Tuesday, November 05, 2013

どうか、誇りを。

こちらに就任してから基本的に欠かさず、
名刺を交換させていただいた方々にメルマガ的な感じで、
毎試合前後にメールを送らせていただいている。

昨晩(というか今晩か…)、リーグ最終節があった。
勝てばクラブ史上最高位の「2位」という試合である。

結果、敗れた。
ただし、それが全てではない。
しかし、選手たちがそれを憂いつつ想うことも、ここにいる「The reason.」なのである。

そんな想いを込めて、メルマガにして送らせていただいた。
以下が、原文である。

もし、興味を持たれた方がいらっしゃれば、
メルマガ登録(もちろん無料)をお願いします。

お申し込みはコチラ。

//////////////////////////////////



お世話になります。
アルビレックス・シンガポール是永です。
2013 Sリーグ最終節の結果をご報告させていただきます。


【Sリーグ最終節の結果】

Monday, Nov 4th 2013 19:30hrs
@Bishan Stadium
Home 3 : 1 Albirex

/H/
Dakyung Kwon (7)
Mohamed Hafiz Bin Rahim (22) Pen
Sirina Camara (75)

/A/
Kazuki Sakamoto (17)

《スターティングメンバー》
1 原裕晃
9 鈴木慎吾
2 石川雅博
5 福田健人
6 山田樹
8 長澤健
14 佐藤昌丈
10 長崎健人
23 福崎冬也(3 市川祐樹 61')
7 ブルーノ・カスタニェイラ
11 坂本一輝

ベンチ入りメンバー :
22 荻野賢次郎、3 市川祐樹、15 佐瀬達也、17 大阪郁馬、19 廣和樹、20 長江悠泰、21 有馬嘉祥

《フォーメーション》
_____11_____
_23_______7__
__10____14__
_____8____
_6__2__5__9_
_____1______

試合詳細はこちらをご覧ください。
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/albirexs/article/552
http://www.albirex.com.sg/index.php?option=com_albirex&view=gameresult&Itemid=105&lang=ja


最後まで熱いご声援ありがとうございました。
お応えすることができず、申し訳ございません。
結果だけ言えば、1−3と敗れ、2位にはなれませんでした。
しかし、選手たちの最後の1秒までひたむきにトライする姿に、心を打たれました。


今年がクラブ創設から節目の10年。
皆さんのご声援を背に、この数年で優勝を争えるクラブへと成長してきました。
そして「今季こそは」と優勝を目指し、クラブ一丸となって取り組んでまいりました。

序盤は想定通りに勝利を積み重ね、単独首位に立ちました。
ところが、突然、約3ヶ月ほど勝利のない日々が続きました。
一旦掛け違ったボタン。
若い選手たちが修正することは、困難でした。
残念ながら最終節を待たずして優勝の可能性はなくなりました。

しかしながらこの最終節を前に、「勝てば2位」という位置につけることができました。
2位はクラブ史上最高位となります。
スポンサー、サポーターの皆さんのご声援、
そして、すべての選手・スタッフの努力の賜物だと思います。
心より、感謝申し上げます。

今季何よりもこだわった観客動員数は、リーグ最多。
多くの皆さんに熱いご声援をいただきました。
また、クラブ主導で行ったSchool Outreach Programによって、
約3,000人の子どもたちと一緒にボールを蹴ることができました。
地域社会との共存をさらに推し進めるため、Yuhua CSCとの提携も行いました。

さらに、ジョホールバル(マレーシア)でのサッカースクール開校を皮切りに、
バルセロナ(スペイン)、そしてプノンペン(カンボジア)と、
今や4カ国で活動するサッカークラブとなりました。
そのどれもが、世界でも類を見ない、オリジナルの活動ばかりです。

その根底にあるもの。
それは「世界で堂々と戦う若い日本人を育てたい」ということに尽きます。

1億2,500万人(現在)→9,500万人(2050年)。
そして、高齢化率は40%へ…。

日本は少子高齢化が進行することによって、
これまで世界中の誰もが体験してこなかった危機に陥ります。
労働者世代の負担増加、経済活動の縮小。
これらが負のスパイラルとなって次々と襲い掛かってくるのです。
結果、放っておいても海外の国々に巻き込まれていくのです。
待ったなし、の状態だと思っています。

ならば、豊かなコミュニケーション力と、確固とした経験を持った若い日本人を育てたい。
海外に巻き込まれるのではなく、海外を巻き込んでいく若い日本人を育てたい。
意識高く自ら物事に飛び込んでいく若い日本人を育てたい。
一人でも、多く。

そうすることで、日本を危機から遠ざけることができるかもしれない。
そう、思っています。

そして、本日。
最後の1秒まで相手に食らいつきながらも、果敢に敗れた選手たち。
どうか、誇りを持って欲しい。

人生に最も必要なのは「ここ」での結果ではありません。
これをプロセスとして様々な方面へ向けてさらなる高みに辿り着くことこそが、
このクラブの「The reason.」なのです。
後は自分の人生。
存分に表現してください。

繰り返しになりますが、
今季もアルビレックス新潟シンガポールを支えてくださった皆さま。
心より、感謝申し上げます。


今季もありがとうございました。


【祝10周年!10ヶ月連続企画!超数量限定gol.Tシャツ!】
http://www.albirex.com.sg/index.php?option=com_albirex&view=news&task=detail&id=1471&lang=ja
今季のベストデザイン賞!? 鮮やかな水色とポップなロゴ!

【2013シーズンレプリカユニフォーム、絶賛大好評発売中!】
http://www.albirex.com.sg/index.php?option=com_content&view=article&id=7&Itemid=97&lang=ja
今季からアパレルスポンサーになっていただいたgol.さん入魂デザインの2013シーズンユニフォーム、すごい勢いで売れてます!売り切れる前に是非、ご購入を!

【アルビレックス新潟バルセロナ】
外務省「日本スペイン交流400周年事業プロジェクト」に認定されました!
http://albirex.cat/press01.html

世界基準のサッカー人へ。全く新しいスペインサッカー留学プログラム。
http://albirex.cat/
http://twitter.com/ALB_Barcelona

【Facebookページ】
・アルビレックス新潟バルセロナ
http://www.facebook.com/ANFCS
・アルビサッカースクール
http://www.facebook.com/AlbirexSoccerSchool
・アルビSチアリーディングスクール
http://www.facebook.com/albcheer
・FOOTWORKING
http://www.facebook.com/pages/Footworking/338897272825203
・アルビレックス新潟バルセロナ
http://www.facebook.com/albirex.cat

【ALBIREX NIIGATA SINGAPORE FC Junior Youth】
http://www.albirex.com.sg/index.php?option=com_albirex&view=news&task=detail&id=1158&lang=ja

No comments:

Post a Comment