Sunday, December 15, 2013

安倍総理記者会見、12月14日。

いやはや、正直、腰が砕ける思いです。
12月14日、日本ASEAN特別首脳会議から帰国された安倍晋三総理が、
我らがアルビレックス新潟シンガポールに言及されたとは…!

たったひとことではありますが、
「シンガポールのサッカーリーグでは日本のチームが頑張っています。」
と…!




安倍総理ご自身のお言葉か、原稿を作っていただいた方の想いか分かりませんが、
とにかく、ちっぽけな我々のような存在を認めていただいたことに感涙です。
「海外で堂々と戦う日本人を作る!」と豪語し続け、たくさんの方々に支えていただき、さらにその輪が広がり、今では大きな大きなファミリーになることができました。

「日本のために」と意地を張り続けていたことが少しだけ認められたような気がして、
心から身が引き締まる思いです。

こちらに総理の会見全文がございます。
http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/statement/2013/1214kaiken.html
ASEAN諸国と共に歩む決意がここに表れています。
是非、お読みください。

Wednesday, December 04, 2013

フィゲロアよ、お前もか。

というわけで、元アルゼンチン代表Luciano Figueroaが、マレーシアはジョホールバルのJohor Darul Takzim F.C.に移籍です。

Panathinaikos sell Figueroa to Malaysians (the malay mail)
Panathinaikós transfiere a argentino Figueroa al malayo Johor Darul Takzim (Mundo Deportivo)

はい、またしても先日アイマールが移籍した王族のチームですね。

※このあたりをご参考に。
korenaga.ws: アイマールがジョホールバルに来てしまった。
korenaga.ws: もう「ジョホールバルの歓喜ごっこ」ができない。

ちなみにフィゲロアは体格にメチャメチャ恵まれているわけではありませんが、得点感覚とキックの技術に優れたレフティのストライカー。アルゼンチン代表で15試合9得点。スーパースターでこそありませんが、現在所属していたパナシナイコスでもしっかりと結果を残している現役バリバリの選手です。利き足こそ違えど、ディ・バイオに似ているイメージかなあ。

↓こういう選手です。






とにかくこれで元代表クラスの「アルゼンチン・デュオ」が完成したわけで、ますますシンガポールから足を伸ばしてみたくなったわけです。ジョホールまではただ橋を渡るだけですし。アルビレックス新潟シンガポールのスクールも彼の地で運営してますし。しかしながら、ただでさえプラチナチケット化しているので「裏口入手」しないと難しそうですね。

フィゲロアの移籍もパナシナイコスからということで、アイマールのベンフィカに続き、クラブ名だけ聞けばかなりのプレゼンスになったように思ってしまいますね。いずれにしてもリーグ繁栄のためにはスター選手は必要。そして突っ走るクラブは必要。王族マネーとはいえ、サッカーにカネが集まるマレーシアは実に恵まれています(ため息)。

Tuesday, December 03, 2013

トルシエさん。


契約会見(大嘘)。

実は昨日、トルシエ元日本代表監督と会っていました。
相変わらず少々エキセントリックではありましたが、そのあたりも計算づくと思わせる明晰な頭脳をお持ちのイロオトコ。組織論、リーダー論、あとはウラ話(笑)をどっぷり聞いた、とっても濃ーい2時間でした。いやはや。熱かった。

以前からこの方の考え方や振る舞いには共感する部分がありまして、何と言うか、周囲を自分の思うようにコントロールするために自分のパーソナリティ設定を逆算している感じが、とても「うん、わかる」って感じなんですね。自身のキャラクターは自発的なものじゃなく、周囲から創りだした必然、みたいな。

そんな振る舞いも含め、自分への自信と相手への気遣いを絶妙に上げ下げしながらしかも自分の想いは120%伝えきる(たぶん)というところ、やっぱり一時代を味方につけたスゴいヒトというのは、ホントに突き抜けてスゴいんだなあ、って改めて思ったのです(説明してみるとよくわからない)。



六月の勝利の歌を忘れない 日本代表、真実の30日間ドキュメント DVD-BOX六月の勝利の歌を忘れない 日本代表、真実の30日間ドキュメント DVD-BOX
岩井俊二

ポニーキャニオン 2002-11-20
売り上げランキング : 4402

Amazonで詳しく見る by G-Tools