Sunday, July 06, 2014

個を動かす。

先ほどリオ・デ・ジャネイロに着きました。

夜に着いたのでまださっぱり事情が分かっておりませんが、
airbnbで何とか見つけたコパカバーナ沿いのお家にこれから住みます。
オーナーが送ってくれた三菱車の中でオランダの苦戦を目の当たりにし、
大盛り上がりの巨大なパブリックビューイング会場を横切るタイミングでコスタリカが屈する、
というドラマチックな展開に遭遇しましたが、
当たり前だけどポルトガルっぽい雰囲気が満載ですね。
明日は日曜日なので昼間に時間見つけてビーチを走りに行こう。

さて、随分飛んで読書の話。
おかげさまで移動が多いので、月間10〜15冊くらいはいつの間にか読んでいます。
もちろんほぼ全てを電子書籍で賄っています。
最初の数ページのリズム感で「ナナメ読み」or「熟読」を決してます。
ビジネス本から自己啓発本、伝記や小説まで、とりあえずの雑食系なのですが、
モチベーションを妙に上げてくれる立志伝中の経営者本などは特に好物です。
ヒントが転がりまくっているので、「これは」というものがあればすぐにマネしてみています。

さて、バルセロナ→リオの機内で3冊くらい読んだ中で抜群だったのが、
「個を動かす」という先日サントリーの社長に就任された新浪剛史さんのお話。
猛烈に眠かったはずだったのだけれど一気に読みきれた。
ローソンの改革と新浪さんの本質に迫っている本。
昨年、是永を取材していただいた日経ビジネスの池田さんが書かれているのだが、
これがまた、文章に勢いがあってオモシロすぎる。

おそらく池田さんは新浪さんにかなり感情移入している。(爆
接せれば接するほどに魅力的だっただろうことは想像に難くないのですが、
それでいて文章全体に嫌味がさほどない感じは、さすがプロ。
丹念な周辺取材にも、とっても好感が持てます。

「楽しかったー」
「すごかったー」
では何の意味もないので、早速マネしてみます。


個を動かす
個を動かす池田 信太朗

日経BP社 2012-12-17
売り上げランキング : 5892


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

No comments:

Post a Comment