Thursday, December 31, 2015

2015年もアルビレックス新潟シンガポールをありがとうございました。

2015年12月31日。
シンガポールでも日本でもなく、新たな展開を生み出したいと思っている某国のホテルにて、2015年最後のBlogを書いています。今年もなんとか無事に終わりそうなこと、感謝申し上げます。

アルビレックス新潟シンガポールという企業体、そして個人としても皆さまに大変お世話になりました。毎年毎年、本当にありがとうございます。シンガポール、日本、バルセロナ、マレーシア、カンボジア、ミャンマー、タイ、そしてその他の国々。それぞれの国で活動をご協力、ご支援くださる皆さまのおかげで、我々の存在がございます。
心より感謝申し上げます。

シリアスにタイトルを狙った今季のシンガポールでは、リーグ戦こそ逃したものの(3位)、リーグカップとシンガポールカップを掲げることができました。どちらも終了間際の劇的逆転ゴールでの勝利ということもあって、今でも思い出すと興奮がよみがえります。選手たちだけでなく、現場とフロントスタッフたちの不断の努力がタイトルを引き寄せました。しかしもちろん、毎試合遅くまでご声援いただいた皆さまの力なしでは結果は残せませんでした。
また、シンガポールの本拠地を置くクラブとして最多観客動員数を誇り、Player of the Yearには元アルビ新潟の木暮郁哉、Goal of the Yearに先日引退を発表した井畑翔太郎が選出と、大きな果実を得ました。
さらに、ピッチ外でも大きな評価をいただきました。シンガポール政府から、YAFA(Yuhua Albirex Football Academy)を含めた地域貢献の活動を評価していただき「PEOPLE'S ASSOCIATION COMMUNITY SPIRIT AWARDS」をいただきました。栄誉のある賞ですので、とても光栄に思っています。

バルセロナでは2015−16シーズンより女子プログラムが発足。アルビレックス新潟バルセロナとして単独チームでリーグに臨んでいる男子と異なり、FONTSANTA-FATJOという現地のチームに5人の選手が参加。AチームとBチームに分かれながら、世界最高のサッカー都市バルセロナのピッチ内外で貴重な経験を積んでいます。

サッカースクールを展開させていただいていたジョホールバル(マレーシア)ですが、
今年からチアダンススクールを本格的にスタート。頻繁に開催した発表の場でワクワクするような躍動感溢れる演技を見せてくれました。また、シーズン終了後にジョホール日本人小学校で監督や選手の講演会なども開催させていただきました。

昨年発足したアルビレックス新潟プノンペンでしたが、「2015シーズンには参戦しない」という大きな決断をしました。そのことでご迷惑をおかけしました皆様、申し訳ございませんでした。現在は、サッカースクールやクリニックを継続的に行いつつ、活動の幅を広げています。
学生団体WorldFutとの協力でプレイベン州スマオン村で日本代表vsカンボジア代表のパブリックビューイングを開催。TVもほとんどない地域で自分たちの代表を初めて見る約1,000人の子どもたちからは大きな歓声が湧き上がりました。
さらに、日本政府のODAで建造された通称「つばさ橋」の開通を記念した「つばさ橋カップ」。多くの政府関係者が見守る中、日本人とカンボジア人の選手たちが躍動しました。

今季、最も大きな展開を見せたのはアルビレックス新潟ミャンマーかもしれません。
おかげさまで日本人向けのサッカースクールも順調に拡大していますが、ミャンマー人のろう学校の子どもたちに向けてのサッカークリニックが素晴らしい内容になっています。
週3回行われているクリニックだけでなく、子どもたちが郊外の試合に行ったり、代表戦を観戦したりする機会ができ、学校内にこもりがちだった子どもたちの意識を大きく変えることができました。今後も日本とミャンマーの架け橋となっていく活動だと思っています。

一方でアルビレックス新潟タイには無念の思いしかありません。多くを書くことはやめますが、展開する怖さを思い知りました。我々の理念に賛同していただきご加入いただいたサッカースクールのみなさん、申し訳ございません。組織としても個人としても、再びこの徹を踏むことがないように邁進します。

このように、ほとんどの方面において飛躍を果たした2015年でしたが、応援していただいている皆さまには、まだまだ恩返しが足りないと思っています。2016年はさらにアグレッシブに活動をし、既存事業をスケールさせ、新規事業をローンチします。それこそがアルビレックス新潟シンガポールの生き様であり、価値を高める術だと思っています。
ご期待ください。


最後に。
改めてスタッフのみんなには心から感謝しています。
皆さんのハードワークが今の我々を支えています。
毎日、日本人だけでなくシンガポール人のスタッフもとても高いモチベーションを持って取り組んでくれています。
目の前のことだけでなく、その先を見据えた毎日を自発的に送ってくれています。
ありがたいことです。
自分自身、最高のスタッフたちに囲まれてとても幸せです。

みんな、大きな飛躍を果たした2015年を超える、さらに充実した2016年としましょう!

Monday, December 28, 2015

Tiny moments.


本日のゲストはアルビレックス新潟シンガポールのGM、Mui Teeです。たまにはしっぽりどっぷり。 一緒に仕事をしてはや6年目。欠かせない相方のひとり。日本人と話をしてるんじゃないかと錯覚してしまうほどのメンタリティで、常に縁の下の力持ちとなってクラブと会社を支えてくれています。4年前から始めたカジノ事業も、Mui Teeなしでは立ち上げすらできなかったでしょう。いつもありがとう! さて、明朝から未知の国での年越しのために旅立ちます(行き先はナイショ)。もちろん、重要なMTGも…。新しい事業と仲間と刺激。ワクワクしかございません。 旅に出よ。旅に出よ。 既知の場所にはロマンはない。 http://ift.tt/1JbTHTC

Saturday, December 26, 2015

Tiny moments.


