Thursday, January 31, 2013

念願のクラブ登録。

昨日バルセロナからシンガポールに帰ってきたのですが、
もうこちらに住んで6年目に入っているわけで、
チャンギ空港に到着した時の安心感と妙なガッカリ感が融合されて、
言葉にできないニヤニヤ感になるあの瞬間が病みつきです。

さて、アルビレックス新潟バルセロナですが、
カタルーニャスポーツ協会にクラブ登録を済ませてきました。
かかった時間は5分程度でしたが…。
これで公式にカタルーニャ州リーグに参加できるようになったわけです。
大いなる一歩です。

クラブの役員である、
President、Secretari、Tresorer。
カタルーニャスポーツ協会前の貴重な3ショット。

バルサだってスイス人のガンペールさんが立ち上げたクラブだったわけで、
アルビレックス新潟バルセロナがいつの日にかチャンピオンズリーグの常連になっていてもおかしくないわけですね 笑。
そんなときはもちろんスタジアムツアーなんかも開催されていて、この写真が額縁に入って飾られていたりするかもしれないわけで…。
小さな一歩ですが、夢が広がります。



そして今回は改めてカタルーニャ州4部リーグを見てきましたが、
コレナガの知るそれと違うレベルのものが目の前で展開されていました。
「あれ…?結構強い…?」
戦術やボールタッチなどには心を動かされるモノはありませんでしたが、
フィジカルが予想外にかなりまとも(失礼!)な感じで、
いわゆる縦ポンとフィジカルコンタクトを厭わないヨーロッパのサッカーそのまんまを見せてもらいました。

バルセロナでCasa de Barcaという宿を経営されている岡崎さんと一緒に行ったのですが、
「おそらくこの試合は4部のクラシコですよねえ。首位決戦ですもんねえ。間違いない」
なんて呑気なことを言ってましたが、
後日岡崎さんに調べていただくと、「10位と12位の試合でした…」とのこと。
見に行って良かった。

日曜日に僕らがサッカーしてる脇でやっていた、
憧れのカタルーニャ州1部リーグの試合もボール蹴りながらちらちら観ていたのですが、
4部リーグと比較してさほど大きな違いを感じなかったので、
もしかしたらかなりリーグ全体がコンペティティブなのかもしれません。


さて、今回はアルビレックス新潟バルセロナのホームスタジアム(いや、ホームグラウンドと言うべきか…)も物色してまいりましたが、
そこで珍しいものを発見してしまいました。

ん?見慣れたカラー?

そうなんです。バルサのラグビーチームなんです。

おお!14番もいた!

FCバルセロナの戦術分析 オフェンス編
FCバルセロナの戦術分析 オフェンス編アタナシアス・テルジス 村松尚登

スタジオタッククリエイティブ 2013-01-25
売り上げランキング : 1135


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Thursday, January 24, 2013

ポジティブな毎日。

本日はバンダイナムコさんの幹部候補生の皆さんに、
Jurong East Stadiumのクラブハウスで講演させていただいていました。
ネタは「未来予想図〜今すぐ海外に出るべき7つの理由〜」です。
そもそもコレナガは一般企業の皆さんからすれば「イロモノ枠」、という自覚もありますので、
なおさら恥ずかしくないよう全力でお話させていただきました。
ちっぽけかもしれませんが、皆さんの心に何かが残っていたらとても嬉しく思います。

今晩より少しの間バルセロナに向かいます。
いよいよ、アルビレックス新潟バルセロナをスポーツ団体として公式に登録します。
まだリリースしていませんが、この事業があるプロジェクトに認定されましたので、
さらなる急展開が待ち受けていることでしょう。
ワクワクです。

さて、アルビレックス新潟シンガポールは、
選手、スタッフともにトレーニングに励んでくれています。
開幕まであと1ヶ月ほど。今日もトレーニングマッチがあります。
最近は時間があればトレーニングを見ていますが、
それぞれの選手たちが急速に進歩しているのが目に見えて分かります。
これからチームとしてまとまっていくのが楽しみで仕方ありません。

幸せな仕事をさせてもらっているなあ、その分責任は重いなあ、
だから残り何十年かの人生をこれからもポジティブに過ごしたいなあ、と。
生きてりゃ色々ありますが、小さなことにこだわらずに進んでいきたく思ってます。

A型だけど。



人生の9割は血液型で決まる!
人生の9割は血液型で決まる!小萩 喜一

世界文化社 2012-11-17
売り上げランキング : 10641


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Friday, January 04, 2013

GKトレーニング。




新年早々、村松さんがGKのトレーニング動画をFB上でシェアしていました。
面白かったのでここでシェア。

フィールドの選手もそうなんだけど、
特に単調になりがちなGKのトレーニングは、

  • 飽きさせない
  • 連続した運動
  • 瞬発力
  • 集中力

あたりが重要なんですよね。
色んなコーチのトレーニングを見ていても強く思うところです。
この動画はそんなところが全面的に押し出されているので、
新年早々、フルで見てしまった。


テクニックはあるが、サッカーが下手な日本人 日本はどうして世界で勝てないのか?
テクニックはあるが、サッカーが下手な日本人 日本はどうして世界で勝てないのか?村松 尚登

武田ランダムハウスジャパン 2009-05-26
売り上げランキング : 23400


Amazonで詳しく見る by G-Tools

Tuesday, January 01, 2013

あけましておめでとうございます。

いつもお世話になっている皆さま、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

昨晩、大晦日の夜はアルビS杉山監督と、
クラブハウスで来季の構想と進め方などサッカー談義(とビール)に花咲かせ、
その後、おなじみ居酒屋「なにわ」へ移動。
年越しそばなどいただきながら新年を無事に迎えることができました。

さて元旦の本日、一年の計は元旦にあり、ということで、
いつものように2013年の目標を箇条書きにしていました。
10年後の自分から逆算したものをベースに、
改めて本年だけを抜き出して推敲していたのですが、目新しいモノが、全くない。
あまりの「脱」新鮮ぶりに新年早々少々落胆したものの、
よくよく考えれば当たり前だなあ、と。
半年くらい前には大体のイメージが既に出来上がっていて、
それに向かって熟考しながら計画を立ててきているわけで、
いきなり目新しいモノが出てきたら今までの努力は何だったんだ、と 笑

コレナガのジンクスには「書いた目標はほとんど叶う」、
というものがありがたいことにあるので、
例年通り順調に進んでくれれば、とってもステキな1年になると思っています。
(もちろん、途中で修正は入れたりするのですが 笑)

そしてもう一つ、
年初にはコレナガ個人のスローガンを掲げるという風習があります。
2013年は「誇り」にしました。
自分の生き方、仕事、家族、行動。
スタッフや選手たちの幸せ。
全てに誇りを持ち、胸を張って2013年を過ごそう、と。

そのためにはそれらに対する責任をもっともっと感じなければなりません。
「誇り」があるから「責任」が生まれ、軸を曲げずにさらなる発展を望むことができる。
そういう流れを強く意識して歩みたいと思っています。

明日からは今をときめくスター(?)が日本から来てウチに何日か泊まりますし、
オフィスも通常営業が始まりますので、当たり前の日常が始まります。

いやあ、2013年もワクワクです。


世界一簡単に目標がかなう 成功脳の作り方
世界一簡単に目標がかなう 成功脳の作り方苫米地 英人

日本文芸社 2008-11-27
売り上げランキング : 13397


Amazonで詳しく見る by G-Tools