Friday, November 18, 2011

シンガポールカップ決勝。

明日はシンガポールカップの決勝です。

ここまで来たらもう何もできることはありません。
ただただ、選手たちを信じています。

以下、今回の試合告知メール。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////

お世話になります。
アルビレックス・シンガポール是永です。
11月19日(土)は2011シンガポールカップ決勝 vs Home United FCが行われます。


Sat 19th Nov 19:45-
vs Home United FC
@Jalan Besar Stadium
http://g.co/maps/9ja5g


リーグカップのタイトルを獲得し、
残念ながら優勝こそなくなりましたがリーグ戦では首位争いと、
大躍進を果たした今季。
その総決算は、この土曜日、シンガポールカップ決勝。
相手はリーグ首位のHome United。
想像を絶する激戦となるのは必至です。
その逆、我々のチカラを証明する舞台は完璧に整った、と言えます。

開幕前に「優勝」という目標を掲げ、
文字通りひたむきに努力してきた選手たち。
南国特有のスコールにまみれながら、
ゆるいピッチに泥だらけになりながら、
ときに負傷の痛みを堪えながら、
歯を食いしばって毎日のトレーニングに励みました。

選手たちひとりひとりは彼ら自身の「未来予想図」を設定しています。
「数年後にはこうなっている」という明確かつ具体的なイメージを持って、
ひたすらに耐え、ひたすらに精進し、目標に突き進んできたのです。


ただ、そこは海外リーグ。
いざ試合が始まれば、
足ごとかっさらいに来るような相手のラフプレーもありました。
「全試合アウェイ」という環境で不可解なレフェリングも毎試合のようにありました。
選手たちがやりきれなさに涙を流したことは、一度や二度ではないことを知っています。


しかし、あなたたちの「覚悟」はそんなもんじゃなかった――。


とにかく戦う姿勢を前面に出して、
ポジティブな試合運びを見せ続け、
リーグNo.1の得点力を誇るまでに爆発し、
素晴らしい試合をたくさん見せてくれました。
「シンガポールで最もクオリティの高いサッカーをしている」というメディアの評判には、頷くしかありません。
そして、クラブ初のタイトルまで取りました。

敢えて断じますと、最高のチームです。

現実的には明後日で「2011シーズン」という一つのストーリーが終わります。
どうせ終わってしまうのならば、
目一杯戦って、全力でオレたちらしい最高のサッカーを見せて、
最高のストーリーで終わらせよう。

どのチームの選手たちよりもサッカーが大好きで、
毎日のトレーニングに真剣に向き合っているあなたたちには、
それが、できます。

やろう。



再び、皆さんと一緒に歴史を作りたく思っています。
皆さんのスタンドからの強い後押しが必要です。

熱いご声援、何卒よろしくお願いします。

1 comment:

  1. 飛躍のシーズンとなったアルビSへメッセージ

    そろそろ自分を信じてもいい頃だ…
    今の君はもう十分あの頃を越えているよ
    by安西先生

    アジアのサッカー産業を研究している者として、ブログいつも楽しみに見ています。

    日本からですが、また新たな歴史の1ページが刻まれることを願い応援しています。

    ReplyDelete