珍しくScootでの日本出張。しかもバンコク乗り継ぎ便しか取れず、まんまと2時間ディレイでバンコクで4時間足止め。ヘロヘロになって今朝7:00に家に到着。 力を振り絞ってスタジアムに行って、選手たちのトレーニングを一瞬見学し、フロントのインターンで来たばかりの学生くんをムリヤリ誘って湖の周りを1時間ほど世間話ジョグ。ロッカールームでシャワー浴びて極楽。 ランチは数日前に来たばかりの新米コーチを連れて、リトルインディアでカレー(とビール)。 朝から実にフレッシュなシンガポールサタデー。 http://ift.tt/1Vi8Cxd

Tuesday, December 22, 2015

Tiny moments.


昼過ぎにお馴染みジャパンレールパス、つまり新幹線で博多に到着。毎年、福岡大学さんがプロ新入団選手合同記者会見を開催しているということで、急遽スケジュールを大幅に変更して参加させていただきました。

我々にできることと言えばこうやって選手に誠意をお見せすることくらいですが、やはり新加入選手には大きなプライドを持ってシンガポールに来てもらいたいのです。

さて、来季からアルビレックス新潟シンガポールに加入することになった稲葉修土選手は、名門福大で主将を務めていた中盤のハードワーカー。今季の九州大学リーグのMVPでもあります。シンガポールの舞台でも持ち前の胆力で相手をバッタバッタとなぎ倒していただきたく…!

この後東京に飛行機で舞い戻って、両国の架け橋となるべくリーグ重鎮同士の会食にジョインしまっす!(間に合うかな…!?)

http://ift.tt/1ZmGefI

Monday, December 21, 2015

Tiny moments.


アルビレックスシンガポールセレクション@関東会場。というわけで、とっても静かな埼玉スタジアムに来ております。 毎年セレクションを開催させていただいている埼スタでは極寒のあまり鼻水が止まらなくなるのが通常運行ですが、今年は風が弱くて随分とマシ。ジャッジに集中させていただきます! http://ift.tt/1O2quLa

Sunday, December 20, 2015

Tiny moments.


昨晩から急に思い立って新潟へ。
新幹線の車内でムリヤリ飲み仲間を探し、繁忙期の新潟でムリヤリ店まで予約してもらったので、せめて支払いだけでもと思ったら、カード不可の店だったらしく所持金2,000円の自分は立ち尽くすのみ。酒造今代司の田中社長、ありがたや。

各紙でもニュースになっておりましたが、見事にアジアデザイン賞2015の銅賞を受賞わした今代司の「錦鯉 KOI」は中身の酒もかなりコストをかけているらしい、のでご贈答用に大推薦させていただきます。

さて、本日は新潟でアルビレックスシンガポールのセレクションを開催し、終了後はそのまま新横浜へ。もちろんクラブワールドカップ決勝…、ではなく、横浜国際スタジアム周辺での「アルビレックス新潟バルセロナ」チラシ配りなのです。 もちろん言い出しっぺの自分も参加したかったのですが、スタッフ+お手伝いの6人が寒い中ガムシャラに配りまくってくれたので、新幹線を乗り継いで到着する頃にはほぼ終了…。ここでも自分は立ち尽くすのみ。だから、みんなと新横浜のスポーツバーで観戦!

気がつけば年末だというのに、あちこちで立ち尽くしているのです。
人の優しさがあったかいすなあ。

http://ift.tt/1ZiKuNx

Tiny moments.


昨晩から急に思い立って新潟へ。 新幹線の車内でムリヤリ飲み仲間を探し、繁忙期の新潟でムリヤリ店まで予約してもらったので、せめて支払いだけでもと思ったら、カード不可の店だったらしく所持金2,000円の自分は立ち尽くすのみ。酒造今代司の田中社長、ありがたや。 各紙でもニュースになっておりましたが、見事にアジアデザイン賞2015の銅賞を受賞わした今代司の「錦鯉 KOI」は中身の酒もかなりコストをかけているらしい、のでご贈答用に大推薦させていただきます。 さて、本日は新潟でアルビレックスシンガポールのセレクションを開催し、終了後はそのまま新横浜へ。もちろんクラブワールドカップ決勝…、ではなく、横浜国際スタジアム周辺での「アルビレックス新潟バルセロナ」チラシ配りなのです。 もちろん言い出しっぺの自分も参加したかったのですが、スタッフ+お手伝いの6人が寒い中ガムシャラに配りまくってくれたので、新幹線を乗り継いで到着する頃にはほぼ終了…。ここでも自分は立ち尽くすのみ。だから、みんなと新横浜のスポーツバーで観戦! 気がつけば年末だというのに、あちこちで立ち尽くしているのです。人が優しさがあったかいすなあ。 http://ift.tt/1PiHyh4

Saturday, December 19, 2015

Tiny moments.


本日はインカレ決勝ということで、朝イチ名古屋から久しぶりの浦和駒場スタジアムへ。汗ばむほど、快晴。

今シーズン、シンガポール人(人じゃないけど)で大学サッカーを1番多く生で観たのは間違いなく自分だ!という自負がある。シーズンの締めくくりとしてこの試合は見逃せないのだ…!

結果、4-0で関学優勝。思わぬスコア差がついたのだが、これで関学は今季4冠。獲れるタイトルは全て獲った、ということになったわけで、確かにスキのなさは凄かった。ウチもあやかりたい。

 ※試合前の慶応のチアがかわいかったぞ。

 http://ift.tt/1ZgXanR

Friday, December 18, 2015

Tiny moments.


昨日の夕方から大阪入りしている。 到着後、早速熱弁をふるっていたらあっさりと夜がふけた。シンガポールとの気温差は20°C以上あるのだが、喋っているだけで体がジワッと汗ばんでくる。素晴らしい。

しかしながら、訝しむ。 世界の何処でも、毎晩のように口角泡を飛ばし続けているのは何故なのか。アレか?蟹なのか…?

