Sunday, September 26, 2010

タイサッカー、大躍進の図。

モロモロの仕事の話をしにバンコクへ来ている。


ここのところ急激な盛り上がりを見せている東南アジアサッカーだが、その急先鋒は紛れもなくタイである。
2009年、代表監督にブライアン・ロブソンを招聘したあたりから、
「この勢い、ちょっとスゴくないか?」という気はしていたのだが、
現在も億単位のスポンサーが各チームで次々と決まっていくというバブリーな状況。
Jリーグだって真似できないような現象が起こっているのである。
ちなみに観客数もこの数年で数十倍~数百倍になった。
つまり以前は百人単位の観客だったのが数万規模になっているチームもあるくらいだ。

道中ずっと同行してもらっていたタイ人のビジネスパートナー(予定)に「これって長続きするんですかねえ?」
と意地悪な質問をしてみると、
「いや、続きますよ。企業も先を急ぐように複数年契約のスポンサーになってますし、この国のお金持ちは本当に大金持ちだから多分大丈夫です」とのこと。
じゃあ何で急に変わったんだろう?という素朴な質問には、
「内容ですよ。内容でファンを喜ばせたらたくさんのお客さんがスタジアムに来るようになりました。あとはTVできちんと放送するようになったからですかね。週2回ですね」。
お客がたくさん集まるようになって新聞を始めとした紙メディアもたくさん記事を掲載するようになって、さらにファンが増えて…、という好循環。
まるでJリーグ創生期の出来事のようだ。


さて、昨日は久々に宇都宮さん、そしてDS1221さんと初めてお会いさせていただき、
東風と小森の両選手が所属しているタイ陸軍のアウェイの試合を一緒に観に行った。
TOTというチームとのアウェイ戦だったのだが、着いたスタジアムはタイプレミアで盟主の座を確固たるモノにしつつあるMuang Thong Unitedのホーム、YAMAHA Stadium。
スタジアムの貸し借りがたまにあるらしい。
ちなみにMuang Thong Unitedは財前選手が在籍することで日本でもお馴染みでもある。
どうやら2年前くらいから急にお金が入ってきたので、
今年の頭にスタジアムを改装するクラブが多かったらしい。
で、このYAMAHA Stadiumもその一つ。



なかなかの外観。



ビックリしたのがクラブショップの品揃えと美しさ。



オールド・トラフォードのメガストア…、は言い過ぎか。




あんまり人気の無いチーム同士の試合らしく、観客はそれほどいない。



とはいえ応援団はきっちりいます。



お姉さんたちが全員キレイ。さすがのタイクオリティ。



昨季のウチのGKコーチ兼選手だった東風選手。フル出場でゴールを守り続けて無失点。
ちなみに小森選手は負傷中。



スタジアムの外壁には財前選手の写真も。


宇都宮さんたちと食べたSOMBOON SEAFOODのカニ。
数年前にバンコクで開催されたアジアフットサル選手権のとき、コレナガの神様のような存在である六川則夫先生が「世界で一番美味いレストランだ」と言いながら連れてきてもらったのだが、本当に美味くて感動した。
秋篠宮文仁親王や小泉元首相とかの写真も飾られていますが、日本人の常識の範囲内の予算(しかもかなり余裕)で楽しめるお店なので機会があれば是非。


そして本日はBangkok UnitedThai Portの試合を観に行ったのだが、
ロスタイムの劇的直接FK弾でThai Portが1-1の同点に追いついた。
アルビの皆さんにはお馴染みBangkok Unitedには深澤選手、Thai Portには丸山選手が今在籍していて、
二人ともこの日はベンチで出場機会が無かったけれど、元気そうな顔を遠くから見れたので良かったです。



会場はBangkok University。Bangkok Unitedの前身でもある私立大学。ちなみにタイ全体では5番目くらいにランクされる大学らしい。



Thai Portの応援団。4、5番目くらいにサポーターが熱いらしい。



現在、外国人枠が7人ということもあり(これは多分長続きしない)日本人選手がたくさんタイでプレーしている。
そして、アルビSから移籍していった選手たちも5人くらいプレーしている。
というわけで、バンコクには引き続き結構な頻度で来そうなので、いずれ続報を。


週末バンコク!―2泊3日からはじめる自分だけの旅づくり
週末バンコク!―2泊3日からはじめる自分だけの旅づくり吉田 友和

平凡社 2009-07
売り上げランキング : 68509

おすすめ平均 star
star本格的なガイドブックを読む前のとっかかり

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Saturday, September 18, 2010

