Friday, March 07, 2014

日本大学入学式にて祝辞を述べさせていただきます。

平成26年度、つまり2014年4月に、
日本大学入学式にて祝辞を述べさせていただくこととなりました。
とても光栄なことでありますし、大役でございます。

例年の流れであれば、式の間で話すのはたったの「4人」しかおりません。

【学長告辞】→【理事長式辞】→【来賓祝辞】→【入学生宣誓】
                ↑ココ

こんなに価値の高い時間を自分ごときがいただいてしまっていいのか、
恐縮と緊張で早くもむせ返っております。

なにせ、これまで祝辞を述べてこられた方々が凄まじい。

平成20年度 舞の海秀平さん(元関取)
平成21年度 大石芳野さん(報道写真家)
平成22年度 君塚良一さん(脚本家 踊る大捜査線 THE MOVIEなど)
(平成23年度 ※震災のため統一入学式は中止)
平成24年度 船越英一郎さん(俳優)
平成25年度 松井龍哉さん(ロボットデザイナー スターフライヤーのデザインも)

平成26年度 是永大輔…!!!!!????

いやいやいや。

恥ずかしながら熱心な学生だったとは口が裂けても言えませんし、
芸術学部という名前の響きに甘えに甘え、
「芸の肥やし」という言い訳で自堕落をせっせと溜め込む毎日を過ごしておりました。
そして、ご存知のように現在も芸術とは何ら関係ない仕事をさせていただいております。

おそらく昨年、日本大学商学部にて講演させていただいたことがきっかけになっているのでしょうが、
その日も喋りたいことがたくさんあり過ぎて時間配分すら守れず、
質問時間がほとんどなくなるというアクシデントもございました。
正直、自信は全くございません。

ですが、せっかくいただいた機会でございます。
なかなか簡単に経験させていただけないことですので、
当日は前向きに「夢」を語らせていただき、
新入生の皆さんのこれから迎える学生時代に刺激を与えたく思っております。


さて、日本大学といえば日本一のマンモス校で知られています。
「日本大学の数字」というページを見つけました。
http://www.nihon-u.ac.jp/about_nu/nu-digest/data/
卒業生数は、何と、1,079,563人…。
醜態を晒してしまった場合、「100万人の面汚し」になるわけですね…。
これはなかなかの重圧…。

さらに調べを進めてみると、現在は74,433人の在校生がいらっしゃるらしいんですね。
順調に4年で卒業できない自分のような皆さんはとりあえず無視するとして、4で割ると約18,600人。
つまり、毎年18,600人くらいの皆さんが入学されるわけですね。

なので会場は、あの、日本武道館。
親御さんなどを含めれば1回では入りきらないので、1日3回入学式を行うようです。
もちろん、3回とも祝辞を述べさせていただく予定です。

ちなみに参考までに昨年の第一部の動画をご覧ください。
実に厳かです。



そういえば、図らずともこれが「武道館デビュー」になるのです。
はるか昔の一瞬だけ極めて刹那的な期間、
モテたい一心でバンドマンだった自分にとって遥か彼方の憧れだった武道館に、
こういう奇跡の流れでステージに立つことができるなど想像もしなかったわけです。

ちなみに、例年の入学式の模様はインターネット(おそらくUSTREAM)で生放送、
そしてさらにアーカイブ化(おそらくYoutube)されるということで、
未来永劫インターネッツ上に残ってしまう可能性が高いのです…。

色々考えてもどうせ心配事は尽きませんので、
初の武道館公演…、じゃなかった武道館での祝辞は、
忘れた頃のバンドマン魂(何それ?)で乗り切るしかない、と思ってもいるのです。

浮かれているわけではございません。
覚悟を持って取り組ませていただきます。


ただし。
アーカイブされた動画が見事に黒歴史化する、という予感で押し潰されそうではあります。

No comments:

Post a Comment