さて、本日はJグリーン堺にて、アルビレックスシンガポールセレクション@大阪。寒い。今日はまた一段と寒い。風が痛い。

しかしながら、参加者の皆さんは「アルビレックスシンガポールに来たい!」と情熱を持ってプレーしてくれるわけなので、こちらも愛と敬意を持って真剣にジャッジさせていただく。

そして夜には名古屋に移動してきた。
今晩も再び熱弁をふるって体を温めるのだ。
お喋りくんではない。
ただただ、寒いのだ。

http://ift.tt/1YpMf9g

Wednesday, December 16, 2015

Tiny moments.


アルビレックスシンガポールのメインスポンサーであるCanon Singapore PTE LTDさんにフロントスタッフ一同お招きいただき、今季の「ダブル優勝祝賀パーティ」を開いていただきました。我々も世界に1つだけのオリジナルユニフォームを進呈させていただきました。

いつも愛に溢れるサポートを様々な形で我々の活動にいただきまして、感謝してもしきれません。数年前の苦しいときを救っていただいたのもCanonさんでした。小西社長、スタッフのみなさま、心からありがとうございます!

そして今晩は、我が社お馴染み、怒涛のノンストップ忘年会になだれ込むのです!

http://ift.tt/1O8lcjd

Tuesday, December 15, 2015

Tiny moments.


本日は日本大使館主催の天皇誕生日祝賀レセプションにお招きいただきました。由緒正しき会に参加できますこと、光栄に思います。

さて、いつもおおらかな竹内全権大使。「勝ちましたねー」「惜しかったですねー」など、普段からアルビレックスシンガポールの試合結果を気にしていただいております。

「来年はSJ50(シンガポール日本国交樹立50周年)ですので、色々やりましょう!」とのお言葉をいただきまして、こりゃ期待にお応えせねばならん! (あと、来年こそ始球式…)

 http://ift.tt/1SZ6rND

Friday, December 11, 2015

Tiny moments.


ほぼ毎日新幹線に乗るという旅行好きには堪えられない12月日本出張第1弾が終了。今朝シンガポールに着陸しまして、ほぼ同時に最大の懸案事項に解決の兆しが見えてきました。よかった。

というわけで、いつもアルビレックスシンガポールを応援していただいている東南アジア最大のサービスオフィス、クロスコープさんのクリスマス会で羽を伸ばしております。運営会社のソーシャルワイヤーさん、マザーズ上場承認おめでとうございます。上場日が12月24日ということで嬉しいクリスマスですね!

クロスコープさんには立ち上げの頃から頻繁におじゃましてますので、入居したこともないのに図々しくも一方的に我が家のような居心地なのです。 「シンガポールに帰ってきたなあ」という感慨にすら包まれつつ、明日のヤマもがんばって登るぞ。

http://ift.tt/1lTNPnh

Tiny moments.


来年には人工芝スタジアムとして生まれ変わるアルビレックスシンガポールのホーム、Jurong East Stadiumが絶賛造成中でございます。

人工芝化にはメリットとデメリットがもちろんありますが、シンガポールの天然芝事情や地域への展開を顧みますと、若干メリットが上回ると感じています。

まずはいいサッカーを見せるぞ!

 http://ift.tt/1IZ3ffx

Thursday, December 10, 2015

だから、サッカー選手は海外を目指す。

今日もインカレ2回戦。
激しい戦い、敬意を持って観させていただきました。
特定の個人に声援を送ってもよし、たくさん試合を観たチームに肩入れして観るもよし、あるいはJ内定の選手に注目してもよし。
観客の楽しみ方の幅が広いのが大学サッカーのいいところだと思っています。

今年は、各大学リーグに足繁く通いました。
毎週のようにシンガポールから通った月もあるほどです。
もちろん、4回生にとってこの大会は4年間の集大成。
メンバー入りできなかった選手はもちろん、怪我や出場停止のことを考えれば、
チームとして地域を勝ち上がって、個人としてこのピッチに立てていること。
それ自体、かなり幸せなこと。
今年からスポンサーについているアパマンショップさんにも大いに感謝しなければなりません。

もちろん自分も選手のスカウティングのために行っているので、たくさんのプロ志望の有望選手たちが、いい形でサッカーを続ける事ができればなあ、と思っています。
そしてもちろん、ウチに来て欲しいと思っています。
いや、ウチに来るべきです。

せっかくですので、なぜウチに来るべきか、順を追って説明させてください。


【日本ではなく海外でプロ選手になることで得るもの】

・タフな環境での挑戦権
・未知な環境への順応力
・本質的なコミュニケーション力
・語学力(ちなみにアルビS選手はLangrichさんの英会話レッスンが毎日受けられます)
・将来を有意義に考えることのできる時間
サッカー選手としても、セカンドキャリアを考えても、とても貴重な経験だと思います。

でも、若者がいきなり「海外にチャレンジだ!」と、闇雲にチャレンジしてもなかなか難しい現状もあるんですね。
・タイ:今やJリーグ選手の受け皿(プロとしての実績がないと練習参加すら難しい…)
・その他東南アジア:競合多数。給料未払い問題。クラブ経営不安定
・東欧:留学ビジネスになりつつある。しかも狭き門
・西欧:レベルと競争率の高さ。まず不可能
・南米:実績がほとんどない
・その他の地域:サンプルが非常に少ない
アルビレックス新潟シンガポールの門は、少なくとも誰にでも開かれています。


【最悪なケース】

よくある最悪なケースは以下のような流れです。
・どうしてもプロサッカー選手になりたい。
・受け入れてくれる数少ないJ1、J2の練習参加を繰り返すものの、なかなか返事が出ない。
・「アマチュア契約なら…」と言われてしまう選手も多数
・しかも、返事が年明けで2月以降になってしまうかもしれない
・もっと最悪なのは2月以降のタイミングで「ごめんなさい」と言われてしまうこと
・その場合、「無職、将来の夢・サッカー選手」という人間ができあがる
悲しいことに、こういったケースもまあまあ見かけます。

