Wednesday, May 09, 2012

面談終了。

基本的にチームや選手には口出ししないことをポリシーとしているのだけれど、
たまには、このポジションだからこそやらなければいけないことがあると思っている。

この2試合、下位相手に2連続引き分け、しかも試合内容は思わしくない。
そんなときは選手との面談を行うようにしている。
というわけで、昨日、今日でケガで日本に帰っている三浦天悟を除く全選手と面談を行った。

こんな状況のときは大体、
どの選手も「やれてるんですけど、上手くいかない」的なコメントをする。
「やれてるんですけど」の割に結果が出ていないのは、課題が見えていない、ということ。

チーム状況とそれぞれのプレーについて意見をぶつけあった後、
コーチ陣のジャマにならぬよう気を配りながら、
主に全体的なことや雰囲気の作り方など、コレナガなりの助言を伝えさせてもらう。

そして、選手が作る未来予想図と現時点での位置、
ならば今、チームと個人のために何をするのか、といったことをざっくばらんに話す。

結論、話題は毎日のトレーニングに集約されてくる。
「トレーニングのためのトレーニングになってないか、
トレーニングは試合のためにあるもんだ」、と。

指示されたことに対してしっかりと取り組む選手が多いので、
逆にサッカー、戦い方を勘違いしてしまう部分もあるのかもしれない。

選手の未来を作るのは選手自身。
その環境を作り上げるのが、スタッフやコーチ陣。
それぞれは、それしかできない。


そうやって、サッカークラブは、明日に向かってひた走るのだ。

No comments:

Post a Comment