Friday, April 27, 2012

アルビレックス新潟バルセロナ、はじめました。

既にリリース等で目にされている方もいらっしゃるでしょうが、スペインはバルセロナに「アルビレックス新潟バルセロナ」というクラブを立ち上げることになりました。
ご理解、ご協力いただいている皆さん、本当にありがとうございます。

シンガポールとバルセロナの違いを説明するために、まずはアルビレックス新潟シンガポールの話をするのが分かりやすいと思われます。

日本に貢献してくれる若者を海外で育てる(と言うとエラそうですが…)ことが、ここ数年のコレナガのライフワークでした。

今後の日本の少子高齢化によって、さらに海外に巻き込まれなくちゃならなくなる今後の日本。そんな中、「海外はヤダ」「海外は面倒くさい」と言う若者たちが増えていると聞きます。

じゃあ、そういう状況下にある日本の将来に貢献できる人材をウチのクラブで育てられないか、という面で、アルビレックス新潟シンガポールに大きな可能性を感じています。

ウチの選手たちが海外で経験したものを、日本へ持ち帰る。そのとき、彼らは引退して指導者になったり社会人になったりしているかもしれない。けれども彼らはその経験を身の回りの子どもたちに伝えることができる。
「海外でプロサッカー選手やっててね。大変だったけど楽しかったよ」
と。
「へええ」「ふうん」
と、頷く子どもたち―—。

もしかしたらそうやって、子どもたちの海外へのハードルが下がることもあるかもしれない。そういう若者をドンドン増やせば、これからの日本を担うさらに若い子どもたちに、とてつもなく大きなものを与えることができる、そう思っています。

また、素晴らしい可能性を持っているのに、日本にいるままではもしかしたらプロでは続けることができないかもしれない日本人の選手たちを、海外から海外へステップアップさせることができるのは、世界広しと言えどもウチだけ。なぜなら海外トップリーグにある日本人だけのプロスポーツクラブは、世界中でアルビレックス新潟シンガポールだけだから、なんですね。

今では世界中にアルビレックス新潟シンガポール出身の選手たちがいます。特にここ数年は、環境の変化とクラブの努力(こちらもまたエラそうですが…)で、その数は加速度的に増えました。シンガポールをはじめとした東南アジア各国、東欧、アフリカ、あるいはビーチサッカーで海外に移籍した選手もいます。
アルビSの卒業生(という言い方をしていますが)たちは、
「サッカー選手という職業は世界中どこでもできる」
ということを体現してくれています。
彼らを心の底から誇りに思うと同時に、これはとってもスゴイことなんじゃないか、と思うのです。

「アジアから世界のプロサッカー選手へ」
という、アルビレックス新潟シンガポールの目的は、結実しつつあります。


さて、前置きがとっても長くなりましたが…、それではなぜ、バルセロナにサッカークラブが必要なのか。前述の「今後の日本はさらに海外に巻き込まれなきゃいけない」という明々白々の未来があります。
そこで、スペイン語が重要になってきます。

世界の人口の約13%の人々がスペイン語、そしてその兄弟言語のポルトガル語を生活言語としています。ところが同様の日本人は全人口の0.1%もいません。おそらく、ここに日本の未来の一助となるギャップがあるに違いない、と。アルビレックス新潟バルセロナには、その部分をクリアしてくれる若者を作りたい、という狙いがあります。

「じゃあ普通の語学学校でいいじゃないか」と仰る気持ちも分かります。
しかし、言葉にするのは難しいのですが、サッカーは世界をつなぐんです、ということなんですね。
世界の共通言語であるサッカーを、本場バルセロナで肌で感じることによって、言語以外のコミュニケーションはもちろん、物事の基本的な考え方を理解することができると思っています。世界での常識を語る際には、サッカーを通して見えてくることがたくさんあるのです。
つまり、サッカーも言語の一つなんです。
しかも、どの言語よりも、喋れる人が多い。
これはコレナガがこれまで色んな国々で経験させてきてもらったことです。

スペイン語、サッカー語。
この二つの世界的な言語を武器に、堂々と世界に飛び込んでいく若者たちを早く見たいと思っています。

(アルビシンガポールは続けますよ!)

