Monday, July 22, 2013

一票の格差を作ってしまえ。

昨日の参議院選挙は自民党の大勝、ということで、それ自体の良し悪しは今後見えてくる、というか、良くなってくれなきゃそろそろ日本が本気で危ないぞ、と思っているわけですが、いずれにしても一旦振れたらどこまででも振りきってしまう日本人の特性はこれはもう文化だな、と。例えば戦時中の「進め一億火の玉だ」なんてのも今だから「そんなのないないw」なんて鼻で笑えますが、当時の日本人たちは「火の玉だー、火の玉だー」と何の疑問もなく叫んでいたんだろうな、ということは容易に想像がつくわけです。良くも悪くもそれが日本人。

で、前回の衆院選のときくらいから考えていたのですが、「一票の格差」ってのはあってもいいんじゃないか、と。話題にされる地域間格差はあってはならないと思いますが、今後の日本に大きな影響を与える「世代間格差」を埋めるための施策としてムリヤリ制度化できないものか、と考えています。

2006年に約1億2,800万人でピークを迎えた日本の人口は、2050年には約9,500万人になる、と想定されています。約25%ダウンですね。単純計算で順調に(行ってもらっては困るのですが…)行けば、経済活動が約25%シュリンクする、ということになります。さらに高齢者は「5人に1人」から「3人に1人」となります。労働者人口も少なくなるわけです。当たり前のように給料が下がる、生活レベルも下がる。これまでのように日本に守られてのうのうと生きることは難しくなってくることは火を見るより明らか。また、全世界の人口は今後さらに増えていきます。国際競争力、国際的な地位の低下は避けられません。もちろん、それら負のスパイラルを打ち破る産業の発展、という可能性はなくはないのですが、現在の日本の規制だらけの法律では、そこに明るい未来は見えません。

1954年から1973年まで20年間にわたって奇跡的な高度経済成長を遂げた大きな要因の一つは人口増加だと思っているのですが、残念ながら日本が今後その恩恵を受けることはありません。人口減少、とりわけ労働者人口の減少が致命的です。

たとえば、現在の人口。
20代:1,340万人
60代:1,820万人
というわけで、20代の人口は60代の70%くらいしかいません。
なので、若者の選挙においての影響力は70%くらいしか持っていません。極論になりますが、20代全員が投票しても、60代全員が投票した候補者には絶対に勝てません。60代にウケる政策を提示すれば、その候補者は必然的に当選します。

人口が健康的に増加していく、若者の有権者が多いキレイな三角形のときには選挙に「未来」への想いを込めることができるのですが、逆三角形状態のときは、高齢者にウケがいい、極めて刹那的な政策が選挙結果に表れがちです。それが「未来」に悪影響を与えるとしても、です。例えば日本を破綻に追い込む年金問題。本来は若者にこそふりかかってくる大きな問題なのに、高齢者の既得権益を守るため(=票を稼ぐため)に、ずーっと先送りになってきた結果、現在のこの酷い状態になっていると思うのです。ここにこれまで論じられることの少なかった民主主義の致命的欠陥があるのでは、と。少子高齢化は日本が世界をぶっちぎりでリードしているものですから、どこより早くこの問題にぶち当たっているわけですね。

そこで、世代間格差を埋めるための「一票の格差」です。

有権者全体から算出した各年代の割合でそれぞれ指数を定める、と。
60台を1としたとき、
20台1.7倍
30台1.5倍
のように票1つあたりの係数を定めて換算していく。

おそらく選挙結果が変わってくるでしょう。若者の声が日本に届くことが増えてくるでしょう。すると、規制緩和ができる環境が整う。既得権益とそれを守るための法律でがんじがらめでどうやっても成長戦略が描けない日本を変えるためには規制緩和、特に新興産業に対するそれしかないと思っています。

