Wednesday, October 16, 2013

アルビレックス新潟プノンペン、はじめます。

さて、唐突ですが、
2014シーズンよりカンボジアで、「アルビレックス新潟プノンペン」はじめます。
略称、「アルビP」。
社内でのプロジェクト名、「Pちゃん」…。


実は、カンボジアに訪れたのは、今年の5月が初めて。友人でもあるシンガポールの優秀なビジネスマンの皆さんが、「カンボジアいいよー」と口々に仰るのを聞き、そもそもサッカークラブを立ち上げるつもりは全くなく、何か別の事業展開ができないかなあ、と軽い気持ちで行ってみたというのが正直なところではあります。

それまでは、
・内戦があったところだよな
・地雷は大丈夫かな
・まだまだ経済的にはかなり苦しいんだろうな
などという日本人の極めてステレオタイプなイメージしかなかったのですが、状況を目の当たりにしてビックリしました。
その内容は以前のエントリに譲るとしまして、これはスゴイ可能性だ、と。

そして2回目に訪れた7月。カンボジアサッカー協会の方々とほとんど表敬訪問のつもりでディスカッションしたところ、ものすごくウェルカムな感じで意気投合してしまって、こりゃもうやるしかないな、という急展開。通常は3部リーグ相当からスタートらしいのですが1部リーグから始めさせていただくということになりました。もちろんアルビレックスの看板もあったでしょうし、シンガポールでの我々の実績もとても買っていただいていたことからと思うのですが、我々からしても彼らとフィーリングが合ったことが「前に進もう」と決断できた大きな理由でした。

その後、詳細を詰める作業を粛々と行い(まだ詰まってませんが、開幕は1月…)、本日のリリースとなったわけです。


シンガポールともバルセロナとも違い、選手はカンボジア人が主体。基本的には「国際貢献」と「日本のスポーツビジネスの輸出」が大きな目的です。間違いなくこれから急激に豊かになっていくカンボジアの人々がさらに自立していくためには、自ら目標を立てて、それをクリアしていくという成功体験が重要となると思っています。言うまでもなくこの実践には、スポーツが最も適しているのではないだろうか、と。また、例えば日本がODAを提供する際に、道路や水道管などのインフラではなく、サッカースタジアムを建設したとすれば、その場所がスポーツを通じた教育や地域コミュニティの活動の中心として発展していくかもしれません。新しい日本の国際貢献の形になり得るかもしれない。実にワクワクします。

さらに日本の「輸出産業」としてのスポーツの可能性も拓いていきたいと考えています。日本のスポーツは、競技面でも運営面でもアジアではトップクラスなので、リードする立場にいます。日本のサッカークラブの運営の体制や姿勢、それに紐づく具体的なビジネス展開を間近で見せることで、現地の皆さんに伝えられることがあるはずです。また、この事業をヒントにして日本から我々に続く動きが増えてくれば、日本のスポーツビジネス全体をより外向きに元気にすることもできるはずです。つまり、輸出産業としてのスポーツビジネス、という概念が確立できるかもしれないのです。

つまり、日本人である我々が、スポーツビジネスやそれに関連する事業の経験をカンボジアで展開することで、カンボジアが本当の意味での「豊かな国」へと発展する道を作ることにつながり、日本の新たな国際貢献の形となる。そして、カンボジアを発端としたアジアのスポーツビジネスのロールモデルたる存在になる。加えて、外国人枠を使って、コレナガのライフワークである「海外で堂々と戦う若い日本人の育成」もできる――。

と、やりがいを一方的に感じてしまったのです。


もちろん、現在のビジネス環境(100%外資OK、通貨はUSD、利益持ち出しOKなどなど…)的には東南アジアで有数のモノを持っていますので、数年後までにはスゴイ成長を見せている可能性もあるわけです。ホントかどうかは分かりませんが、一説によれば「15年後には今のバンコクくらいには軽くなっているだろうね」と。ワクワクドキドキが止まりません。

さて、肝心要のチームについて。
目標成績は、優勝!…と言いたいところですが、まずは現地の方々としっかりと「チーム」になることを目標として、焦らず徐々に結果を残していきたく思っています。


どうぞ、ご注目を。


カンボジアビジネス最新事情―知られざるチャンスの宝庫カンボジアビジネス最新事情―知られざるチャンスの宝庫
宮内 敬司

カナリア書房 2011-06
売り上げランキング : 146481

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Monday, October 14, 2013

アルビバルセロナは現地で大人気。

さて、昨日クラブ史上初勝利を挙げたアルビレックス新潟バルセロナでありますが、
言ってしまえばカタルーニャ週4部リーグのチームでしかないのに、
カタルーニャ州を代表するTV局「TV3」でも特集が放送されたようです。

↓リンク先がそのアーカイブになってます。ちょっとオシャレなページです。
http://www.tv3.cat/3alacarta/html5/#/videos/4710312/

ちょうどホーム初試合でクラブ史上初勝利ということで、
いやー、タイミング的にもバッチリ映像に残りましたね。
ナイス、記念。
(Oさんがコレナガにメールで試合結果を報告してくれているシーンも。)

先日のSPORTでの特集と同じく、
バルセロナの皆さんがこの試みを面白いと思ってくれているようで何よりです。

さらに、日本でも注目が集まっております。
10月21日(月)22:00 〜
NHK BS ワールド Wave トゥナイト
でもアルビレックス新潟バルセロナは特集されます。
どうやら、海外にお住まいの方もNHK Worldでご覧いただけるようです。

ご興味のある方、是非是非。


NHKスペシャル 世界初撮影! 深海の超巨大イカ [Blu-ray]NHKスペシャル 世界初撮影! 深海の超巨大イカ [Blu-ray]