ちなみに、宣伝2つです。








ジャイアントキリングを起こす19の方法
ジャイアントキリングを起こす19の方法岩本 義弘 田中 滋 岡田 康宏 是永 大輔 川端 暁彦 土屋 雅史 北 健一郎 中林良輔

東邦出版 2010-12-18
売り上げランキング : 118975


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Tuesday, April 24, 2012

FOOTxBRAINでアルビS特集。

テレビ東京さんと言えば、往年の名作「ダイヤモンドサッカー」に代表されるように、
サッカー番組に大きなこだわりを持ってらっしゃる局なのですが、
満を持して、と言わんばかりに始まったのが、昨年4月から始まったFOOTxBRAINです。

サッカーをピッチの上だけじゃなく、
それに関わる文化や人間模様などをドキュメンタリータッチで作品に仕上げるという、
「こんな番組、自分でやってみたいっす…」と、
プロデューサーさんにつぶやいてしまうほどの羨望の番組。

第1回のゲストが中田ヒデさんであり、
シンガポールで開催したチャリティーマッチが同じタイミングだったので、
取材にいらしたプロデューサーさんとご縁ができて、
かつ、Jリーグのアジア戦略ともマッチングして、
まさかの奇跡のアルビレックス新潟シンガポール特集。

これまで日本のテレビで取り上げられることもなく、
ひっそりと8シーズンを戦ってきたわけですが、
世界唯一のトップリーグに参加する日本人スポーツクラブとして、
もうちょっと胸を張ってもいい気がするので(笑)、
ぜひぜひ、皆さんに観ていただきたく思っています。

断言するのも何なのですが、
FOOTxBRAINじゃなければアルビシンガポール特集などできなかったはず。
サッカーに対して愛があるんです。愛が。
先々週くらいに取材にいらした時も、熱い愛を感じました。
最高です。


というわけで、

《TV東京》
4月28日(土) 23:05 ~

《BSジャパン》
5月6日 (日)深夜 00:35 ~

テレビの前に全員集合!

PS
こちらも公式WEBのサーバー増強中です 笑


「ダイヤモンドサッカー」の時代
「ダイヤモンドサッカー」の時代JDFA

エクスナレッジ 2008-02-25
売り上げランキング : 572629


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Thursday, April 19, 2012

アルビレックス新潟シンガポールチアリーディングスクール。


スタートしてもう2年以上経ったんですねえ。
感慨深いです。


こちらに来た当初からここにも載せていただいたように
「女の子が中心となって楽しめるスポーツ」を作りたく思っていて色々と考えていました。
本家・アルビ新潟にもあるからチアリーディングが取っ掛かりとしてはいいだろうな、とは何となく妄想してました。後にコーチを務めることになるアカネ先生とは2008年初頭の段階でオフィスでお会いしてまして、
「いつかチアリーディングスクール作りたいと思ってますので、そのときはよろしくお願いしますね」
という口約束をしていました。
ただ、社内の整理が全くできておらず、サッカー以外の活動を行うパワー(というかお金…)もなくてトライしづらい環境だったので、当時はちょっと様子見。2009年中頃くらいから予算を作りつつ「来年からはちょっとチャレンジできそうだな」と感じて、アカネ先生と何回か打ち合わせもして「そろそろやりますか!」と、「アルビレックス新潟シンガポールチアリーディングスクール」立ち上げることにしました。

ホームゲームでは毎試合、下は3歳からの女の子たちが試合前にチアダンスを披露してくれます。
いやあ、もう、かわいいのなんの!
試合前なのに思わずニヤニヤしてしまいます。
相手チームの選手やサポーターまでが、彼女たちの虜です。ウチの選手たちはミーティング中なので見れないのですが、いつもホントに感謝しています。

立ち上げ時点から大きなトラブルもなく、皆さまやアカネ先生のご協力や、当時の担当のスタッフニシオなどの熱意があって順調に成長したアルビSチアリーディングスクール。
2010年末にはS League Awardsで「Fan Club of The Year」にも選ばれました。
(これは当時太鼓担当のカナエちゃん効果もとっても大きかった!)