さて、上記の仮説。もちろん、若者が投票に行くことが大前提です。
ちなみに以下が主な国の投票率と罰則です。
シンガポール(選挙権はく奪)・・・93%
オーストラリア(罰金)   ・・・93%
ベルギー(罰金・選挙権制限)・・・89%
ウルグアイ(罰金・権利制限)・・・90%
トルコ(罰金)       ・・・88%
ブラジル(罰金)      ・・・82%
イタリア(罰則なし)    ・・・81%

今回の参院選の投票率は皆さんご存知の通り、52.61%…。若者がどれくらい、というデータはありませんが、おそらくこの投票率を下回っていると思われます。おいおい。危機感あるのか、と。国民ひとりひとりが日本の将来を担っているという意識がないと、想像している「当たり前」の未来なんてどこにもないぞ、と。

なので、破綻が目前に迫ってきている日本の将来を真剣に問うため、この際、罰則を作ってしまったらどうでしょう。そして、世代間格差を埋めるため、一票の格差を作ってしまったらどうでしょう。

一つだけ言えること。何かを変えなきゃ、日本が終わってしまう。


「若者奴隷」時代 “若肉老食(パラサイトシルバー)”社会の到来 (晋遊舎ムック)「若者奴隷」時代 “若肉老食(パラサイトシルバー)”社会の到来 (晋遊舎ムック)
山野 車輪

晋遊舎 2010-03-15
売り上げランキング : 89757

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Wednesday, July 17, 2013

八百長。

まさかのY!ニュースのトップになったこの記事
サッカーと八百長の関わり。

こう言ってははばかられるのだけれど、
世界中のプロサッカーリーグの試合で八百長がこれまでなかったのはJリーグだけ、
と断言してもいい。
詳細に調べたことはないけれど、
調べるまでもなく世界中あちこちから八百長の歴史を伝え聞く。
Jリーグの組織や制度設計の素晴らしさもさることながら、
日本人の日本人たる清廉潔白な国民性がそうさせているのだと思う。
これって海外に出ると身に染みる、誇るべき国民性。
ホント、日本人は素晴らしい。

記事内では低所得の選手や審判が特に狙われやすいとあるけれど、
まさに、その通り。
ワンショットで何億、何十億というカネが動く世界を前に、
東南アジアの月収ウン百ドルだったりする選手や、
1試合数十ドルで笛を吹く審判はあまりにも無力。
「1万ドルあげるよー」と持ちかけられれば、数年分の稼ぎにはなってしまう。
モラルさえ無視すれば、誘う方も誘われる方も実にハードルが低い。
だから当たり前のようにビジネスが成立してしまう。

もっとも、所得だけの問題ではないのかもしれない。
若かりし頃のアイドルの一人だった「ワンステップPK」ペッペ・シニョーリですら、
甘い汁をすすっていたと報じられたときにはさすがに衝撃を受けたけれど。
ついでなので動画。

そしてシンガポールといえば「八百長の総本山」のような言われ方をする。
以下に紹介した本の書き出しでもシンガポールが出てくるし、
調査でそういう組織があることが明らかになっているようなので、
悲しいかな実際にそういうことなんだろうけれど。
「若い中華系で考えられないようなイイクルマに乗っている連中はたいてい八百長の奴らだ」
とは、知り合いのシンガポール人談。

しかし、そんな組織があるのを知ってか、Sリーグでの八百長対策はとても厳しい。
以前、何度か八百長があった。
一番最近では7、8年くらい前のことだと思う。
我々と同じような海外クラブ(中国の某クラブの育成クラブ)が、
真っ黒に近いグレーの疑惑を残したまま撤退した、ということは聞いている。

現在はSingapore PoolsというBettingの会社がスポンサーをしていることもあって、
リーグ全体で八百長撲滅に取り組んでいる。
選手やスタッフたちもサッカーくじどころか賭博すらできないし、
その契約書にシーズン前にサインさせられる。
現在は八百長の疑惑があった場合、個別にウソ発見器にかけられる。
「ウソ発見器って!」と、冗談みたいなウソだと思っていたのだけれど、
話していた時のリーグ上層部の本気かつ何故か得意げな顔を見て本当なのだと信じた。