さらに、仮に地域リーグのクラブやJ3とアマチュア契約をしてもらったとしましょう。
最初は「上のリーグを目指すぞ!」と意気揚々としているはずです。
ところが…、
・働きながらプレーをしなくてはならない
・毎日朝7:00〜8:00がトレーニング
・シャワーを浴びて休憩して12:00〜22:00くらいまで肉体労働
・家に帰って洗濯して眠りにつくのが24:00すぎ
・朝6:00に起きてトレーニング会場に向かう…
これもひとつの、現状です。

今、そういう環境を選ばなくてもいい理由を、もう一つ付け加えましょう。
・あなたの生まれ故郷のJ3や地域リーグのクラブは、後からでも喜んで仲間に加えてくれるはず

さらにさらに、仮に地域リーグやJFLからJ3に「運良く」たどり着いたとしても、
その時点で選手は20代後半になってしまうかもしれない。
30代のベテランになってしまっているかもしれない。
そして、そのタイミングで契約満了とされてしまうかもしれない…。
プロサッカー選手を目指して数年〜10年もの間クラブにご奉公しても、
プロを目前として悲しい通告をされることもあります。
実力の世界なので仕方ありませんが、あまりにも悲しい時間を過ごしてしまうことにもなりかねません。
(もちろんそうじゃないケースもありますよ!)


【アルビレックス新潟シンガポール】

そこで、アルビレックス新潟シンガポールなんですね。
・世界で唯一の海外トップリーグに所属する日本人だけのクラブ
・選手の移籍の拠点となるべく、海外移籍を奨励
・シンガポール国内移籍だけではなく、これまで50人以上の選手がここからプロサッカー選手として世界中へ
・コンドミニアム(プール付き!)
・スタジアム、練習会場、そして毎日ごはんを食べるアルビ食堂は家から徒歩10分以内
・シンガポールは治安がいい
・英語の教育環境も準備OK
などなど、サッカー選手がさらに大きなクラブへとステップを踏むには絶好のクラブです。

これまでも、たくさんのアルビレックス新潟シンガポールの選手たちが、欧州、アジア、アフリカなどへ移籍していきました。もちろん、プロとして安くはないお給料を貰ってのプレーです。そして現在も、世界でそんな経験を積んだ選手が、世界各国だけでなく、Jリーグでもプレーしたりもしているのです。一度世界に出るということは、遠回りじゃないかもしれないんです。


【理屈じゃない!】

上にあるような理屈だけじゃなくて「海外でサッカーでメシを食う」というのは、
サッカー選手だったらウチの選手たちと同じように、間違いなく中毒になると思うんですよね。
大好きなサッカーして世界中を旅しながらしかもそれで給料稼いで…、
って、とっても幸せな世界だと気付いてしまうのです!


【セレクション】

最後に、2016年シーズンに向けたアルビレックス新潟シンガポールのセレクション開催のニュースを貼っておきます。
http://www.albirex.com.sg/ja/archives/16802/

12月18日(金)大阪
12月20日(土)新潟
12月21日(月)東京

どこの会場にも是永はいます。
世界で一緒に戦ってくれるサッカー選手、ぜひ意気込みを拝見したく思っております!

↓申し込みフォーム直リンク↓
http://goo.gl/forms/2vGhiWijuA

Sunday, December 06, 2015

Tiny moments.


先ほど、ガンバさんのご好意によって東南アジアサッカーの重鎮たちとともに新スタジアムを見せていただきました。おかげさまで某国のお金持ちクラブの会長が「10年後に作る!」と、意気軒昂でございました。ありがとうございました。 さて、そのスタジアム。ウワサ通り観客や環境への配慮もスバラシイのですが、ピッチレベル全面に風の通り道を作ったり、採光のために南側の屋根だけをガラス張りにしたりと、芝生ケアへの徹底ぶりがスゴい。「サッカークラブの売り物は何なのか」ということをシンプルに突き詰めておられます。流石。 そして今、長居に到着。 無論、J1昇格プレーオフ。 シーズン最後の一戦。 激情のぶつかり合い。 目を凝らしてイイ試合を観て、エネルギーをいただきます! http://ift.tt/1PKRQYd

Saturday, December 05, 2015

Tiny moments.


東京→広島の新幹線移動中に、おそらく年内最後となる重い企画書がギリギリ完成…。 というわけで、Jリーグ王者誕生の瞬間を見届ける心の準備完了! 良い試合を観ちゃうんだぞ! http://ift.tt/1TJUZ9v

Friday, December 04, 2015

Tiny moments.


本日はお馴染み「日帰り新潟トリップ」というわけで、Sリーグの副社長などに、ビッグスワン、アルビレッジ、そしてJAPANサッカーカレッジの視察というアルビ尽くしの1日を堪能していただきました。田村社長をはじめ、お世話になりました皆さまありがとうございました。シンガポールの皆さんにもとっても喜んでいただけました。 (気温差30℃は想定内なのだけれど、なんだこの強風は…!ブリザード!泣) 道中のSリーグ側の質問ポイントはかなり「育成」に集中しておりまして、トリッキーなことを含めて育成に真剣に向き合っているアルビレックスの多数の試みには、とても興味を持っていただけました。 さて一方、自分はレンタカーで新型ステップワゴンを1日中運転する単なるドライバーと化したのですが、備え付けのナビ様に「速度超過しましたよ」と注意されたり「エコドライブできましたね」と褒められたり「アクセルワークをきちんとしましょう」と罵られたりで、なんかこう忙しないのだけれど、運転に対するリテラシーがぐんぐん高まるのは否めない。どうせなら褒められたい。 つまり既に日本のクルマは、ナイト2000レベル(たぶん) http://ift.tt/1SBYHRE

Thursday, December 03, 2015

Tiny moments.


