーツと同じように、
新聞、TV、ラジオと言った旧メディア(あくまでも二つに分けるならば、です)に頼っていた。
メディアはクラブにとっては大きな告知媒体であり、
メディアたちにとってクラブは自分たちのメインコンテンツとなっていった。
甘ーい関係。

ところが、UCLの成功から始まった放映権の高騰によって、
クラブのコンテンツ力がいちメディアで扱える大きさを遥かに超えてしまった。
同時に、
「こんなに美味しいコンテンツをクラブ自身が使わない理由がないじゃないか!」
というわけで現在はBarcaTVやMUTVのように
ビッグクラブのインターネットチャンネルから派生したTV番組が中堅以上のクラブに徐々に浸透している。
これによってクラブは情報の操作ができるようになったし、収益も望める。
自然な流れかと。

コレナガがこっちに来てから、ウチのクラブも規模はどうあれ、
「クラブがメディアになる」
ということを意識してやってきた。
まだまだ不足しているところも多数あるんだけれど、
そろそろ丸二年間でたくさんのエラーを得た。
このエラー部分を拾いながら次へつなげる。

でも、「この形」はまだまだβ版だと思っている。
「この形」というのはちょっと概念的なので説明が難しいのだけれど。
ちょっと来年あたり大きな仕掛けを考えているんだけれど、
まだ「この形」はクラブのお仕事の範疇だ。
これを超えるとさらに面白い展開になっていくというイメージはある。

そのときはじめて「クラブがメディアになる」んじゃないだろうか。


今の段階では言えないことが多すぎるので、よく分からんpostになってしまった。

Thursday, March 25, 2010

放り込み、カッコワルイ。

ワールドカップ前だから、という理由なのだろうか、
サッカー関連の書籍が多数発刊されている。
単純にこの事実だけであれば風物詩的な理解でいいのだろう。
しかし、今年は発刊される書籍の内容がこれまでとやや違っている気がする。
未読の書籍も多いので何とも断言し難いのだが、
タイトルから判断するにどうもネガティブな内容が多いなあ、と。

1998年から数えて4回目の出場となる南アフリカワールドカップ。
これまでの3大会で歓喜(2002年は快挙に位置するはず)と
苦渋(言うまでもなく1998年と2006年)を味わった。
そういう意味では観戦者の目がこなれてきたのかもしれない。
だから、サッカーファンたちが今大会に臨むに当たり、
日本代表の現状を見て「心の準備」をしているのか、
あるいはその需要を編集者たちが感じ取っているのか。
いずれにしても楽観的な内容の本が見当たらない。


ざっと並べてみる。


「ジャパン」はなぜ負けるのか─経済学が解明するサッカーの不条理
「ジャパン」はなぜ負けるのか─経済学が解明するサッカーの不条理森田浩之

おすすめ平均
stars「決定力不足」の国に現れた決定的な書物

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


世界が指摘する岡田ジャパンの決定的戦術ミス〜イタリア人監督5人が日本代表の7試合を徹底分析〜 (COSMO BOOKS)
世界が指摘する岡田ジャパンの決定的戦術ミス〜イタリア人監督5人が日本代表の7試合を徹底分析〜 (COSMO BOOKS)
おすすめ平均
starsもやもやがすっきりした
stars試みとしては、面白い
stars日本サッカー界へのすばらしいプレゼント
stars著者に感謝,とても解りやすくためになる!
stars反論された本も求む!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


トルシエの眼力 岡田ジャパン「W杯4強」へのイバラ道
トルシエの眼力 岡田ジャパン「W杯4強」へのイバラ道

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


日本サッカーが世界で勝てない本当の理由 (マイコミ新書)
日本サッカーが世界で勝てない本当の理由 (マイコミ新書)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


いやまあ、確かに日本代表の内容が良いとは思わないけれど、
まだ始まってないのにそんなシニカルにサッカーを見ることないのになあ、と思う。
コレナガは日本人として日本代表を絶賛大応援します。はい。
何と言ってもW杯はお祭りなわけだし、サッカー界の未来のためにもここで勝つことは重要。


で、勝つために。
ここで何度も書いていることだが、サッカーは点を取るか取られるかのスポーツ。
ボールキープ率で勝敗が決まるわけではない。
もしルールがそうだったら日本人の技術であれば結構簡単にベスト4に入れると思う。

この間、ウチのクラブマネージャーと日本サッカーについて話をした。
彼はルーマニア人でSリーグで10年くらい前までプレーしていて、
得点王になりかけた(本人は得点王だと言い張っているけど 笑)元FW。
「後ろでパスを回してれば10回中10回パスはつながる。で、今日はミスしなかった、って喜ぶのはフットボールじゃない。10回トライするパスを出したら、3回しかチャンスを作れないかもしれない。7回はカウンターを喰らうかもしれない。けど、そうしないと点を取れないから勝てない。日本人はミスを怖がっている」
と鋭いところを突かれ、圧倒的に同意した。

