Saturday, May 25, 2013

メルマガ的なモノ。

今さらですが。

毎試合前、試合後にコレナガからメルマガ的なモノを送らせていただいています。
こちらに来て最初の試合からなので、もう6年目ですね。
もちろん、全試合続けてます。

内容は、
試合前:告知
試合後:試合内容、雑感
簡単に言うとこんな感じです。

特に試合後のメールはだいたい直後に書いて夜中に送っちゃいますので、
妙に昂って収拾のつかなくなっていることがほとんどです 笑
しかも、メチャクチャ個人的な気分を書きつらねてますので、
内容が「クラブの総意」なわけでもありません。
とはいえ社長という立場。
そう言い切ってしまうわけにもいきませんので、だいぶグレーなアレですね 笑

基本的には名刺交換させていただいた方に送っているので、
シンガポールにも、
サッカーにも、
あるいは新潟というキーワードにも関わっていない方とも、
当然名刺交換をさせていただいているわけです。
人によっては全く無意味な情報になるので、
「ああ、もしかしたら迷惑メールかもな」と思いつつ、
「名刺交換させていただいたわけだからな」と自分を納得させ、
強引にメールを送ってしまっています。
そのまま迷惑メールボックスに入っている方も多いことかと思われます 笑

「アルビレックス新潟シンガポール情報が欲しい!」
「コレナガの駄文を評価してやりたい!」
「夜中に妙に昂ぶりたい!」
という奇特な方、いらっしゃいましたら、申し込みフォームからご連絡ください。
※アナログで集計しますので、配信スタートがちょっと遅れるかもしれません。



で、参考までに昨日の試合結果のメルマガをここに掲載します。
タイトルにもありますように、
昨日のハイライトは相手からボールを奪って28本のパスをつなぎまくっての逆転ゴールです。
メルマガ内Youtubeリンク先からご覧ください。


タイトル:第14節の結果【28本のパス。】


お世話になります。
アルビレックス・シンガポール是永です。
2013 Sリーグ第14節の結果をご報告させていただきます。


【Sリーグ第14節の結果】

Friday, May 24 2013 1930hrs
@Jalan Besar Stadium
Albirex 2 : 1 Hougang

/A/
Kazuki Sakamoto (42')
Kazuki Sakamoto (58')
/H/
Mamadou Diallo (18')

《スターティングメンバー》
 1   原裕晃
 3 市川祐樹
 5   福田健人
 2   石川雅博
 6   山田樹
 4   堀田秀平
14  佐藤昌丈 (23 福崎冬也 89’)
10  長崎健人
 7   ブルーノ・カスタニェイラ
11  坂本一輝(21 有馬嘉祥 87’)
 9   鈴木慎吾(8 長澤健史 60’)

ベンチ入りメンバー :
1 原裕晃、14 佐藤昌丈、15 佐瀬達也、16 森崎広樹、20 長江悠泰、21 有馬嘉祥、23 福崎冬也

《フォーメーション》
_____11_____
__9_____7__
__10___14__
_____4____
_6__2__5__3_
_____1______

試合詳細はこちらをご覧ください。


熱いご声援ありがとうございました。
試合前には「サッカーカーニバル」で、
150人以上の日本人、シンガポール人の子どもたちを対象にクリニックを開催しました。
その後、そのまま残って遅い時間帯まで声援を送ってくれた皆さんが見守る中、
おかげさまできっちりと、勝ち点「3」です。

試合は序盤からアルビSがボールをコントロールしたものの、
Hougangの前線からのプレッシングによって、
ボールは「DFライン→中盤→DFライン」という往復を余儀なくされました。
なかなか前に進まずにバックパスが多用されるという、イライラする展開。
特に序盤はリズムを作るため、
そして相手のペースに飲み込まれないために意図的にこのようにコントロールしているのですが、
スピードのある相手のプレッシングに動揺したのか、
DFラインでのパス回しに乱れが生じます。

そして、18分。
DFラインで一杯一杯になり、受けたGK原からのパスをかっさらわれて失点という、
目も当てられない最悪の立ち上がりだったことは認めなければなりません。

しかし、今季のアルビSは、どんな状況にあっても慌てることがありません。
リーグ戦で現在2位と結果を残しているだけあって、
「自分たちのサッカーをすれば勝てる」という想いが強いのでしょう。
まさに、「信じる者は救われる」。
頼りになります。

前半終了間際の42分、
右サイドでボールを持った佐藤昌丈がグラウンダーで中央へパス。
少々粗いボールでしたが、
中央で待ち構えた坂本がトラップを含めたツータッチで一気に3人をかわし、
そのままGKと1対1を冷静に沈めます。
HP上のビデオをご覧いただきたいのですが、個の能力が際立ったゴールでした。

同点に追いついて後半に入ると落ち着きを取り戻したアルビSは、
さらに中盤の支配力を高めつつ、
右サイドのブルーノの突破力を生かした攻撃を見せ始めます。

58分。
これが、アルビSの本領です。
相手のボールを奪ってから驚くべきことに「28本」のパスをつないでの得点。
そして特筆すべきは、この間、GKの原を除く全ての選手がボールに触れています。
必見です。

市川からの縦パスに抜け出したブルーノが、
相手のDFを文字通り引きずり倒しながらエリア内に侵入。
鋭いグラウンダーのクロスを放り込むと、そこには再び坂本一輝。
難しいボールを最高のトラップで足元に収め、そのまま右足を豪快に振り抜きます。
ついに、逆転。

ボールをコントロールし、
試合をコントロールし、
相手の綻びを突く。
「居合」のようなスパっとしたゴールは、まさに我々が理想とするプレーです。

その後もいつもどおりにボールをキープしながら危なげない展開に持ち込んだアルビS。
しっかりと勝ち点3をキープし、2位を悠々と泳いでいます。


リーグ初タイトルのために、まだまだ勝ち続けなければなりません。
引き続き、熱いご声援をよろしくお願いします。


【サッカースクール・ジョホールバル校開校!】
ついに、「聖地」ジョホールバルでアルビレックス新潟シンガポールのサッカースクールが始動!

【祝10周年!10ヶ月連続企画!超数量限定gol.Tシャツ!】
大好評10ヶ月連続企画!第四弾は紫色!紫陽花をイメージさせるしっとりとしたカラーリングで、オンオフ問わず重宝することまちがいなし!

【2013シーズンレプリカユニフォーム、絶賛大好評発売中!】
今季からアパレルスポンサーになっていただいたgol.さん入魂デザインの2013シーズンユニフォーム、すごい勢いで売れてます!売り切れる前に是非、ご購入を!

【アルビレックス新潟バルセロナ】
外務省「日本スペイン交流400周年事業プロジェクト」に認定されました!

世界基準のサッカー人へ。全く新しいスペインサッカー留学プログラム。

【Facebookページ】
・アルビレックス新潟バルセロナ
・アルビサッカースクール
・アルビSチアリーディングスクール
・FOOTWORKING
・アルビレックス新潟バルセロナ

【ALBIREX NIIGATA SINGAPORE FC Junior Youth】




爆笑 ! バカすぎる迷惑メール 150連発
爆笑 ! バカすぎる迷惑メール 150連発
鉄人社 2013-02-26
売り上げランキング : 333985


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

No comments:

Post a Comment