Saturday, April 14, 2012

いやあ、気持ちよかった。


全ては表題の通り。
内容で相手に絶望的なまでの差をつけて先制。
(まあ、ここで畳み掛けられんからアクシデントが起こるわけですが…)
91分に誰が見てもよく分からんPKで同点に追いつかれる。
大歓声で走り回ってる相手のサポーター、相手選手も大興奮。
でも、93分にキャプテン川上のヘッドで再び突き放してホイッスル。
いいねえ。気持ちいいねえ。

まあ、基本的に全試合アウェイですからね。
判定に関しては想定済みでなきゃいかん。
で、その上でさらに結果を残すからこそ評価される。
評価されれば次のステージへ進める。

選手のみんなも頭ではよーくわかってると思うから、
こういう試合で結果を残してもらって経験して欲しかった。
シンガポールで勝つってのはこういうことだぜ、って。
スタッフ岡ちゃんの動画作りにも力が入るってもんです。

出すぎたことは言わないけれど、
タイトル取って自分の未来掴みたいなら、次のTampines戦こそが大事。

No comments:

Post a Comment