キーワードは選手個々人のタテへの「推進力」なのだと常々思っている。
欧州トップで活躍できる選手たちにはまず間違いなく「推進力」が備わっている。
中田英寿の相手に体を預けながらの強引なまでの突破とスルーパスとミドルシュート。
今もなお、日本最高の「推進力」を持った選手だったと思う。
オーガナイザーとして表現されることの多い長谷部誠だけれど、
機を見たタテへのドリブル突破はチームに素晴らしい影響をもたらしている。
モスクワで貪欲なまでにゴールを狙う本田圭佑。
彼もまた、現在の日本代表において圧倒的なタテへの「推進力」を持っていることに疑いの余地はない。

横パスを回しながら「ゴールから逆算して」なんていうことを考えていたら、
現代サッカー、いや過去においても、相手の陣形が整ってしまう。
大事なのは「早くゴール前にボールを運ぶ」ということだ。
相手ゴール近くにボールがあれば、それだけゴールのチャンスが増えるということだから。
前述した3人はそんなことができる選手だ(った)。

バルサのパス回しは確かに美しいのだけれど、彼らのサッカーは彼らだからできるものでもある。
あれほどの技術を持たない通常のチームであれば、パスの本数だけリスクが増える。
ミスはどうしたって出るものだから。
そして、そのバルサにしてみたって、早くゴール前に運ぶということは強く意識している。

欧州トップリーグの半数以下、そして2部リーグ以下のチームは、
基本的にロングボール中心のサッカーをする。
そして、1対1のタマ際の争いが勝負の分かれ目となる。
日本人の目には退屈に映るかもしれないけれど、
例えばイングランド人は激しいボール奪取のシーンに大興奮する。
その他の国にしても大差はない。
極論してしまえばそれが世界のサッカーのスタンダード。
試合に勝つことが重要なのだ。

もしかしたら「放り込み、カッコワルイ」、
なんて言ってるのは、日本人だけなんじゃないだろうか。


あ、ポジティブな内容にするつもりだったのだけれど…。

Sunday, March 14, 2010

日本で待つ本(2010年3月)。

17日に1日だけ日本に帰ります。
最近帰っていなかったので随分読みたい本が溜まっていた。
ので、普段よりもさらに浦島太郎的ラインナップとなってしまっている。
サッカー系に大きく偏っているのは、上手くいっていないと感じているからなのかなあ。


フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略
フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略小林弘人

日本放送出版協会 2009-11-21
売り上げランキング : 8

おすすめ平均 star
starネット時代の音楽産業の未来を読み解く。
star「フリー」の応用範囲はちょっと不自由じゃない?
starこんなにページ数は要らないのでは? (^^;;

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

いきなり浦島太郎全開の本(まだけっこう売れてるんですね)。
もう今さら感が漂ってますが、まだ読んだこと無いんだもん。
海外暮らしはこういうデメリットがあるなあ、と。
あ、高島屋には置いてある(&取り寄せ可能)はずですけど。


オシムの伝言
オシムの伝言
みすず書房 2009-12-23
売り上げランキング : 1553

おすすめ平均 star
starサッカーファン以外にもお勧め
star稀代の名将 その素顔が垣間見れる気がする
star短い期間だったけど

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

あれは確かイエメンでの出来事。
記者会見で千田さんがオシムさんの通訳していて、いきなり泣いてしまったことがあった。
記者は騒然としていたけれど、あのときはギリギリの想いのような伝わるものがあった。
オシムさんの監督時代は練習含めてほとんど代表を取材してたから、
思い出すこともたくさんあるんだろうな。


黄金世代―99年ワールドユース準優勝と日本サッカーの10年
黄金世代―99年ワールドユース準優勝と日本サッカーの10年
スキージャーナル 2009-09
売り上げランキング : 67745

おすすめ平均 star
star読みやすいし、買って損は無い。
star黄金世代を知る人にはぜひ読んで欲しい1冊
starぜひオススメです!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


元川さんとはご無沙汰になってしまった。
シンガポールに来てくれたのはもう2年くらい前のことでしたか。
確かシチリア島で一緒に取材をしていたとき、
サッカーの仕事に対して、
「どうせやるんだったら行くトコまで行かなきゃならないのよ」
と、元川さんが言っていたのを強烈に覚えている。
仰るとおり。


フットボールの犬―欧羅巴1999‐2009
フットボールの犬―欧羅巴1999‐2009
東邦出版 2009-11
売り上げランキング : 19634

おすすめ平均 star
star著者の「写真家・ノンフィクションライター」としての真摯な姿勢がギッシリ
starぼくたちはどれだけ世界のサッカーのことを知っていのか、と静かに問いかけてくる本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

宇都宮さんにもご無沙汰してしまっている。
いつかコレナガのインタビューをしていただいたのだが、諸般の都合でお蔵入りとせざるを得なかった。
ご迷惑をおかけしました…。
結構長い時間一緒になったサンフランシスコでの代表取材がとても面白かった。
ミズノスポーツライター賞おめでとうございます。


カラー図解 筋肉のしくみ・はたらき事典
カラー図解 筋肉のしくみ・はたらき事典
西東社 2009-08
売り上げランキング : 2167

おすすめ平均 star
star筋トレ、医療関係者、学生の必需品。
star複雑な筋肉図が分かりやすいものに
starきれいで、分かりやすいです。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

筋肉です。
何となく理解しているものの、細かい知識量が圧倒的に不足しています。
スポーツクラブのトップとして、この辺の知識は必須だろう、と。


J2白書―51節の熱き戦い
J2白書―51節の熱き戦い
東邦出版 2010-01-23
売り上げランキング : 3424

おすすめ平均 star
starJ2チームを応援する方ならぜひ
star小話がいっぱい
starディープすぎて他にはない情報が満載

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


J2にこそ本当の意味でのサッカー文化があると思う。
年末に某J's goal編集長と話をしていて強く感じたものです。
そのとき一緒にいた若きサッカー編集者中林さんの情熱丸出しの本、と聞いて。
これは絶対面白いはず。


犬飼基昭の未来適応経営と見果てぬ壮大な夢
犬飼基昭の未来適応経営と見果てぬ壮大な夢
ぴあ 2010-03-05
売り上げランキング : 161794


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Jリーグの某さんから「買ってみてください」という趣旨のメールがきました。
内容は分からないけれど、現在の日本サッカーのトップのビジョンを
はっきり知っておいて損はないだろう、と。


常勝ファミリー・鹿島の流儀
常勝ファミリー・鹿島の流儀
出版芸術社 2009-03
売り上げランキング : 16535

おすすめ平均 star
starインタビュー
star鹿島ファン限定
star鹿島アントラーズ強化部長「鈴木満」の仕事ぶり・考え方

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

昨年シンガポールにACLの取材で来てくれたゲルさん。
また呑みたいですね。
鹿島には以前からお世話になっていることもあり、その中身は興味深いです。
ちなみに、ゲルさんはイケメンです。


サッカースカウティングレポート 超一流の分析
サッカースカウティングレポート 超一流の分析
カンゼン 2010-02-01
売り上げランキング : 494

おすすめ平均 star
starサッカーへの理解を深める一冊
star霧が晴れたよう
star観戦がより楽しくなる一冊!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

サッカーはには答えがないと思っているので、基本的に戦術本を読んでいると飽きてしまう。
しかしこれは小野さんが出された本ですので、そんじゃそこらのものとは違うと思っています。


ゴールは偶然の産物ではない~FCバルセロナ流世界最強マネジメント~
ゴールは偶然の産物ではない~FCバルセロナ流世界最強マネジメント~グリーン裕美

アチーブメントシュッパン 2009-12-01
売り上げランキング : 1159

おすすめ平均 star
star6冠は偶然の産物ではない
star経営することを学ぶ本
star大好物

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これも今さら感が強い…。
数年前まではバルサを日本でいかに広めるか、
がライフワーク(というか普通に仕事か…)だったので、
ある程度理解しているところはあると思います。
クラブ経営の部分がどこまで書いてあるかが楽しみですね。


たった一人で組織を動かす 新・プラットフォーム思考
たった一人で組織を動かす 新・プラットフォーム思考
朝日新聞出版 2009-12-18
売り上げランキング : 629

おすすめ平均 star
star古くて新しい考え方
star1人で1億円ではなく10人で100億円のビジネスをつくる発想
starだめでしょ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


こういう時代ですから業務拡張しようとすると、
一人一人にかかるエネルギーは当たり前のように増えます。
もっと効率的に動かなければなりませんよね。
そして、レベルが後退した人間には未来が厳しい世の中です。


極私的サッカー見聞録
極私的サッカー見聞録
東邦出版 2010-03-01
売り上げランキング : 19577

おすすめ平均 star
starへぇ〜、こんな人生送れたら楽しいだろうなぁ・・・、えっ?事実!?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


広瀬さんにも大変ご無沙汰してしまっています。
是非、勉強させていただきたく…。


【発売が間に合わなかったためあるいは在庫が無かったため次回…】

アンチ・ドロップアウト~簡単に死なない男たちの物語
アンチ・ドロップアウト~簡単に死なない男たちの物語
集英社 2010-03-25
売り上げランキング : 122891


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


スペイン人はなぜ小さいのにサッカーが強いのか ワールドカップで日本が勝つためのヒント (ソフトバンク新書 127)
スペイン人はなぜ小さいのにサッカーが強いのか ワールドカップで日本が勝つためのヒント (ソフトバンク新書 127)
ソフトバンククリエイティブ 2010-03-18
売り上げランキング : 1317


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


スペイン代表「美しく勝つ」サッカーのすべて---“無敵艦隊”の強さを徹底分析!
スペイン代表「美しく勝つ」サッカーのすべて---“無敵艦隊”の強さを徹底分析!
河出書房新社 2010-03-17
売り上げランキング : 2154


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


サッカーを100倍楽しむための審判入門
サッカーを100倍楽しむための審判入門
講談社 2009-12-22
売り上げランキング : 6560

おすすめ平均 star
star志のある中高生は必読です!!
star審判の目線が加わると
starサッカーの審判をやってみたくなる本だ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools