Wednesday, June 26, 2013

もういい加減にして欲しいシンガポールの天気。

昨今、日本でも話題になりまくったシンガポールのHaze。
簡単に言えばインドネシアはスマトラ島からの焼畑農業による煙害。

「試合延期になっちゃったじゃないかー」
「販売用の弁当どうしてくれるんだー」
とか、序盤はまだまだ余裕があったんですね。

ところが、煙害の被害はスゴイ勢いで拡大していって、
「老人と子どもの生命に危険レベル」400psiを超えて401psiまで突き抜けたわけです。
シンガポール国家からは「用がなければ家から出るな」宣言。
とはいえ家に引きこもっているだけでも喉痒いし埃積もるし洗濯できないし、
何より業務にも大きな支障が出てくるのです。

さて、業務に出た支障の数々。

  • 練習会場の変更。
  • 試合の延期。
  • 食堂の休業。
  • サッカー、チアスクールの休校。
  • カジノ来客数激。
などなど。

それぞれにいちいち想定外のコストがかかるわけですね。
もうこれだけで、痛い。
心から痛い。

※ちょっと風向き変わって煙が流れていった先のマレーシアは746api(マレーシアではapiと表します)という何が何だか分からない数値を叩きだしてますが、もしかしたら「臭いものには蓋国家シンガポール」の最大数値もそのくらいあったんじゃないかと疑ってます。

とにかく、「早く大雨降って焼畑の煙を消し去ってくれ!」
と、真剣に願っていました。


そして昨日――。
願いが叶ったのか、スタッフムラナカから大雨を伝えるメールが届きました。
↓以下、コピペ。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
是永 社長


お疲れさまです。

先ほど、
暴風、大雨、雹がふりスタジアムのバナー、看板のほとんどが
外れました。

以上、報告です。

村中
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

やった!雨だ!大雨だ!嵐だ…!?

…って、雹!?

何!?看板が…!?

というわけで添付写真の悲惨さを見て驚愕し、再びアタマを抱えるのでした。
Hazeと合わせた被害総額はS$………、
考えたくもないけど大打撃レベルなのは間違いない。
誰にも請求できないし。
天災キライ。

試合延期となった日のウォーミングアップ。
煙かったけど、まだマシだったんだな… 涙

一夜明けて、ウチから見た煙。
これでもカメラが優秀に感じるくらいよく撮れてる。


そして、ムラナカが送ってくれた雹の写真。
絶対楽しんでるだろ!(怒

ゴール裏のバナー…、
一枚も残らず全部剥がれちゃいました。

バックスタンドの看板も悲惨なことに…。

嗚呼、gol.さん申し訳ございません…。




ノストラダムスの大予言
ノストラダムスの大予言冨田勲 サントラ

バップ 1996-10-02
売り上げランキング : 17622


Amazonで詳しく見る by G-Tools



Saturday, June 15, 2013

古賀さんの娘さん。

自慢じゃないけれど、AKB48を筆頭にアイドルには疎い。
昔から露骨に女子を愛でることは何となく憚られてしまう質なので、
部屋にアイドルのポスターを貼るなど考えられない。
奥寺さんやクリンスマンのポスターは貼っていたのだが、そのケはもちろんない。

なので、カラオケなどでAKBの歌なんかを完璧にコピーして踊れる人を横目で見ながら、
「あー羨ましいなあ」
と素直には言えない人種なのである。
告白すると、実際は、羨ましい。

さて、この導入から古賀琢磨さんへと話はぶっ飛ぶ。
現在シンガポールU-14代表監督を務めている古賀さんは、
ご存知、黄金時代初期のジュビロ→エスパルス→セレッソとJリーグ262試合出場を果たし、
かつ、今でもほとんど体型の変わらないナイスガイ先輩である。

どこまでも腰が低い丁寧な方なので、
「どこまでが本心なんだろう」と正直、訝しく思っていたこともあったが、
一緒に呑んだりサッカーする機会が増えると、
「ああ、気の置けない方だな」、
「どこまでも本心なんだろうな」、
と、今では80%くらい信じるようになった 笑
とってもステキな先輩です。

前置きが長かったが、実は古賀さんの娘さんがアイドルグループにいるらしい。
おお。衝撃である。
「Blogとかで紹介してよー」
「お礼はビール10杯でいい?」
ということなので、燃えた 笑

グループの名前も教えていただいたので、早速調べてみた。

Little Glee Monster
というグループで、メンバーの「かれん」さんが古賀さんの中学生の娘さんらしい。

“歌声だけで人々の心をひとつにすること” そんな夢を抱いた最強の歌少女たちが日本全国から集まって結成。 Gleeとは「心を解放し、歓喜すること」が語源の音楽用語。 小さな歌のモンスターたちが、力強い歌声と透き通ったハーモニーを武器に、世界に通用する本格的シンガーユニットを目指します。”

という触れ込みに負けず、中学生とは思えない抜群の歌唱力を見せてくれます。
これはなかなかスゴイぞ。
↓この方が娘さん。期間限定配信中とのこと。



ソニー・ミュージックとナベプロがバックということで、後方支援もバッチリです。
立ち上がったばかりのグループなのに多数のメディアで公式ページを。

FB:http://www.facebook.com/LittleGleeMonster
Twitter:http://twitter.com/LittleGleeMonst
Youtube:http://www.youtube.com/user/LittleGleeMonsterYT
USTREAM:http://www.ustream.tv/user/LittleGleeMonster

アイドルっていうか、もうちょっと本格的な匂いのするグループですね。
先にも書いたようにアイドルには全く疎いのだが、それくらいは分かるぞ。


↓つーか岡田さんいつの間にこんな本出してたんだ 笑

アイドルのいる暮らし
アイドルのいる暮らし岡田 康宏

ポット出版 2013-04-05
売り上げランキング : 43825


Amazonで詳しく見る by G-Tools

Friday, June 14, 2013

近藤篤さん。

今まで隠したこともないのだが、ずーっと前から近藤篤さんの大ファンなのだ。
サッカーの仕事をしていればいつかはお会いできるだろうと思いつつまだお会いしたことがないのだが、
もしかしたらどこかの現場でお会いしているかもしれない。
「左利きのテクニシャンだ」
「なかなか俊敏なドリブルをする」
という噂は、これまで耳にタコができるほど聞いてきた。
ちなみに、近藤篤さんは写真家だ。

著書、「木曜日のボール」、「ボールの周辺」はそれぞれ日本用と海外用とで2冊ずつ持っている。
年をとって出張や旅行の荷物を減らす趣向になった今は変わってしまったが、
以前はスパイクを持っていく回数と同じくらい、「木曜日のボール」をトランクに忍ばせていた。
文字通りのバイブルなのである。

そもそもコレナガには「サッカーは22人のものじゃない」という、大げさに言えば思想があって、
世界中のほぼ全ての国で愛されているサッカーという競技のその周辺のことこそがこのスポーツの本質だと思っていて、
つまり、逆説的には、世界中の全ての事象がサッカーに結びついているのだ、と思っている。
ちょっとややこしいけど。

近藤篤さんはその著書によって、
「あー、そうそう。こういう世界が最高なんだよなあ」
と、このコレナガのロマンを掻き立て、そして増幅させてくれたのだ。

好きが乗じて、ご存知天下のサッカー新聞エルゴラッソに、
「エセ近藤篤な感じでやらせてちょうだい」
と、写真と原稿でテーマはフリー、でも何となく文字数だけは決まっているという、
今考えてもムチャクチャな連載をさせていただいたことがあった。
※川端前編集長、今でも原稿持ってたら送ってください 泣
そう言えば、スポプレという媒体でも同じテーマで毎月連載させてもらったことがあったなあ。

とにかく、近藤篤さんの真似事をしてみて、
「全く何もかもが追いつかないなあ」
などと、入稿するたびに才能の限界に痛切に打ちのめされる日常がしばらく続いた。
とにかく、嫉妬すら覚えるほどの鬼才なのである。
そもそも勝負するのが間違っている、というご指摘は甘んじて受け入れる。

さて、その近藤篤さんが「ボールピープル」という本を出版された。
Numberで取材された写真を中心に、250ページ以上にわたって「近藤節」が炸裂している。
ひたすらに、濃厚。
ひたすらに、苛烈。
魅力が溢れんばかりに詰まりまくっている。
超絶オススメ。