八百長が正しいこととは全く思わないし、肯定する気もゼロなのだが、
乱暴な言い方をすれば現時点の世界のスタンダードは、
八百長も含めて、「サッカー」なのだと思う。
これが、現実。

ある、ということを肝に命じ、
それを前提に物事に取り組まないと、思わぬところで躓いてしまう。

もちろんアルビレックス新潟シンガポール、
及び現在のSリーグにはそんな疑惑は微塵もないことは付け加えておく。

↓サッカーと八百長の歴史については以下の文献がメチャクチャ面白い。

黒いワールドカップ (現代プレミアブック)
黒いワールドカップ (現代プレミアブック)デクラン・ヒル 山田 敏弘

講談社 2010-06-11
売り上げランキング : 136124


Amazonで詳しく見る by G-Tools

サッカーの敵
サッカーの敵サイモン クーパー 後藤 健生 Simon Kuper

白水社 2001-03
売り上げランキング : 260777


Amazonで詳しく見る by G-Tools



Monday, July 15, 2013

脳味噌補完計画。

最近どうも、生来の忘れっぽさに磨きがかかっている。

打ち合わせ時間の変更依頼など大事な連絡をしなければならないのを忘れたり、
あの日あの時あの場所で何をしてたかさっぱり思い出せなかったり、
誰かに「こないだ楽しかったですね」なんて言われて頭上に「?」が飛び交ったり、
飛行機の出発時間をざっくりとしか覚えてなかったり(これは覚える気がないからか)、
酒を呑むと記憶を失くす頻度が高まったり(これは呑む量の問題か)
まあとにかく、まだ36歳なのに末期的症状のオンパレード。
我ながら情けない。

「未来のことばかり考えてるから過去のことは忘れるんだ!」
と、これまで周囲には豪語していたのだが、シャレにならないレベルになってきているので、
身の危険を感じているのもまた事実なのである。

アレコレと試行錯誤した結果、最終的にはEvernoteに頼っている。
これまでWebクリップを主にまあまあ活用していて、
「ああ、容量制限が近いな」と遠慮しがちに使っていたレベルのEvernoteだったが、
ライフログ含めて残りの人生の全てを放り込むべく数ヶ月前にプレミアム会員になってしまった。
今さらながら、いざ、脳味噌補完計画のスタートである。

年間4,000円程度なので、WEBサービスとしては一瞬高価に感じてしまうけれど、
考えてみれば1ヶ月400円弱の出費にすぎない。
シンガポールの昼ごはん1回分だ(眠くなるから滅多に食べないけど)。
これで送信限度1GB/月に容量アップできて、
オフライン表示にも対応してくれて(今度はiPadの容量が心配になってきたけど)、
セキュリティも強化される。
もっと早くプレミアム会員になっておけばよかった。


とはいえまずは、交通費清算の時間を超絶短縮することを目標としている。


EVERNOTEの教科書 Evernote 5 対応版 (タツミムック)
EVERNOTEの教科書 Evernote 5 対応版 (タツミムック)
辰巳出版 2013-03-27
売り上げランキング : 15822


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Sunday, July 14, 2013

ブレイクスルー。

ブレイクスルーする瞬間ってありますよね。
「ああ、なんて簡単なことだったんだ!」
って。

本日も朝から部屋にこもってカーテン閉めて真っ暗にしてBOSEのQC15を装着してクーラーを微弱につけてひたすらにウンウン唸っておったわけですが(病気じゃなくてw)、
…、あんまり捗らなかったんですね。