AFC C級ライセンスライセンス。

タイトルは決して誤植ではない。

1年に1度行われるシンガポールで開催されるC級ライセンス講習会。
別にワールドカップに触発されたというわけではないのだけれど、受講しに行こうと手続きをしたのは確か1ヶ月ほど前のこと。
シンガポールサッカー協会に足を運ぶとどうやらワールドカップの影響もあったのか、
「24人しか受講できないのにもう50人以上も申込みがあるのよ」
と分厚いファイルを頭痛そうにめくりながら担当の淑女が仰る。
「だからね、テストがあるのよ…」
と途端に大学受験の試験官よろしくメガネを左手で弄りながら声高になりつつさらに仰る。

というわけで、タイトルの「C級ライセンスライセンス」、なのである。
本来ならばシンガポールという国ならでこそサッカー経験無い人たちにも門戸が開かれるべきだと思うので、
こんなテスト意味ないじゃんなどと思うのだけれど、決まってしまったモノは仕方ない。
で、そのテストがいよいよ明日。


内容は3つ。

【パス編】30秒以内にクリアするらしい。


【ドリブル編】こちらも30秒以内。右足と左足に規制アリ。


【リフティング編】30秒以内に15回を成功させる。


衰えているとはいえ、多分この程度のことはできると思うんだけれど、
何せ本番にそんなに強くない(麻雀は強いが)ということと、
もし上手くできても例の担当淑女の
「シンガポール国民と永住権所持者が優先なのよね」
と言う言葉が気になる。
コレナガはどちらも持っていない。

日本だったらクラブ推薦枠とか協会推薦枠みたいなものがあるわけで、
「トップリーグ所属クラブの会長」であり「シンガポールサッカー協会理事」なんて肩書きもあれば、
当然、受講させてくれるくらいは良さそうなモノだが、一体シンガポールにそれが存在するのかどうかは知らない。
で、今回はいちサッカーファンとして参加したいのでそういう「ズル」はしないことにした。
だから普通に落ちるかもしれないんだけれど。
落ちたらそれはそれで悲しいのだけれど。


本日、市長にお呼ばれしたカジュアルなパーティーに行ったら、
サッカー協会の強化委員長の東欧人(つまり彼がライセンス担当で当日もその場にいる)がいて、
「明日C級ライセンスのテスト受けるんだ」と言ったら、
「え!?どうして!?」と。
「別にいいじゃないか」と続けると、
「Good luck! Hahaha!」と。

あー、やっぱり普通のことではないんだなーと思っていたところ、
代表監督のRaddyがいて同じ話をしたら
「Are you crazy?」と。
やはりそういう認識なんだな。


ちなみにこのテストが影響しているのかどうか知らないが、
本日朝から体調がとてつもなく悪い 笑

Wednesday, September 15, 2010

ルイ・コスタのレストランと日本サッカー。



先月の終わりの頃になるのだけれどポルトガルに行ってきました。
コレナガ自身は3回目のポルトガルなのですが、とても気に入っています。
もしかしたら欧州で最も気が休まる場所かもしれないなあ、とも。

ポルトガルと言えば西欧の中でもトップクラスの「安い、美味い」を実現しているところなので、
「食」目当てに旅行されてもきっと後悔しないでしょう。
さらに日本人にとっても優しい味付けの塩こしょうベース。
何を頼んでも奇抜なものは出てこないので安心です。

日本ではお目にかかれないサイズの鰯がとりわけオススメなのですが、
こちらは25cmくらいの鰯が5本ほど+サラダという豪快なプレートで、5~6ユーロ程度でどこでも食べれます。


さて、本題。
今回は某ミッションを掲げてポルトガル入りしたのですが(まだ詳しいことは言えません)、
今回のミッション完遂に当たり、松本量平さんが強力にサポートしてくれました。
彼は指導者として更なる高みを目指して(あの)ベンフィカでコーチをしている若者。
さすがコミュニケーションスキルが高く、とても面白い方でした。

「ランチでもしましょうね」と伝えて向かった待ち合わせ場所で、
松本さんは「和食とポルトガル料理とイタリアンとルイコスタのレストランのどれがいいですか?」
「そりゃもうルイコスタで」と即答。