Jリーグが昨日からASEAN各国リーグの代表者や重鎮を日本に招待している。とてもいい機会なので自分も随行させてもらっている。

セミナーを聞いたりチャンピオンシップや入れ替え戦を観たりしながら、Jリーグの現状や考えていること、そして未来を共有して「アジアで一緒に育っていこうぜ!」という試み。単純に、素晴らしい。

普段からJリーグとは近い距離で色々とやりとりをさせてもらっているけれど「ああ、ASEANにこういうことを伝えたいのか」と、改めて腹落ちした。

未来は明るい!

http://ift.tt/1Tyv3gU

Monday, November 30, 2015

Tiny moments.


本日は2015のSリーグアウォーズ。 なんと! Goal of the year: 井畑翔太郎! Players of the year: 木暮郁哉! クラブ史上初受賞! よかったなあ…!涙 今年のSリーグはアルビのシーズンだったわけですが、さらに上を目指している来年はどうなっちゃうんだろうか!? http://ift.tt/1IjyxTd

Sunday, November 29, 2015

Tiny moments.


本日は、IPPIN PRESENTS ALBIREX DANCE COMPETITON 2015。おかげさまでもう4年目の開催となりました。 300人にもなったアルビのチアスクール生だけでなく、シンガポールにあるヒップホップやフラダンス、ジャズダンスなどなどたくさんのダンススクールが一堂に会して発表会。なんと、賞金も出るのです…! 以前はシンガポールに住む女の子たちのスポーツが少ないことに問題意識があったので、こういう大会が継続的に開催できている環境をとても嬉しく思っています! http://ift.tt/1lRTACk

Saturday, November 28, 2015

皆さまが優勝!


おかげさまでシンガポールカップ、初優勝です。
これで今季はリーグカップと合わせてダブルになりました。
クラブ史上初、というか、カップ戦のダブルはリーグ初の快挙のようです。

今季の立ち上げから何らかのストーリー、誰かの存在、至る道筋、
どれかひとつでも欠けていたら達成できなかったと思っています。
遅くまで大声でご声援いただいた会場の皆さま、
都合が悪くTVの前で信じてくれていた皆さま、
インターネットで新潟、あるいは日本から大きな歓声をあげていただいた皆さま、
全ての皆さまの声が聞こえておりました。
つまり、皆さまが優勝です。

実は試合開始前から涙腺がうるうるしていました。
気持ちの入ったウォーミングアップを観て、
「ああ、これだけの集中力だったら大丈夫」と思ったり、
「こんなに気持ちを見せてくれたら負けても納得する」と思ったり、
「選手たちはプレッシャーあるだろうにすごいなあ」と思ったり。
など、感情が右往左往しているうちに、なぜだか涙が止まらなくなりました。
ダメなんだけど仕方ない。

逆に、試合が始まったら冷静に試合を観ることができました。
相手が退場になった瞬間、
「ああ、これは難しいパターンだなあ」や、
残り18分で先制された瞬間、
「うーん。ハマったなあ」など、
さほどいつものように興奮することもなく、珍しく実に冷静に観察していました。

何故ならば、信じるに値する努力を、選手、スタッフがずっと続けていたからです。
負けるわけがない、そう思っていました。



同点弾。
コーナーキックであれだけキレイに決めたのは今季初です。

逆転弾。
ご覧ください。
最後の最後で今季ベストゴールです。

選手、スタッフ、本当によく頑張った。
みんな、気持ちを切らさず最後まで諦めなければこれくらいはできるんだよ。

これから死ぬまでの人生、こういう瞬間はたくさんある。
今日みたいに、息を止めて洗面器から顔を上げるギリギリまで頑張れば、必ず未来につながる。
軽々に扱うつもりはないけど、神様は必ずあなたたちの努力、行動を見ている。

選手たち、心から、おめでとうございます。
そして皆さま、おめでとうございます。
嬉しい!

Tuesday, November 24, 2015

Tiny moments.


今年最後のタイトルであるシンガポールカップ。 本日の勝利で、決勝進出! 激しい試合をよく乗り切った! 試合後にはリーグ3位のメダルを受賞。 3位でこれだけ嬉しいわけで…。 夏に獲ったリーグカップと合わせて悲願のダブルは目前…! 決戦は金曜日! 19:30 @Jalan Besar Stadium! http://ift.tt/1I8gDTm

Saturday, November 21, 2015

Tiny moments.


ベトナムはホーチミンで開催されている和橋会世界大会アジアベンチャーズサミットに来ております。前夜祭は何と前代未聞の「船上パーティー」ということで、もちろん張り切って参加中。 以前シンガポールで開催された世界大会で登壇させていただいたこともあり、ご挨拶させていただいたアジア各地で大活躍中の皆さまと嬉しい再会。 活気溢れるアジア市場で驀進中の経営者の皆さんたちですので、平常運行がエネルギッシュで熱い。刺激溢れる中に身を置いているだけで、またまた奮い立ってくるのです。 やり切るぞー。 http://ift.tt/1I3dqV2

Friday, November 20, 2015

Tiny moments.


本日、ある事で人生初体験をさせていただいたのだが、やっぱり初モノは刺激だらけでいいね。初めてのこと、できないこと、分からないことってのは断然ヒトを若くすると思う。 さて、夜はSリーグ最終節。 何とか勝利で飾り、大声援をいただいたホームのお客さんたちと喜びを共有できた。やはり勝つってスバラシイ。 ただし、今季の成績には選手もスタッフも納得していないと思うので、来週のシンガポールカップ準決勝と決勝は、思い残すことなく爆発して、遠慮なく最高の結果を残してくれ! http://ift.tt/1kKwpJR

Friday, November 13, 2015

Tiny moments.


今季最後のJurong East Stadiumは盛りだくさん! 試合前にお馴染み「ちょんまげ隊長」のツンさんに自身で行っている東日本大震災の被災者の皆さんへの活動報告をしていただき、念願叶ってハーフタイムには200人くらいの子どもたちがピッチ上でジバニャン(本物)とダンス! お忙しいところお集まりいただいた皆さん、楽しんでいただけましたでしょうか…!? しかし、たくさんの子どもたちから熱烈にご声援いただいたのに試合に負けたのは如何ともし難いぞ。 http://ift.tt/1NPHnZS

Thursday, November 12, 2015

Tiny moments.