これ以上はムリ!ってくらい環境を完璧にして臨んでいるのにほとんど進まない。
これは気分転換だってことで、
「頭脳には糖分だ!」って、炭水化物ダイエットしてるのに、
ウチの下のショッピングセンター行ってバーガーキングでセットですよ。
しかも楽勝のサイズアップですよ。
昨日はKLから帰ってきてStar Vistaの麺屋武蔵でつけ麺5玉(=600g)食べてしまったので、もしかしたら炭水化物欲求が爆発してるだけなのかもしれないですけど。

とにかく、期日も迫ってきているからモチベーションとかって問題じゃなく、
明らかにボトルネックが見つかってなかったんだろうなってことですね。
「あ、これだ!」と、そのうちにいくつか見つかったので、
WEBで色々と調べ物をしていたのですが、何でか答えが見つからない。
まあ、全部がネットに載ってるワケじゃないってことですね。

で、夕方。
「もう全然分からん!」って爆発しそうになり、
コレナガが「軍師」と仰ぐある人に電話して疑問を次々とぶつけたら、
1時間くらいであっという間に全てが解消しましたとさ。
恥ずかしながら、超初歩的な質問ばかりです。
いいぞ、諸葛亮。

もうですね、最近プライドとか全然ないので、
「先生!よく分からないのでよく分かりません!」
と元気よく質問することにしてるのですが、おかげさまで気持ちいいほど圧倒的なブレイクスルー。
ただいまメッチャ捗っておりますです。
今夜は長いぜ…!

【国内正規流通品】BOSE QuietComfort15 ノイズキャンセリングヘッドホン 322403-0010
【国内正規流通品】BOSE QuietComfort15 ノイズキャンセリングヘッドホン 322403-0010
BOSE
売り上げランキング : 62593


Amazonで詳しく見る by G-Tools

Wednesday, July 10, 2013

シンガポールの魔力。

シンガポールにはプラスマイナス10歳くらいの、
広い意味でのコレナガと同年代の優秀な方々がたーくさん住んでいます。
そりゃもう、多種多様な業界のびっくりするようなスケールの大きな皆さんですし、
シンガポール国内にかなりの密度でいらっしゃるんですね。

こういう尖った仕事をさせていただいているので、
おかげさまでそんな方々とお近づきになることが多いのですが、
ホント、刺激的な毎日です。

そんなステキな皆さんに共通して言えるのは、

  • 起業家あるいはそれに近いマインド
  • リスクテイカー
  • 凄まじい行動力
  • 図々しい
  • 人と会うのが好き

そんな感じでしょうか。

シンガポールに住んでいると、
「ウチは特殊なサッカー業界だから、他所様の好景気とは関係ない」
などというエクスキューズが一切通用しなさそうなある種の雰囲気がありまして、
やらないと置いてけぼりにされてしまう危機感のある毎日を過ごしているわけです 笑
当たり前のレベルが、そりゃもう高い高い。

そんな勢いに身を任せつつ、自分自身と同時に会社も成長してきています。
実際に5年前にこちらにやってきた時と比較するとおかげさまで大きくなってまいりましたが、
周囲の皆さんは50倍や100倍が当たり前の世界ですから…。
何というか、皆さんにズルズルと前方へ引きずられるしかないんですね。
いやむしろ、このまま引きずられたい、と 笑

身を置く環境というものは、
自己形成において最も大事なもの、と思っています。
(加えて、成功体験ですね)

そりゃ海外ですから不条理に思うことはたくさんございますが、
よくよく振り返りますと、
この環境に自分がいれるということだけで感謝感激の毎日でした。

残り半年、走り続けるぞー。


↓いつもお世話になっている加藤さんと関さんのシンガポール入門マンガ。

シンガポールと香港のことがマンガで3時間でわかる本 (アスカビジネス)
シンガポールと香港のことがマンガで3時間でわかる本 (アスカビジネス)加藤 順彦 関 泰二 水野 真澄

明日香出版社 2013-02-14
売り上げランキング : 20040


Amazonで詳しく見る
by G-Tools