Saturday, August 09, 2014

社員研修旅行まとめ。

昨日までカンボジアで開催した社員研修旅行2泊3日。
とーっても良かった。

アルビシンガポールとアルビプノンペンのフロントスタッフ合同で行ったのですが、
みんなが普段どんなことを考えていてどういう手法で物事を進めるのか、
お互いそれぞれが観察しながら理解できたことが最も大きかったのではないでしょうか。
同じ時間を過ごしてあーだこーだと会話を繰り返したことで、
シンガポールとプノンペンのシナジーもさらに生まれてくることでしょう。
いい感じです。


初日はアイスブレーキングということで、スタートから無法地帯(社風)。
プノンペンの空港着いてバスに乗った瞬間からビール&ワインを呑み始め、
「カンボジアの軽井沢を作る!」と、
シンガポール和僑会元会長の猪塚さんが張り切っているリゾートに着く頃には、
呑んでいるメンバーはだいぶ気持ちよくなっておりました。

その後バカ面白い爆笑連続抱腹絶倒のバブルサッカー初体験ということで、
初対面のスタッフたちもだいぶ和み、そのまま夕食。
もちろんここでも色んな意味で漢気を見せる者が続出(社風)。


そして2日目に再びバスに揺られてプノンペン市内に戻りいくつかの施設を見学し、
アルビPの新戦力セレクションを兼ねた練習試合を観戦した後、
今回の目玉、「スタッフ全員プレゼン大会」を開催したのです。
参考までに条件を以下。

【時間】
10分間

【ファイル形式】
PowerpointまたはKeynote
ページ数は指定なし
プロジェクターで投影しながらプレゼンを行います

【その他条件】
・なるべく新規の事業であること
・現在の担当部署に近いアイデアであれば好ましい(そうでなくても可)
・ざっくりとした数値(売上・利益など)も含めること
・数年後の状況(周辺環境・情勢など)を見通したものであること

【評価基準】
・アイデア(効率的かつ画期的か)
・プレゼン構成(資料のストーリー、話し方など)

【賞品】
最優秀スタッフには、FairpriceもしくはAEONの商品券(SGD500分)を進呈。


当日、会場での約束事は、「それぞれの発表後に100%の拍手をしよう」のみ。
条件の設定も(敢えて)曖昧ですが、
スタッフたちの個性を見ることができてとても面白かったです。

また、やってみて「おお!」と思ったのが、
半分以上のスタッフのプレゼン資料に世界地図のページが含まれていて、
アルビレックスのロゴが世界地図上に増えていくというアニメーションが含まれていたこと。
それはいつも是永が事業の方向性を説明するときに使っているものと同様のもの。
それぞれのプレゼンで応用しながら使ってくれていたのです。

ああ、大事なところを掴みながら進んでくれているなあ、と。
心からありがたく思った次第です。
(研修旅行リーダーのナカムラ、いろいろ取りまとめありがとう!楽しかった!)

某スタッフ曰く「来年はバルセロナで開催だ!」とのことらしいので、
みなさん一生懸命稼いでください…。
マレーシア、バルセロナ、タイ、そしてこれからスタートする某国のメンバーも加えて、
また来年!



















No comments:

Post a Comment