Thursday, December 15, 2011

バルサが来た意味。

先ほどまで観ていたアル・サッド戦はいつものバルサの感じではなかったけれど、
つまりオートマティズムは普段に比べて欠如していたと思うのだけれど、
何と言うか、
バルサがこのタイミングで日本に来た意味は、
その前々日に全ての答えが出ていたような気がする。







先ほどもつぶやいたのだけれど、

今回バルサが来て一番嬉しかったのは素晴らしいサッカーを見せてくれることではなく、当たり前のようにトップクラスの選手たちが地下鉄乗ったり電化製品買いに行ったりしている写真が世界中にばら撒かれたこと。「放射能なんて怖くない!」って誰よりも何よりも強いメッセージを伝えてくれた。

ということだと思う。

いちスポーツ選手のこういった行動が世界中に広がるだけで、
たった数枚の写真だけで、
今はマイナスになってしまっている日本のイメージを払拭することができる。

分かっていたつもりだけど、サッカーって色んなことが表現できるんだなあ。
いち日本人としてすごく嬉しかったし、涙が出そうだ。

明日からまた頑張るぞ。

No comments:

Post a Comment