本日は日本とシンガポールのサッカー業界重鎮の皆さまとこの一戦を見守らせていただきます。

色々相談させていただきたいことだらけだったので素晴らしいタイミングでこのワールドカップ予選!ありがたや。

※この数日で、日焼けしすぎた&太りすぎた。

http://ift.tt/1WTLlRJ

Wednesday, November 11, 2015

Tiny moments.


アルビシンガポールスポンサーの関さんが開催した新潟県PRコーナー1周年記念イベント!で、会場がこれまたアルビシンガポールスポンサーの富寿しさん!というわけで盛大に飲んで食べて大騒ぎしてしまいました…。 新潟県庁の方々、省庁の方々、交通機関の方々、県人会の方々、メディアの方々…。お久しぶりの皆さまにお会いできまして最高に楽しかったです。 僕らもスポーツを通じて、もっともっと新潟(日本もね)とシンガポールをつなげたい! ※顔赤いのは日焼けだよ! http://ift.tt/1Y4i5tZ

Tiny moments.


代表戦のために日本からいらっしゃっているメディアの皆さんとサッカー。自分がメディアの仕事をしていたときも、取材の先々でサッカーしたなあ。GKジーコにループシュート決めたら激怒されたのもよき思い出…。

さて、カメラマン兄とジャーナリスト弟の六川ブラザーズ。この方々に出会わなければ、今の自分は間違いなくいなかった。世界中をご一緒させていただき、色んなことを教えていただいた。「サッカーはやる、観る、働くの順番に楽しいんだぞ」という金言も10年以上前にいただいた。

 1年ぶりにお会いできて嬉しくなってしまい昨晩は痛飲してしまったのだが、お二人も早朝からフルコートをプレー…。この方々を筆頭にサッカーメディアの皆さんは、何歳になってもプレーすることが最優先だったりする。スバラシイ。

※ちなみに写真は現地で撮ったのだが、このテキストは超絶渋滞に巻き込まれている行きのタクシーの中で書いている。つまり、大遅刻ごめんなさい。

http://ift.tt/1Nqn68C

Tuesday, November 10, 2015

Tiny moments.


明後日が代表戦ということもあって空前の日本代表ブームに沸いている祝日のシンガポールでございますが、朝から日本人会サッカー大会が開催されております。4,000人くらい集まっているらしい。運営の皆さま、いつもありがとうございます。

アルビサッカースクールの子どもたちはもちろん、我らがオヤジレックスも超絶奮闘の予定。日本代表に自分を重ね合わせつつ豪快に汗をかくという、イイ日になりそうです。

しかしながら、新しいGKグローブを(セールで)買って準備万端なはずのオヤジレックスの自称守護神が謎の体調不良(体重増加?)のため、今朝の目覚めから自信喪失中。とりあえず1回戦は勝ちましたが…。

けど、もしかしたらハリルホジッチ監督が観に来てるかもしれないんだぞ。
ワールドカップ出場の最後のチャンスだぞ。

頑張れ、オレ。

http://ift.tt/1PyUChf

Saturday, November 07, 2015

Tiny moments.



8年前のこと。

「シンガポールで社長やってきます」
 と、電話でご報告したときに、
 「おう、ダメだったら帰ってくればいいじゃん!」
 と、実に軽やかな激励をいただいた。

張り詰めていたチカラがスッと抜けた。
とてもとても、ありがたかった。

それからも逐一、何やかんやのタイミングで気にかけていただいている。
(偉いのに…!)

今日と明日は、そんな原博実さんと「いい時間帯」を過ごさせていただいております。

 ※先ほどその8年前の思い出話を久しぶりにしたら、
「あれ?そうだっけ?まあ、オレのおかげだろうな」
と、案の定覚えてらっしゃらないぞ…!

http://ift.tt/1QagoJU

Tiny moments.


日本代表戦が近づいてきたので、シンガポールでは関連イベントが続々と開始!

まずはJFAとFAS(シンガポールサッカー協会)の企画「ユニクロサッカーキッズ」。アルビレックスシンガポールもちょっとだけお手伝いさせていただきました。

(露出の少ない)ウチの次女もJalan Besarのピッチを初体験。
序盤から汗ダクダクで前日の体調不良が吹き飛んでおりました。

貴重な機会をありがとうございました!

http://ift.tt/1kgiVWf

Thursday, November 05, 2015

ジバニャン、再び。



先日、開催しようと試みましたが、インドネシアからのヘイズによって中止を余儀なくされました「妖怪ウォッチイベント」が、リベンジ開催!しかも今回は我らがホーム、Jurong East Stadium!ハーフタイムに300人が「ようかい体操第一」をピッチで踊るという、前代未聞のイベントをようやく開催できる運びとなりそうです。

関係者の皆さまのご理解とご協力、心より感謝申し上げます。日本のアニメ文化と日本のサッカーがコラボレート。サッカーを通じて日本のことを世界に伝え続けたいと思っています(もちろん、サッカーも)。

なお、試合日はシンガポールvs日本の翌日(11月13日)になりますので、シンガポール在住の皆さま、あるいは日本から代表戦をご観戦の皆さまは、連日連夜のサッカーナイトをお楽しみください!


いつもアルビレックス新潟シンガポールにあたたかいご声援をいただきまして、誠にありがとうございます。
11月13日(金)開催のSリーグ第19節、タンピネス・ローバーズ戦にて『妖怪ウォッチGame Day』が開催されますので下記の通りお知らせいたします。
当日は(株)バンダイによるプロモーションでスタジアムに人気キャラクター「ジバニャン」が来場!
ハーフタイムにはピッチ上で「ジバニャン」と踊るハーフタイムショーを開催!