ちょっと分厚くて重いのだが、
次の出張からはしばらくトランクに入り続けるんだろうな、と覚悟は決まった。


ボールピープル
ボールピープル近藤 篤

文藝春秋 2013-05-29
売り上げランキング : 7098


Amazonで詳しく見る by G-Tools

木曜日のボール
木曜日のボール近藤 篤

日本放送出版協会 2001-07
売り上げランキング : 302565


Amazonで詳しく見る by G-Tools

ボールの周辺
ボールの周辺近藤 篤

日本放送出版協会 1999-12
売り上げランキング : 364895


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




Monday, June 10, 2013

2ndシーズン、アルビレックス新潟バルセロナ。

まだ最初のシーズンが始まってもいないのですが、
今週末の6月15日(土)から、
2シーズン目となる2014−15シーズンに向けた、
「アルビレックス新潟バルセロナ」の説明会がスタートです。

しかも、今年は大阪スタート。新大阪駅すぐそこ。
ひょっとしたら地域性なのか、昨年は関西エリアの方からの需要がとても多かったため、
今年から大阪での説明会も開催することにしたというわけです。

おかげさまで最初のシーズンの準備もとても順調で、
既報ですがクラブ登録も終え、ホームスタジアムも決まり、
外務省の「日本スペイン交流400周年記念事業プロジェクト」にも認定されまして、
(日本側名誉総裁は皇太子殿下!)
さて、いよいよ始まるぞ、という機運が高まって参りました。

↓ちなみに、日本スペイン交流400周年事業プロモーションビデオ。


さて、このアルビレックス新潟バルセロナですが、
公式HPをご覧になっていただけましたらお分かりかと思いますが、
「プロサッカー選手」を生み出したいとは全く思っておりません。
そう思う方は別の道を選んでください、と皆さまにもお伝えしています。
スペインでプロサッカー選手になる、というのは残念ながら夢物語であって、
それだけのためにスペインに向かった何人の若者が、時間をムダにしたことか。
(なぜ無理なのかということは公式HPをご覧ください。)

シンガポールもバルセロナも然り、なのですが、
基本的にはコレナガの中長期ライフワークである
「海外で堂々と戦う若い日本人の育成」
に主眼を置いています。

詳細は再び公式HPに譲るとしまして、シンプルに言うと、
一般的に日本人の若者が最も苦手とする「コミュニケーション能力」を高めるために、
・言語
・サッカー
という世界に通ずる2つのツールを、
1年かけてバルセロナという世界最高の街でみっちりと習得しようじゃないか、
というわけです。

しかも今回習得するスペイン語に関しては世界で約13%の人々が生活言語としています。
(※兄弟言語のポルトガル語も含めた人数)
ところが日本では0.1%に満たないわけです。
その差分、約12.9%の「何か」を日本とそれらの国々の間でロスしていることは明らかなわけです。
そこをつなげる人間になれれば、十分に「海外で堂々と戦える」と思うのです。
サッカーの世界でも。
それ以外の世界でも。

実際の留学費用を支払ったり助けたりする親御さんにしても、
「サッカー留学」という何を手に入れるか分からないフワフワとしたものよりも、
必ず言語を習得できるという方が安心ですよね。
(希望者の皆さん、是非、説得材料に使ってください 笑)

説明会はコレナガのセミナー方式で行われます。
いつものネタではございますが、
「未来予想図」
「今すぐ海外に出るべき7つの理由」
の2つのテーマがメインです。
単に、バルセロナ留学の説明を垂れ流す時間ではございません。
せっかく皆さんにお会いできますので、刺激的な時間にしたいと思っています。

「どうしてもアルビレックス新潟バルセロナに行きたい!」
という方々はもとより、
「何となく話を聞いてみてもいいかもな」
「実はサッカー留学には興味があんまりないな」
「全くの興味本位なんだな」
「とりあえずコイツの話を聞いてやってもいいな」
という方々、
世の中、一期一会でございますので、大歓迎でお待ちしております。
親御さんもよろしければ、是非。