2011年にはショッピングセンターを始め、さらにたくさんの場所で踊らせていただきました。


そして迎えた2012年。
1月〜2月にかけて日本政府観光局主催の「Discover Japan at Orchard」のイベントにも参加させてもらいました。

またアカネ先生とスタッフオカダにも新潟に出張してもらって、それこそ隅から隅まで「運営・指導」の全部を見せてもらいました。もうこれは本家・アルビレックス新潟チアリーディングのご好意以外の何物でもありません。

そして3月、Yuhua地域代表として出場させてもらった我らがチアリーディングスクールの面々は、全国大会「National Cheerleading Championships 2012」に出場しました。
そして、何と、見事に優勝!

世界中に放映しているChannel News Asiaでもその快挙が流れました。

ちょっと話は変わるのですが、昨日のチェアマンMTGで各クラブの観客動員数が発表されました。現在、アルビレックス新潟シンガポールの観客動員数は第2位。第1位はブルネイに巨大なスタジアムを持った彼の地のナショナルチームという位置付けのDPMMですから、
シンガポール国内のクラブではNo.1です。
日本人のクラブなのにNo.1です。
これってスゴイことだと思います。


下の写真は本日の新聞。
記事中にもありますが、シンガポール人の子どもが「ここの雰囲気は他のスタジアムと違う」と言って、ウチのユニフォームを着て応援に来てくれています。また、「決して変わらないチームのプレースタイルが好き。前は別のチームを応援していたけど、アルビレックスは特別だよ」と。


「たくさんお客さんを集める!」というキリハラを中心としたスタッフや、「いいサッカーを見せるんだ!」という選手やコーチングスタッフたちの努力もさることながら、チアリーディングの子どもたちが一生懸命応援してくれているのも、シンガポール人のサポーターが増えてきている大きな理由だと思っています。

しかし、特定の誰かがいるから、何かがあるから、お客さんが集まっているわけではありません。シンガポール人のサポーターやたまたま観に来たお客さんも含めて、会場にいる「全ての人々」が、Jurong East Stadiumを素晴らしい空間に創り上げているのです。
その結果が、現在の観客動員につながっているのです。

素晴らしい空間だからこそ人々は共有したくなるわけで、「また来たい!」「元気が出た!」と言ってくれるのです。そしてそれらが少しづつクラブへの濃密な「愛情」へ変わっていくのです。一朝一夕にできあがるものではありません。

だから、我らがホームスタジアム、Jurong East Stadiumの雰囲気を誇りに思っています。



で、下の写真。
S Leagueは自前のオフィシャルチアリーディングチームを期間限定で作ったみたようです。
「おいおい、大事なのは上っ面じゃないんだぜ…」とちょっと意地悪に思っちゃいますが、
この流れは間違いなくウチのクラブが作ったムーブメントなので、とりあえず見に行ってみます。






欧州サッカースタジアムガイド (エイ文庫)
欧州サッカースタジアムガイド (エイ文庫)野辺 優子 斉藤 健仁

エイ出版社 2006-01-10
売り上げランキング : 262057


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Sunday, April 15, 2012

ダルビッシュ。

日本で素晴らしい成績を残してメジャーに行ったダルビッシュ。
「期待に反して結果を残せていない」と多くの人たちが言うけれど、
今の段階ではそんなの当たり前である。

ボールも違う
ストライクゾーンも違う
マウンドも違う
相手の打者も違う
観客の雰囲気だって違う

海外でスポーツをするというのはそういうこと。
常識を覆されるということ。
これまでの普通がその場所では違うということを理解することがスタートだということ。
稀に簡単に馴染んで結果を残してしまう選手がいるが、
それは圧倒的な実力を持っているか、天才的な吸収力を持っているか、ということ。

だからサッカーに置き換えて例え日本で活躍できている選手でも、
FIFAランクの低いアジアの他国に来てすぐ活躍できるかって言ったら、それは別問題。
多く見られるのが、レフェリーやトレーニングや待遇に不満をこぼしながら帰国、
みたいなパターンなのだけれど、
そんなもん違って当たり前なのである。
日本ではないしJリーグではないのである。
郷に入っては郷に従わなければならないのである。

だから、逆に言えば、
若い選手、特に日本で理解されづらい特徴を持った選手たち、
いいモノは持っているのになかなか試合で使われない選手たち、
「オレはもっとスゴイ選手だ」と思っている選手たちは、
自分が持っている強みや特性をよく理解して、
自分のスタイルと最も合っている国やリーグやチームをもっと一生懸命探すべきだと思う。
本気でサッカー選手を続けたいのであれば、もっともっとチャレンジすべきだと思う。
サッカー選手という職業は世界中どこでもできるんです。


