Tuesday, June 09, 2015

Tiny moments.


ちなみに本気で「アルビレックス新潟火星」の実現のために念願だったNASA、ケネディ宇宙センターに来た。 世がアジア戦略ならば、宇宙戦略を志向しなければなるまい。

驚いたのはこの手のテーマパークとしては大人の割合が格段に多いことだ。「宇宙に行ったことのある人間が世界にほとんどいない」という厳然たる事実が、大人も子どもも幼児化させるのか。訓練シュミレーターを目を輝かせながら攻略する大人たち。嬉々として元宇宙飛行士にピュアな質問を投げかける中年男性。宇宙の夢は全ての人に対して平等なのだ。

あるアトラクションの最後に流れた映像。人類史上初めて月面に降り立ったニール・アームストロング元宇宙飛行士の「Nothing is impossible, no dream is impossible.」が響きまくっている。 やはり、宇宙は全てに通ずるロマンであり、ロマンこそが人を動かすのだ。 http://ift.tt/1G9ucgZ

No comments:

Post a Comment