詳細は以下ページより。
http://albirex.cat/meeting.html


バルセロナを極める11の視点 サッカー史上最強のクラブを再考するアンソロジー
バルセロナを極める11の視点 サッカー史上最強のクラブを再考するアンソロジー中村憲剛 羽中田昌 西部謙司 小澤一郎 清水英斗 北健一郎 他

朝日新聞出版 2013-05-21
売り上げランキング : 16486


Amazonで詳しく見る by G-Tools



Friday, June 07, 2013

アルビレックス新潟ジョホールバル。

明日、6月8日(土)から「アルビレックス新潟ジョホールバル」がスタートします。
参考URL

ご存知「ジョホールバルの歓喜」があった、言わずと知れた日本サッカーの聖地でございます。
ついに、足を踏み入れてしまいました…。

正確に言うと「アルビレックス新潟シンガポールサッカースクールジョホールバル校」
ということになります。
妙に長いですけどアレですね、名前だけで何だか分かりますね 笑

ジョホールバルで日本人を対象にサッカースクールを無料で開講していた、
JJFCの西川さんという方がいらっしゃいます。
JJFCさんはジョホールバルの大人の草サッカーチームで
コレナガは昔から何かとご縁深くさせていただいておりまして、
年に1度のJ-ASIAというアジア中の日本人サッカーバカが集まる大会に、
過去2回ほどJJFCに混じって参加させていただいております。

JJFCの西川さんには随分とお世話になっておりまして、
アルビSで抱えきれない問題を数えきれないほど投げてしまいました。
コレナガの超個人的なムチャなお願いも随分たくさんしてしまいました。
いずれもここでは書けない問題ばかりです 笑
どんなときでも快く受け入れてくれたスーパーナイスガイです。
大尊敬&大感謝です。

ところがその西川さんが12年(だっけ?)の長きに渡るジョホールバル生活を終え、
あと数日で日本に本帰国ということで、
サッカースクールの継続ができなくなる、と。
「ならばアルビさん、頼まれてくれないか」
と、恩返しの機会をいただいたわけで、ここぞとばかりに喜んで忠義を尽くさせていただこう、と。

そんな経緯があって、ジョホールバルでサッカースクールをスタートさせていただきます。
JJFCの皆さんもホントにステキな方ばかりなので、引き続き交流を持たせていただき、
ムチャな呑み会の機会を増やしていただけましたら我幸いなのです 笑



日本代表 歓喜!フランスへ! 日本VSイラン [DVD]
日本代表 歓喜!フランスへ! 日本VSイラン [DVD]松木安太郎

ポニーキャニオン 2002-04-24
売り上げランキング : 14821


Amazonで詳しく見る by G-Tools

Thursday, June 06, 2013

JリーグとSリーグの提携。

昨日、ようやくこの日を迎えることができました。
コレナガも微力ながらお手伝いさせていただいた、
JリーグとSリーグの提携(MOU)の調印式です。
もちろんそもそも決定権などございませんので、
お手伝いといえども大それたことはしてません。
「お前がいなければできなかった!」という類の仕事では全くありません。

ご存知、コレナガが全面的に賛成するJリーグのアジア戦略ということで、
東南アジア諸国との提携はこれで5カ国目。
シンガポールのケースでは提携の内容も他のアジアの国々よりは具体的になっていると思うので、
さらに両リーグにお手伝いできることが増えていくのではなあ、と思うのです。

大東チェアマンも仰っておりましたが、今後はまさに「内容」が問われると思います。
極論言ってしまえば結ぼうが結ぶまいがどうでもいいんですよね。
MOUは。
両国がパートナーとなって何を実績として残すのか。
そここそに今後のJリーグの未来と可能性があるのだと思うのです。

いずれにしてもこの提携がなされたことによって、時代に大きなうねりが生まれると思います。
もしかしたら、アルビレックス新潟シンガポールの役割の一つは終えたのかもしれません。
立ち位置を変えるべきときが来ているのかもしれません。
いや、違いない。

幸い「変化」は大好きなので、今後数年が楽しみで仕方ありません。
やるぞー。




サッカービジネスの基礎知識―「Jリーグ」の経営戦略とマネジメント
サッカービジネスの基礎知識―「Jリーグ」の経営戦略とマネジメント広瀬 一郎

東邦出版 2012-02-21
売り上げランキング : 22345


Amazonで詳しく見る by G-Tools