Tuesday, June 28, 2011

Shibaura House。


先週、日本に行ったとき「Shibaura House」にお邪魔しました。

「広告製版社」という本業がすぐに想像できる「ど」ストレートな名前の会社の伊東社長。まだ30代の若き経営者の方なのだが、すごく新しい感覚を持ってらっしゃる。

伊東社長の言葉をまとめると「どことなく閉塞感の漂うニッポンを変えるには地域のコミュニティのチカラが大いに必要で、ならば社屋建て替えのついでにそういう場を作ってしまえばいいんじゃないか、と思った」ということ。

田町という土地柄、駅前には企業ばかりが立ち並び、どうしても「人のご縁」は薄くなりがち。そんな中で圧倒的に「異質」というか、言ってしまえば「異物感」漂う全面ガラス貼りの明るい建造物がいきなり現れるわけです。人と人との薄いご縁を「壁がある」と表現するならば、まさにその壁を取り払った画期的な建造物。発想の転換。

「人が集まる→知恵が集まる」ということで、おそらくコモンセンスのチカラというのをシバウラハウスではたくさん感じることができるだろうし、得ることもできるはず。それは本業にも大いに生かされるのではないかなあ、と感じたのです。そういう意味で人が気軽に集まれるスペースというのはどの企業にも必要なんじゃないでしょうか。

「田町は企業の多い土地柄ですので、逆に『セミナー行ってきます』って抜け出すことは簡単かもしれませんよね」(伊東社長)。なるほど。

というわけで、年内にはShibaura Houseで講演というかワークショップみたいなものをさせていただく予定です。スポーツビジネスというか、夢持って生きようぜみたいな(自己啓発セミナーとはちょっと違う)。興味ある方、日程確定までもうちょっとお待ちください。

アルビレックス新潟シンガポールにも8月1日からホームスタジアムの中にクラブハウスがオープンします(苦節3年… 泣)。「人が集まる場所」として共通する部分があるだけに、シバウラハウスの戦略や意味を大いに参考にさせていただきます。



場所はココ。

大きな地図で見る


田町駅から歩いて5分弱。


オフィスビル街にデデーンと現れます。


オシャレです。


スケスケです。


何という広々とした空間。


1階部分はCafeにするかもしれないとのこと。




コミュニティデザイン―人がつながるしくみをつくる
コミュニティデザイン―人がつながるしくみをつくる山崎 亮

学芸出版社 2011-04-22
売り上げランキング : 193


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ファンタジープレミア2010。

うお!忘れてた!

というわけで、Fantasy Premier 2010も無事に(とっくに)終わってました。
78人もの方にJose's PARADISE(リーグ名です)に参加していただき、ありがとうございました。

コレナガはどんなに点が取れなくても我慢して使っていたベルバトフを涙を流しながらリリースした直後に、「まさかのベルバトフ5得点」という鼻血が出そうなイベントがあったので、それ以来悔しくてファンタジープレミアのページを開いてもいませんでした。結果、37位はもう何と言うか、悔しい&虚しい限りでございます。
「最後までやり切る」という目的は今季もまんまと達成されなかったわけです。

リーグは激しい首位争いの中、見事N Dennisさんの「roasso」が優勝!
1ポイント差でしたねー。
おめでとうございます!


さて、開幕前から優勝者に賞品を!とお約束しましたので、ユニフォームコレクションの中から「いらないもの(強調)」をプレゼントさせていただきます!笑

優勝されたN Dennisさん、メールでの連絡お待ちしていますー。

Saturday, June 18, 2011

それどころかInstagramも始めてしまった。

以前更新したようにTumblrを今さらながらに始めてしまってBlog更新頻度が危ぶまれているのだが、それどころかiPhone所有者に大人気のInstagramも始めてしまった。

で、現在コレナガがやっている投稿系SNSの整理をすると、

Facebook(写真+リンク+メモ+お友達)
Twitter(写真+リンク+メモ)
Tumblr(写真+リンク)
Instagram(写真)

という感じで階層ができあがった。
これでいいのかどうかは知らない。

Friday, June 17, 2011

Tumblrを今さらながらに使ってみた。



TwitterとかFacebookとかがあるおかげですっかりBlog更新ももたついているのですが、
さらにTumblrを今さらながらに始めてみるというさらなる暴挙。
とりあえず身近なスナップを集めていくつもりですが、
いろいろイジりながら楽しんでみます。

Thursday, June 09, 2011

Take Action in Thailand。

しばらくぶりの更新。

先月、Take Action in Thailandにお手伝いに行ってきました。
運営担当の方とたまたまメールしてて「試合の日にバンコク行こうかなあ」なんて言ったら、
「スタッフ登録しておきます 笑」って返ってきて、
「インカム準備しといてください」と返してみたりして。
さらにヒデさんからも「じゃあアジアの時には毎回おねがいしますね 笑」みたいなメールをもらって、行くか、と。

まあ、実際に現地では何にもすることがなかったのですが、
色々と面白い発見があったわけです。
そもそも若い選手たちにウチのクラブで海外のサッカーを経験してもらって、
その後、他の国々にプロ選手として送り込むというのをひとつの方針としているので、
(ウチもプロですが…)
今もタイにはたくさんのアルビS出身者がいるのです。

今回、たくさんの選手たちと会えてみんなが充実しながらプレーしているのを見て、
もっともっとそんな経験ができる選手たちをたくさん作りたい、と思いを新たにしたのでした。


前日練習開始前。左から東風淳、小川圭佑、(コレナガ)、前田遼平の各選手。
皆、アルビS出身者。元気そう。


会場には4月2日にやったシンガポールでの写真がバナーに使われています。


タイには日本人選手がトップリーグと地域リーグで合わせて25人ほどいます。
コレナガはヒデさんに「すいません!スパイク忘れました! 笑」と。


久々の生ダービッツ(!)も元気そうです。


前夜祭でのアルビS出身選手たちと。
左から山本寛之、渡辺淳一、小川圭佑、(コレナガ)、東風淳、前田遼平、明堂和也。
みなさん活躍しておられます。


別角度から。妙に注目度が高い。


試合。ヒデさんと明堂。


ヒデさんと財前さんと前ちゃん。


同点で終わったので若干ガックリ。


レゲエミュージシャンの会見と見紛う…。