【11月13日(金)Sリーグ第19節 『妖怪ウォッチGame Day』】
■対象試合
2015年11月13日(金)19:30キックオフ
Sリーグ第19節 アルビレックス新潟シンガポールvsタンピネス・ローバーズ
※こちらの画面または本ページを印刷したものをご提示で入場無料。
■会場
ジュロンイーストスタジアム
■『妖怪ウォッチGame Day』イベント詳細
・バンダイ主催の妖怪ウォッチ・プロモーションイベント
人気キャラクター「ジバニャン」が試合前にスタジアムに登場します。
ハーフタイムには、ピッチ上で「ジバニャン」と踊ることができます。(先着200名)

皆さまお誘いの上、ぜひご来場ください!

Wednesday, November 04, 2015

Tiny moments.


新潟でお世話になりました皆さま、今回もとても実りがありました。ありがとうございました。 シンガポールー新潟は今回のように新潟直行直帰の場合、ANAさんが接続が良いのでとても助かります。 というわけで久々に成田ANAラウンジに来まして、朝から何も食べてないのを思い出し、いつものカレーではなく焼きそば(もちろん美味い)などなどを短い乗り継ぎ時間で堪能させていただいております。 しかしながら今月中旬の人間ドックへ向けて大絶賛調整しなければならないので、炭水化物は明日から断ちます。完全に断ちます。お酒すら飲みません。約束です。努力します。前向きに。 http://ift.tt/1Q4YHLQ

Tuesday, November 03, 2015

Tiny moments.


シンガポールでのリーグ戦が中2日での開催のため、滞在18時間くらいの新潟ダイレクト往復出張を余儀なくされております。うーん、実にもったいない。

やはり新潟は冬の様相でございまして、何というか、寒い…!しかしながら寒くなればなるほど新潟には美味な食が満載!

皆さまもぜひお越しください!
※〆はやっぱりもも太郎。

http://ift.tt/1MEOIMG

Monday, November 02, 2015

Tiny moments.



今日の敗戦でリーグ優勝の可能性がまた一段と遠のいた。

本日も遅くまで、
子どもたちが、
保護者の皆さんが、
地元の方々が、
期待を胸にスタジアムにやってきた。

それは喜びだったり、興奮だったり、笑顔。
ポジティブな感情だ。

ところがオレたちが提供するのは、 時として最悪な憂いだったりする。
今日みたいに。

そんな時はどうするか。
やり直すしかない。
見せるしかない。
今持つすべてを出し切るしかない。
漢としての心意気だ。

最後まで足を止めなければ、 必ず何かが起こる。

さあ、選手たち。
これからが本当の試練なんだぜ。

http://ift.tt/1NMjOPG

Saturday, October 31, 2015

Tiny moments.


昨日の首位攻防戦を見事勝利し、優勝の可能性を残す。

本日は朝から交通費精算含む事務作業をコンプリート。街に出ればどうやら本日がハロウィンらしく、スパイダーマンたちが内輪で大揉めに揉めているうちに、何故か娘号泣。

久々に何と平和な週末か。

 http://ift.tt/1M2CIiD

Wednesday, October 28, 2015

Tiny moments.


アルビシンガポールをご支援いただいている「和食五縁」さんが5店舗目を本日プロデュース…!しかも初のウエストエリア(West Mall)…!スタジアムから2駅、車で10分。

日系企業でありながらローカルのホーカーセンターに拡大を続ける異色なスタイルで、現地の日本食好きの方々に絶大な支持を受けているのです。

さて、話は変わりますが、昨日深夜に「立ってると気づかないけど座るとお腹出ててなんか残念すね」と友人に囁かれてスペシャル糖質制限を今日から始めかけているので、とりあえず五縁さん名物の「黒とんこつうどん(ラーメン)」のスープだけをいただきました。美味い!


※なお、この後名物のアルティメットカレー(巨大カツだらけ)もシッカリと食した模様…。

http://ift.tt/1Ms6NO6

Monday, October 26, 2015

Tiny moments.


アルビシンガポール、リーグ戦6試合ぶりに勝利!
苦しんだ分だけ、スバラシイ!

勝負事とは、
負けて忘れることがある代わりに、
勝って思い出すことがある。

まだリーグは終わってない。
何も失ったわけではない。し
ひたすらつき進むのみ。

というわけで(あまり表に出てこないと評判の)次女の勝利の舞。
来月のシンガポールvs日本に備えてもいるのです。

 http://ift.tt/1MmizJA

Sunday, October 25, 2015

Tiny moments.


日本→バルセロナ→日本→日本、と、10月は毎週末をシンガポール国外で過ごさせていただいております。今回も弾丸1泊ジャパンですが、何でも(特に会社として最初のアクションである場合は)その分野を自分自身の目で見極めた経験をしておかないと、大事なところで判断を誤ると思っているのです。

そうしないと、
ツボを理解せぬまま丸投げしなければならない場合が生まれる。
ブラックボックスになってしまう場合もある。
どこを押せばどうなるかを間違ってしまうかもしれない。

経営者としてリスクをヘッジするためには、首をつっこむための知識と経験が必須です。それがなければ、例えスタッフに任せたとしても外注しているのとほぼ変わらなくなるので、会社として資産にならないのはもちろん、文化形成にも繋がらない。

だから、機内泊だらけのスケジュールでも意地を張ってやりたいのです。

まあでも、天高い季節の日本を味わっちゃうと、シンガポールのヘイズって改めてムチャクチャだよなあ、と痛感してしまった週末でございました。

http://ift.tt/1O0GcYy

Sunday, October 11, 2015

Tiny moments.


本日はカタルーニャ州4部リーグ第4節!
目指せ、昇格!
アルビレックス新潟バルセロナ!

いかにもバルセロナな雲ひとつない最高の青空の下、アウェイのシルバーグレー×オレンジが美色すぎて地中海に映える!即ゲット指令っ…!(広告?)

http://www.albirex.com.sg/ja/goods/

Friday, October 09, 2015

Tiny moments.