というわけで向かったのがEspaço 10
直訳すれば、「10番の空間」とか「10番のスペース」とかですか。
ステキ。



昔はもうちょっとこじんまりとしたレストランをやっていたらしいんですが、
そっちは潰して街の真ん中に大きなレストランを作ったとのこと。
(ちなみに実家はリスボンにある文房具屋さんとどこかで見たような)

場所はこのあたりですね。
地下鉄のSaldanha駅の近く。
地図中(大きな地図で見てください)のFLAG Lisboaのビルもしくはその隣。

大きな地図で見る


1Fはプールバーの雰囲気で2Fが中・高級レストランという二層構造。
「大人の時間を表現しました」といった風体。
早速「Espaço 10 サラダ」と「カニのリゾット」を注文。


おそらく看板メニューの「Espaço 10サラダ」はパイナップルとカニの出会いが斬新。


カニのリゾットはかなりボリュームありました。


「長めのスルーパスのテイストですねえ」
「これ、割と強烈なミドルシュートな感じ」

などと料理にひとしきりトンチを効かせていたところ、なんとルイ・コスタご本尊が後方のテーブルに!

現在ルイ・コスタはベンフィカのスポーツダイレクター。
ということはベンフィカで働く松本さんの上司に!
「上司には挨拶を!」と、当然松本さんが挨拶することによってのおこぼれを願っていたコレナガは猛プッシュさせていただき、見事に写真ゲット!(右側が松本さん)


まさかルイ・コスタに会えると思っていなかったコレナガはずっとアルビSジャージを着用していたので、
アルビSロゴとルイ・コスタとの思わぬ入団会見ばりのコラボレートが実現!

…というわけで、美味しくご飯を食べました。


翌日はフェリーに乗ってベンフィカのトレーニング施設を見学。
U-16のトレーニングマッチがあるということで喜んで見せてもらった。



ハードな日程の中組まれた試合だったということでセカンドチームがメインで出場。
よく考えればまだ16歳なのでレベル自体は大したことないし、
国としての特色みたいなものも見えづらいオーソドックスなスタイル。
「この年代だと日本の方が上ですよね」と感想を漏らすと、
松本さんは「U-18くらいまでは日本の方が強いでしょうね」と。
そうなんだよなあ。
どうして日本はそこから先の伸びがないのか。
増してやポルトガルの人口は1,000万人程度。
日本と比べれば10%以下。
明らかに確率論としては日本の方が…。
平均年齢22~23歳のアルビSの役割ってのはやっぱり大きいし責任あるな、と。



しかし立派な設備。
天然芝と人工芝合わせて5面あるらしい。
選手たちの向こうに見えるのは若い選手たちの寮。
リスボンから離れた街からやってきている選手や国外からもアフリカ系の選手を中心として寮に寄宿。
学校もここから通っているらしい。
で、上に上がれなかった選手やクビになった選手はすぐにここから追い出される、と。
当然、学校も転校、と。
厳しい世界。


それにしても。
シンガポールの人口(500万人)と比べても倍の1,000万人にしかすぎないポルトガルが、
どうして世界の一線級を走っていられるのか。
「イングランド、スペイン、ドイツといった世界トップレベルとの物理的な距離」というのは、
その国のサッカーのレベルのひとつの理由と挙げられることがあるけれど、
改めてそれは大きいんではなかろうか、と強く思った次第。

そして先ほどの話ではないが、日本を鑑みる。
とにかく19歳以上のレベルが相対的に落ち込んでいく。
この年代で世界の物差しを持ったリアルなサッカーと日常的に接していないことが、
どうしようもなく大きなブレーキになっているのかもしれない、と改めて。

Sunday, September 12, 2010

またアルビに救われた。

シンガポールに昨日深夜に帰って来ました。。
いつものように慌ただしかったため、
ご挨拶させていただくべき皆さんにも会えずに大変申し訳ございません。

一昨日の晩は「寂しさの余り」という極めて情操的な理由で
Twitterにおいて誰がどう考えたってはた迷惑なつぶやきを連投してしまったので、
やはりその一部始終を報告する程度のことはしなければならない、と勝手に猛省している次第。
一言で言ってしまえば「Twitterすげー」だったのだけれど。

まず大前提として、瞬時にセルフイベントデーと化した一昨日の晩は、
意図的にフリー、つまり何にも予定を作らないでおいたということ。

何故ならばその直前の3日間くらいは結構ハードな日程が続いていて、
睡眠時間をこよなく愛するコレナガでありながらほとんど寝てない状態だったので
「割と疲れているんだろうな」と事前から容易に想像できたから。
さらに、その晩は仕事が完了するのが22時くらいの予定だったので、
「ええい、酒も呑まずにそのまま寝てしまえ」と思っていたのだ。
このときはせっかく日本にいるのだから…、という思いはほとんどなかった。

