Thursday, March 19, 2015

アルビレックス新潟プノンペンFC、2015シーズン不参加を決めました。

つい先程リリースされましたが、アルビレックス新潟プノンペントップチームの活動を停止し、
2015シーズンのメトフォンCリーグに参戦しないことを決断しました。
断腸の思いです。
http://www.albirex-phnompenh.com/ja/archives/3109

理由を率直に申し上げますと、リリース内にありますように「環境の変化に耐え切れなかった」ことが要因です。
実は半年以上前からかなり難しい問題に直面しており、クラブ存続の可能性を探っていました。
正攻法だけでなく、ときには変化球で、あるいは様々な角度から全力で取り組みましたが、
その全てが上手く進まず、ひとつも形になるばかりか後退していく状況が続きました。
誤解しないでいただきたいのですが、カンボジアが悪いなどという、そういう類の問題ではございません。
むしろ、現地の方々やサッカー関係者の皆さんには我々の存在を歓迎していただきましたし、大きなサポートもいただいておりました。
感謝してもしきれないほどです。
しかし、一つ一つの事象のタイミングや方向が、何一つ噛み合わずに進んでしまったことが全てを壊してしまいました。
一度立ち上げたトップチームがすぐに活動を停止するということに対し、トップとしては大きな責任を感じています。

ご支援をいただいたスポンサーの皆さん、
楽しみにしてくれていたサポーターの皆さん、
日本からもご声援いただいていた皆さん、
深く御礼申し上げると同時に、活動を続けられないことを心苦しく思います。

しかしながら、カンボジアという国が大好きです。
いまだ無限の可能性を感じています。

トップチームこそ一旦は解散という形になりますが、
引き続きサッカースクールや子どもたちへのサッカークリニックなど、
カンボジアサッカーへの貢献活動は継続的に行わせていただきたく思っています。
まだまだ、我々でもやれることがあるはずです。

引き続き、アルビレックス新潟プノンペンFCをよろしくお願いします。

No comments:

Post a Comment