Saturday, January 29, 2011

ドーハ便り。

深夜2時くらいにシンガポールを出て、ドーハに到着したのは4時30分くらい。
ちなみに飛行機には7時間半くらい乗ってます。

サッカー界最強の営業マンとして崇め奉っている某T氏も急遽日本からドーハにやってくるという情報を知り、
とりあえず1時間くらい空港で待って、合流。
どちらからともなく申し合わせたように「じゃあ、とりあえず行きましょうか」と、
朝6:30から行き場所もない中で出かけた先は、
ドーハの悲劇となったアルアハリスタジアム(現地読みではそんな感じ)。
もう二度とあんなことが起こらないよう、「サッカー式厄払い」を一方的に開催して参りました。
(無論、現地にて許可を取って。)
まあ、皆さまご存知「あの瞬間」の完璧な再現が主な厄払いの方法で、
写真、ビデオにて各選手を見事に撮影した力作の数々を掲載したいのはヤマヤマなのですが、
あまりにリアルなため、現時点では躊躇しています 笑


朝焼けです。


スタンドは改修してるんですね。


「あの瞬間」のゴール裏です。



ホテルからの眺め。中心部じゃないですけど、これからぐんぐん開発進みそうです。


みんな祈ってます。


その後、いくつかの打ち合わせをこなし、明日の決勝戦が行われるカリファスタジアムに行ってきました。
日本代表の練習は見れませんでしたが、遠くから念を送ってきました。
それにしても立派なスタジアム。



本日の3位決定戦のチケットを買おうと隣接しているショッピングセンター内のカウンターに行くと、
明日のチケットはソールドアウトということでした。
ま あ、お店のお兄さん曰く、「明日来たら多分出てくるよ」とのこと。

もちろん、アジアカップ押しです。


イスラム女性もサッカーゲームを楽しんでます。


カタールリーグのシャツの数々。BURRDAというブランドの独占です。
マンUコーナーに押されて隅っこにありました。


どっかで見たことあると思ったらT氏の「ヴィーナスフォートのまんまじゃん!」で思い出しました。


土産店にて。招致成功効果。


3位決定戦の会場はアルサードスタジアム。


15,000人くらいの収容数だけど、雰囲気がすごく良い。ピッチが近い。


この日の主審はシンガポール人のAbdul Malik。Sリーグでも笛吹いてます。
コレナガも親交のある人物なので、この大舞台はとっても嬉しい。


ウズベクの2点目はオフサイド臭かったけど。


全体的には大きな問題なし。Malik、良かったぞ。


パク・チソンの胴上げ。やっぱりラストなんでしょうね…。


たぶん現地サムソンで働くお兄さん。かなりの動員がかけられてました。


「人工芝ベスト」を着用した流行最先端オジサン。



明日は勝つぞー。

No comments:

Post a Comment