Wednesday, November 21, 2012

闘う組織。

先ほど空港まで残っていた選手たちとスタッフを見送って、
すぐに帰ってきて夜のプールに娘と20分くらい入って、
今は家で安ワイン(ホントに安い!)をヤケクソ気味に呑みながらBlogを書いてみたりしています。

この時期は、「不安」と「焦燥」。
それしかありません。
だから、ワインです(泣

もちろん、シーズン中は試合結果に一喜一憂したりするのですが、
この時期の悩みは「クラブの存続」にもっと根本的に関わってくることです。
  1. 今季をどうクロージングできるか
  2. 来季をどうやって調整するか
  3. 5年後、どんなクラブになっているのか
  4. 10年後、どんなクラブになっているのか
もう、頭がいっぱいです。

正直、最初の2つに関しては「小賢しい」テクニックを使うことも必要だと思ってます。
大きな目的に対する目先の調整、です。

しかし、もっと将来のイメージというか、理想像。
これをコレナガがどれだけ「写真」じゃなく「動画」にできるか、
ってのが、このクラブの浮沈に関わってくることだと信じています。
直近のことも含めて。

ですので、フロントのスタッフのみんなには口酸っぱくして言ってますし、
これからも言い続けます。

みんな優秀なのできっちり覚えてくれてるし自然にその方向に進んでくれるのですが、
常に、文字通り「常に」、身の回りの全ての事象をどうやってリンクさせるか、
ってのを考えれるかどうかというのが重要だと思ってます。
そうすればスタッフのみんなが自由にデザインした事業やイベントも、
結局はクラブが目指すべき方向に集約されていくんだと思うんです。
目的が明確だったら、失敗も糧にできる。
それが「闘う組織」なんじゃないかなあ、と。

No comments:

Post a Comment