毎度髪を切る時に、
「じゃあ、コレビッシュでお願いします」
といつも頼んでいるのはナイショだ。





プロ野球を統計学と客観分析で考えるセイバーメトリクス・リポート1
プロ野球を統計学と客観分析で考えるセイバーメトリクス・リポート1岡田友輔 鳥越規央 Student 三宅博人 道作 蛭川皓平 森嶋俊行 高多薪吾

水曜社 2012-03-10
売り上げランキング : 9980


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Saturday, April 14, 2012

いやあ、気持ちよかった。


全ては表題の通り。
内容で相手に絶望的なまでの差をつけて先制。
(まあ、ここで畳み掛けられんからアクシデントが起こるわけですが…)
91分に誰が見てもよく分からんPKで同点に追いつかれる。
大歓声で走り回ってる相手のサポーター、相手選手も大興奮。
でも、93分にキャプテン川上のヘッドで再び突き放してホイッスル。
いいねえ。気持ちいいねえ。

まあ、基本的に全試合アウェイですからね。
判定に関しては想定済みでなきゃいかん。
で、その上でさらに結果を残すからこそ評価される。
評価されれば次のステージへ進める。

選手のみんなも頭ではよーくわかってると思うから、
こういう試合で結果を残してもらって経験して欲しかった。
シンガポールで勝つってのはこういうことだぜ、って。
スタッフ岡ちゃんの動画作りにも力が入るってもんです。

出すぎたことは言わないけれど、
タイトル取って自分の未来掴みたいなら、次のTampines戦こそが大事。

Tuesday, April 03, 2012

新ショッピングセンターJCubeに行ってきた。

昨日オープンしたJCubeというショッピングセンターに行ってきた。
ここはウチのスタジアムの最寄りの駅(Chinese Garden)の隣、Jurong East駅にある。

先日もここのマネジメントグループと打ち合わせしたり、
ここを含めて15、6個のショッピングセンターを運用しているCapitaMall Trustの社長と会っ
た時にも「何か一緒にやりましょうね」などとひとしきり盛り上がっている物件。




トガッた外観。同じくJurong EastにあるIMMより駅に近い。
だし、サイズはそんなに大きくない。


入り口すぐにはG-FACTORY。G−SHOCK売ってます。


OPEN日だからなのか人大杉。シンガポールではソフトオープン(全部の店が準備できてなくてもオープンしちゃう)が一般的。ここも例に違わず。


この飲食店は初めて見た。


最近はシンガポール中で見かけます。


ここにはいつもお世話になってます。


シンガポールでは珍しく大規模なアウトドア専門店。


おそらくここの最大のウリ。Franc Franc。いいねー。東南アジア初出店だそうです。


おなじみの和食系。



nana's green tea。日本全国47店舗展開中。お茶のカフェ。おそらく、海外初進出じゃないでしょうか。


メニューは主にお茶。


台湾屋台風の一団。


見入ってると酔っちゃうので苦手なIMAXも入ってます。


スーパーはCold Strage。日本人が多いエリアということで日本食は他のCold Strageよりも充実してる印象。


屋上はJStageという舞台。思ったよりシンプル。




そして!これがショッピングセンター内に設営されたアイススケートリンク!もちろん、シンガポール初!シンガポール唯一の「オリンピックサイズのリンク」だそうです。

エキシビジョンで子どもたちがアイスホッケーしてます。シンガポールには6,7つのアイスホッケーチームがあります。カナディアンスクールの子どもたちが多いようです。

ブーツ、グローブ、ソックスのレンタル込みで2時間S$21(約1,350円)。思ったより高くない。

商魂逞しく、早速アイスホッケーショップが隣に。

当然のようにフィギュアスケート衣装屋さんも。

そして!出てきた!フィギュアスケーターたち!周囲の飲食店から湧き上がる歓声!



シンガポールナショナルチームの選手たちということで、かなり上手でした。というか、そんなチームあったんだな。ショッピングセンターに来ていたシンガポール人の皆さんも滅多に見る機会がないからか、彼女たちの演技を食い入るように見てました。


ウチからも近所なので近日中に滑りに行ってみたいと思います。
アルビSとのコラボもお楽しみにー。