NHKエンタープライズ 2013-06-21
売り上げランキング : 3710

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Monday, October 07, 2013

日本大学商学部で講演やります。

表題の通り、10月10日(木)13:00より、日本大学商学部にて講演します。
ああ、もう数日後ですね。

「キャリアデザイン特別講座」というプログラムの全5回のトップバッターということで、
イロモノキャリアであることは自負しているだけに、二つ返事で引き受けさせていただきました。
そもそも講師陣では第1回目のコレナガのみが日大商学部出身者ではないという設定らしく、
厚いご期待に何とかお応えしたく思ってます。

【参考】
キャリアデザイン特別講座について

ご依頼いただいたときはいつものように30人くらいに向けての小規模な講演だろうな、
と勝手に思い込んでおりました。ちょうどひとクラス分くらいのイメージで。
ところが届いた資料を拝見させていただくと、どうやらそうではなさそうで。
そもそも100人くらいがこの特別講座を登録しているらしく、
加えて第1回目の今回のみ、全ての日大商学部の学生の皆さんに開放するということで、
結果、数百人規模の学生さん相手に講演させていただいてしまう気がします。
もちろん誠に光栄なのですが、そんなにコレナガに期待していただいてイイのか?
と、一挙に人並み以下の心臓がドキンドキンと昂ってきました。

で、気持ちを落ち着けるために、
そうは言っても日大商学部って何人くらいいるのかな、とちょっと調べてみましたら
5,958人!?だと!?
よもやこの講演に全員集まるとは思いませんが、それにしてもさすがのマンモス校。
すごいスケールだ…。

さて、広義では「日本大学」はコレナガの卒業した大学ということになるのでしょうが、
そもそも自分は商学部とは何の関わりもなく、
恥ずかしながらどこにあるかも知りませんでしたし(今回はじめて知った)、
未だにどんなタイプの学生さんが通っているのかすら想像できません。

コレナガの出身は日本大学芸術学部、いわゆる「ニチゲイ」です。
何かを強烈に志した突き抜けた人間が多いと一般的には解釈されますが、
恥ずかしながら言い換えますと、
9割方は「何かと紙一重」なアレな人間で構成されております。
そんな学生生活は、「ある意味」でとっても刺激や勉強になりました。
が、今の仕事に具体的にどうやって活かされているますかと問われると、
回答するまで少なくとも30分くらい時間が欲しいのが正直なところです。

何せひたすらに不真面目な学生でしたので、
学校自体にほとんど行っていない、と。
人生で大切な全てのものは雀荘で学んだ、と。
何千本ものビールとともに過ごしたぞ、と。

だいたい、
「そんなもんに参加して意義を求めるのは小物だ!」と宣って、
入学式にも卒業式にも参加していません。
物理的には卒業証書すら受け取ってません。
もちろん「どっちが小物だったんじゃい」とオトナになった今は反省しています。

ただ、一つだけ、当時の自分を褒めてあげるならば、
その時期その時期で一生懸命取り組んでいたものが必ずあったということかもしれません。


いずれにしても、
聴講していただく皆さんには時間の限り精一杯お話させていただきたく思いますので、
日本大学商学部の1回生から4回生のお時間ある全ての皆さん、
遠慮なく人生変えちゃってください。

テーマは、「未来予想図〜今すぐ海外に出るべき7つの理由〜」
海外で堂々と戦う若い日本人を増やします!


深夜便で羽田から直行するので寝グセついてるかもですが。


未来予想図 ~ア・イ・シ・テ・ルのサイン~【通常版】 [DVD]未来予想図 ~ア・イ・シ・テ・ルのサイン~【通常版】 [DVD]

メディアファクトリー 2011-10-17
売り上げランキング : 59933

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Wednesday, October 02, 2013

まさかのSPORT掲載。

ただいまリーグ2位(クラブ史上最高)の我らがアルビレックス新潟シンガポールは、
10月20日(日)、23日(水)まで試合がございません。
ただ、この2試合が今季最後のホームゲームということで、
スタッフたちも気合を入れてお客さんを集めています!
いいぞいいぞー!
シンガポールにお住いの方々、是非スタジアムにいらしてください!


さて、9月にスタートしたばかりのアルビレックス新潟バルセロナは、
日本、現地を問わずTV、ラジオ、新聞、WEBと各メディアからの注目も高いのですが、
ここまでデカデカと現地大御所新聞に扱っていただいたのは初めてです。

はい。
泣く子も黙る大御所「SPORT」さんです。

拙著「バルセロナを極める11の視点 サッカー史上最強のクラブを再考するアンソロジー」でもちょっとだけ紹介させていただきましたが、バルセロナで売れていて、かつ、発言力のある新聞といえばSPORTとEL MUNDO DEPORTIVOしかないのです。

イイ意味で国境を越えて面白がられていますねー。


どどーんと!
これ、この日のネイマールより扱いが大きいらしい。
まさかのネイマール越えですよ?


写真だけじゃなくて記事もまるまる1面。
コレナガもウォーリーばりに写真の中に隠れているようです。
探してみてください 笑
某国営放送さんが取材に来ていたことも掲載されていますね。


2014-15シーズンのメンバー募集中です。
10月、11月、12月の説明会でお会いしましょう!




バルセロナを極める11の視点 サッカー史上最強のクラブを再考するアンソロジーバルセロナを極める11の視点 サッカー史上最強のクラブを再考するアンソロジー
中村憲剛 羽中田昌 西部謙司 小澤一郎 清水英斗 北健一郎 他

朝日新聞出版 2013-05-21
売り上げランキング : 91977

Amazonで詳しく見る by G-Tools