バルセロナ着いた! 時間あるうちに交通費精算っ…! ※本年度50回目の決意表明 http://ift.tt/1N3nE6G

Wednesday, October 07, 2015

イーロン・マスク 未来を創る男。

なかなか移動が多いので、必然、雑食的に本を読むことが多いのですが、
今回は巷で話題のイーロン・マスク本がダントツで面白かったです。

宇宙と地球環境という弩級の事業テーマ。
燃え上がる情熱と(側から見ると)エキセントリックさと、
何よりも最後まで決して諦めない胆力。
そして繰り広げられるストーリーはロマンに次ぐロマン…。

ファンが増えるのもよく分かる。
だから、敵が増えるのもよく分かる。

実にスッキリしたのです。


イーロン・マスク 未来を創る男
イーロン・マスク 未来を創る男アシュリー・バンス 斎藤 栄一郎

講談社 2015-09-16
売り上げランキング : 171


Amazonで詳しく見る by G-Tools

Tuesday, October 06, 2015

Tiny moments.


驚かせたいことがあるので行程の詳細は控えますが、日本全国津々浦々行脚、本日終了です。お世話になりました皆様、ありがとうございました。

毎日長距離を数百キロ、とにかく新幹線に乗りまくる!というジャパンレールパスありきの弾道出張でありましたが、おかげさまでたくさんの方にお会いできまして実り多きことになると思われます。ご期待ください。

さて最終日の今日、敢えて夕方からぽっかり時間を空けたのです。羽田サクララウンジのカレー(ギリギリの抵抗・ご飯超少なめ)で心を落ち着け、溜まりに溜まっている交通費精算をはじめとした事務作業をなんとかやり抜きたく、覚悟を決めて出発8時間前に参りました。

ツラくなったらカレーお代わりします。

 http://ift.tt/1Oj2epf

Monday, September 28, 2015

シンガポール新内閣。



本日、シンガポールの新内閣が発足しました。

我々としてやはり大歓迎すべきは、新内閣紅一点、Ms. Grace FuがMinister for Culture, Community and Youthに就任されたことでしょう。

Ms. Grace Fuと言えば、アルビレックス新潟シンガポールのホームであるYuhua地域の首長も務めており、我々とともにスポーツを軸として地域を盛り上げることに尽力してくれています。先月、シンガポール政府から表彰された件も、この方なしでは生まれなかったと思っています。(既にアルビレックス新潟シンガポールのサポーターであることは間違いない)

加えて言うならMinistry for Culture, Community and Youthの機能には、青少年育成やスポーツが入っておりまして、まさに我々の事業のど真ん中。さらに来年、2016年は「日本シンガポール国交樹立50周年」ということで、一気に追い風ムードが漂ってきました。

よし、やるぞー。

Friday, September 18, 2015

Tiny moments.


最早顔が切れてることは気にも留めないのですが、シンガポールで呑んだ後の〆は三宝亭の新潟醤油に限るのです。高コストすぎて日本では展開を諦めるほどのクオリティなのです。 ご賞味あれ、というか、トライせずしてラーメン道は語れないと思うのだよ。 http://ift.tt/1MgNVxT

Tuesday, September 15, 2015

Tiny moments.


昨晩シンガポールに戻ってきまして、本日は早稲田大学平田ゼミの皆さんに講演させていただきました。 学生の皆さんが真剣に聞いてくれたおかげで泡吹くほど喋りまくりましたので、これから辛い美味い麻婆豆腐を補給します! http://ift.tt/1MoMccA

Monday, September 14, 2015

Tiny moments.


つい先月、世間をアッと言わせたキリンさんのミャンマービール大型買収劇。日本企業による700億円規模、かつミャンマー市場8割のシェアを持つ超優良企業の買収ということもあり新聞紙面を大いに賑わせました。

というわけで昨晩はその立役者というか当事者ど真ん中の社長、副社長お二人とヤンゴンでしっぽりと祝勝会。もちろんキリンビール&ミャンマービールで盛大に。

人生の大先輩でもあるお二人にはこれまでもアルビレックスシンガポールが散々お世話になっておりますが、夢のあるお話に変わらず刺激を受けまくりました。ありがとうございます!

※しかし、議論のピークがスラムダンク論と宇宙兄弟論だったことは大声では言わない。ワンピース論に自分が着いて行けなかったことはもっと言わない。

http://ift.tt/1J798pr

Tiny moments.


アルビレックス新潟ミャンマーは、Mary Chapmanというミャンマーに3つあるうちの1つの聾学校でサッカークリニックを3回/週行っています。参加者は合計70名。今ではご支援いただく企業様も出てきてくださっています。

というわけで、本日はユニフォームの贈呈式を行わせていただきました。TOTO様、Golden Rock様、Canon様、そして我々アルビレックス新潟ミャンマー。多くの現地メディアにもご参加いただきました。

世界共通言語のサッカーは、全てをつなぐ。
世界中の、あらゆる全てにつながっている。
そしてもちろん、耳の聞こえない彼らも、全てにつながっている。

これからもサッカーを通じて勇気を与えられるような活動を広げたい、と改めて感じた次第であります。

 http://ift.tt/1K9j99k

Sunday, September 13, 2015

Tiny moments.


朝からヤンゴンに来て、久しぶりに会ったアルビレックス新潟ミャンマースクールマネージャー村中とサッカーしてます。これでもかと言わんばかりの最高の天気でございます。 ほぼ飛び入り状態なのに伝統の日韓戦に45分も出場させていただいたJ-STARSの皆さん、ありがとうございました!(1失点すみません…) http://ift.tt/1O8vfUg

Friday, September 11, 2015

Tiny moments.


先ほど久しぶりにオフィスに行ったら、先日インタビューを受けた経済誌「ビジネスチャンス」さんから見本誌が届いておりました。ありがとうございます。 よもやの巻頭インタビューでブチ抜き3ページじゃないですか。さらに写真も妙にデカくて一段と濃い顔へとクラスチェンジ。いずれにしましてもイロモノを超えた扱い、励みになります。 http://ift.tt/1KIucdd