ところが予想に反して仕事が早く終わって、
(というかコレナガが説明会で話す時間が予定より遥かに短かったので)、
20時くらいにはホテルに到着してしまった。
いや、この時点では別にそのままぐっすり休もうと思っていた。
実際疲れてたし、日本に帰る前から「新しいラ王食べたい」と思っていたし。
ホテルには露天風呂もあることだし(けれど部屋風呂はない)。
ところが、徐々に心境の変化が。

疲れたから休もう。
 ↓
でも、ラ王は明日でも食べれるよな。
 ↓
風呂は24時間入れるんだっけ。
 ↓
せっかく新潟にいるのになあ。
 ↓
でも新潟に行きつけとかないしなあ。
 ↓
むう、寂しい。
 ↓
とりあえず心当たりに電話してみた。
 ↓
応答なし。
 ↓
むう、余計に寂しい。
 ↓
誰か、ネタでもいいから一緒に呑んでくれるヒトいないかなあ…


というわけで↓が一連の騒動の最初のつぶやきになる。
(ちなみにTwitter上の表示時刻はSG時間)

本日業務終了しました。誰か21時くらいから1時間30分くらい新潟駅近辺で一緒にお酒呑みませんか?行ける方、今から20分以内にリプライください。本気で探してますw。
2010年9月10日 19:20:03 Osfoora for iPhoneから


「まあ集まるだろ」と思いながら締切り時間を20分後に設定したものの、現れず。
当然、普通に延長(笑。

ダメだ!締切りまであと7分しかない!19:45まで延長します… 笑>誰か本日これから新潟駅近辺で1時間30分ほど呑んでください!
2010年9月10日 19:34:02 Echofonから


そしてこのあたりから決死の勧誘が始まる。
読み返すと我ながら必死すぎるw

ああ、このままではラ王購入→ホテルで湯沸かし→テレビ見ながら汁をすするという最悪の展開に!助けてくださいw!>誰か新潟駅近辺でこれから一緒に呑みませんか?
2010年9月10日 19:42:35 Echofonから

Twitterの大いなる可能性を実体験として語り継ぐためのテスト、のつもりが、より一層寂しさを浮き彫りにしただけのようです。でも、20時まで諦めずに待ちますw>誰か新潟駅近辺でこれから一緒に呑みませんか? 2010年9月10日 19:47:09 Echofonから


みなさんありがたいことにRTをたくさんしてくれたのだけれど、
いざ一緒に呑んでくださるヒトはおりませぬ。
まあ、そりゃそうだよな。急すぎるよな。

お願いどなたか!RT: @hanimarudo: 支援 RT @_kore_: ああ、このままではラ王購入→ホテルで湯沸かし→テレビ見ながら汁をすするという最悪の展開に!助けてくださいw!>誰か新潟駅近辺でこれから一緒に呑みませんか?
2010年9月10日 19:44:23 Echofonから

ああ、どなたか!RT: @Yoke13_JP: @_kore_ 新ラ王ですか(笑) 影ながら応援してます。 また次の機会があれば是非ご一緒したいです!
2010年9月10日 19:44:38 Echofonから

是非今からwRT: @uminoao: 来週なら… RT @hanimarudo: 支援 RT @_kore_: ああ、このままではラ王購入→ホテルで湯沸かし→テレビ見ながら汁をすするという最悪の展開に!助けてくださいw!>誰か新潟駅近辺でこれから一緒に呑みませんか?
2010年9月10日 19:44:52 Echofonから


そしてついにハッシュタグまで付けられたw

ありがとうございます!RT: @yarukinai: 何か支援したくなったwアルビサポは是非! #niigata #albirex RT @_kore_: ああ、このままではラ王購入→ホテルで湯沸かし→テレビ見ながら汁をすするという最悪の展開に!助けてくださいw!>誰か新潟駅近辺
2010年9月10日 19:49:21 Echofonから

もう諦めることを前提に新しい提案も。

じゃあ僕は背脂濃コク醤油味でフォロワーの皆さんは旨味豚コク味噌味…って、バカw!RT: @Narunear: このままフォロワーとTwitterごしに飲むとかwRT @_kore_: あと10分…RT: 支援。RT @_kore_: Twitterの大いなる可能性を実体験として語 2010年9月10日 19:55:36 Echofonから

それだ!!RT: @juninho_taka: Jリーグ特命PR部の女子マネージャーから救いの手が!という神展開希望。 QT @_kore_: ああ、このままではラ王購入→ホテルで湯沸かし→テレビ見ながら汁をすするという最悪の展開に!助けてくださいw!>誰か新潟駅#albirex
2010年9月10日 19:57:27 Echofonから

じゃあそろそろ諦めてご飯をたべルビレックス。RT: @clubmanta: @_kore_ 是ちゃん、折角の新潟だ、ぶらっと旨そうな店に入って、おひとり様プレイから展開が始まることもアルビレックス。(なんでこんなツイートしてんだろw)
2010年9月10日 19:58:59 Echofonから


もうこれくらいになるとネタ的にもだいぶ面白かったので、
「ラ王でもいいか」と思ってきたものの、
最後の最後のチャレンジ。

皆さまお騒がせしました。約束の締切り時間が来てしまいました。男に二言はありません…。あと10分だけ募集させてください…w>誰か新潟駅近辺でこれから一緒に呑みませんか?
2010年9月10日 20:01:48 Echofonから

すると、メシアなのかモンゴルマンなのかあるいはその両方なのか、
救世主なる参加者が2名も現れたではありませんか!

え、救世主様!喜んでご馳走しまっす!RT: @tonykakashine: @_kore_ おしい!駅前で飲んでますが、資金切れ目前……
2010年9月10日 20:07:17 Echofonから

やたー!駅前でマジで待ちます!!RT: @bays190: @_kore_ 40分後でしたらいけます。どうでしょうか。
2010年9月10日 20:07:36 Echofonから

さらに続々と…

いらっしゃいませお客様!RT @tonakai0203: @_kore_ あ、鳥屋野体育館での集会が終了。行けますね…もう1人増えてもいいですか?
2010年9月10日 20:21:11 Osfoora for iPhoneから

お待ちしてましたー!店分かったら連絡します!RT @from_erica: (cont) http://tl.gd/5vjcsn
2010年9月10日 20:22:00 Osfoora for iPhoneから

さらにお客様追加ー!RT @hama_ichi: ばんだい橋から歩いてます。bays190の友達です。駅前パス路線図前でお待ちいただきたい! RT @_kore_: やたー!駅前でマジで待ちます!!RT: @bays190: @_kore_ 40分後でしたらいけます。どうでしょう
2010年9月10日 20:22:36 Osfoora for iPhoneから


ということで最終的に6人が参加した呑み会になったのですが、
皆さんに言わせると「あと10分だけ募集させてください…w」
の悲痛な叫びがココロを打ったらしい 笑。
「相当切羽詰まってるんだなって感じた」
「本気度があの瞬間に伝わった」
「ネタじゃないんだな、って」
と。
マーケティング的にも非常に重要な要素だと改めて勉強になりました 笑
諦めないって大事です。


さて、こんなワケの分からん呼びかけにお集まりいただいた皆さまは、
コレナガが文献でしか知ることのできない時代、
昔っからゴール裏を支えてきたアルビサポーターど真ん中の皆さんでした。

普段聞けないような貴重なお話をたくさん聞けたし、
クラブに対する熱い思いを多分メチャクチャ共有できたし、
ついでにシンガポールのことを改めて紹介させてもらったりして。

やっぱり新潟って暖かいなあ、
Twitterってすげーなあ、
と改めて思ったのでした。

散会したのは深夜0時30時くらいだったような気がします。
どうやってホテルまで帰ってきたかあんまり覚えておりませんが、
どっちにしても写真があるということはラ王はきっちり食べたようです。
(もちろん、肝心の麺の感触はよく覚えてない)。

ラ王うまー。www http://twitpic.com/2n20q6
2010年9月10日 23:58:39 Osfoora for iPhoneから



というか、今回もまたアルビに救われてしまったということだな。
恩返ししなきゃいけないことがまた増えたなあ。

夢をかなえるツイッター ~いいことが起こるつぶやきのコツ
夢をかなえるツイッター ~いいことが起こるつぶやきのコツ内藤 みか

おすすめ平均
stars物語風
starsまずはやってみた後に読むといいのでは?
stars呟くな、叫べ
stars入門書として買いました!
starsツイッターがとても分かりやすい本です。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools