Thursday, December 31, 2015

2015年もアルビレックス新潟シンガポールをありがとうございました。

2015年12月31日。
シンガポールでも日本でもなく、新たな展開を生み出したいと思っている某国のホテルにて、2015年最後のBlogを書いています。今年もなんとか無事に終わりそうなこと、感謝申し上げます。

アルビレックス新潟シンガポールという企業体、そして個人としても皆さまに大変お世話になりました。毎年毎年、本当にありがとうございます。シンガポール、日本、バルセロナ、マレーシア、カンボジア、ミャンマー、タイ、そしてその他の国々。それぞれの国で活動をご協力、ご支援くださる皆さまのおかげで、我々の存在がございます。
心より感謝申し上げます。

シリアスにタイトルを狙った今季のシンガポールでは、リーグ戦こそ逃したものの(3位)、リーグカップとシンガポールカップを掲げることができました。どちらも終了間際の劇的逆転ゴールでの勝利ということもあって、今でも思い出すと興奮がよみがえります。選手たちだけでなく、現場とフロントスタッフたちの不断の努力がタイトルを引き寄せました。しかしもちろん、毎試合遅くまでご声援いただいた皆さまの力なしでは結果は残せませんでした。
また、シンガポールの本拠地を置くクラブとして最多観客動員数を誇り、Player of the Yearには元アルビ新潟の木暮郁哉、Goal of the Yearに先日引退を発表した井畑翔太郎が選出と、大きな果実を得ました。
さらに、ピッチ外でも大きな評価をいただきました。シンガポール政府から、YAFA(Yuhua Albirex Football Academy)を含めた地域貢献の活動を評価していただき「PEOPLE'S ASSOCIATION COMMUNITY SPIRIT AWARDS」をいただきました。栄誉のある賞ですので、とても光栄に思っています。

バルセロナでは2015−16シーズンより女子プログラムが発足。アルビレックス新潟バルセロナとして単独チームでリーグに臨んでいる男子と異なり、FONTSANTA-FATJOという現地のチームに5人の選手が参加。AチームとBチームに分かれながら、世界最高のサッカー都市バルセロナのピッチ内外で貴重な経験を積んでいます。

サッカースクールを展開させていただいていたジョホールバル(マレーシア)ですが、
今年からチアダンススクールを本格的にスタート。頻繁に開催した発表の場でワクワクするような躍動感溢れる演技を見せてくれました。また、シーズン終了後にジョホール日本人小学校で監督や選手の講演会なども開催させていただきました。

昨年発足したアルビレックス新潟プノンペンでしたが、「2015シーズンには参戦しない」という大きな決断をしました。そのことでご迷惑をおかけしました皆様、申し訳ございませんでした。現在は、サッカースクールやクリニックを継続的に行いつつ、活動の幅を広げています。
学生団体WorldFutとの協力でプレイベン州スマオン村で日本代表vsカンボジア代表のパブリックビューイングを開催。TVもほとんどない地域で自分たちの代表を初めて見る約1,000人の子どもたちからは大きな歓声が湧き上がりました。
さらに、日本政府のODAで建造された通称「つばさ橋」の開通を記念した「つばさ橋カップ」。多くの政府関係者が見守る中、日本人とカンボジア人の選手たちが躍動しました。

今季、最も大きな展開を見せたのはアルビレックス新潟ミャンマーかもしれません。
おかげさまで日本人向けのサッカースクールも順調に拡大していますが、ミャンマー人のろう学校の子どもたちに向けてのサッカークリニックが素晴らしい内容になっています。
週3回行われているクリニックだけでなく、子どもたちが郊外の試合に行ったり、代表戦を観戦したりする機会ができ、学校内にこもりがちだった子どもたちの意識を大きく変えることができました。今後も日本とミャンマーの架け橋となっていく活動だと思っています。

一方でアルビレックス新潟タイには無念の思いしかありません。多くを書くことはやめますが、展開する怖さを思い知りました。我々の理念に賛同していただきご加入いただいたサッカースクールのみなさん、申し訳ございません。組織としても個人としても、再びこの徹を踏むことがないように邁進します。

このように、ほとんどの方面において飛躍を果たした2015年でしたが、応援していただいている皆さまには、まだまだ恩返しが足りないと思っています。2016年はさらにアグレッシブに活動をし、既存事業をスケールさせ、新規事業をローンチします。それこそがアルビレックス新潟シンガポールの生き様であり、価値を高める術だと思っています。
ご期待ください。


最後に。
改めてスタッフのみんなには心から感謝しています。
皆さんのハードワークが今の我々を支えています。
毎日、日本人だけでなくシンガポール人のスタッフもとても高いモチベーションを持って取り組んでくれています。
目の前のことだけでなく、その先を見据えた毎日を自発的に送ってくれています。
ありがたいことです。
自分自身、最高のスタッフたちに囲まれてとても幸せです。

みんな、大きな飛躍を果たした2015年を超える、さらに充実した2016年としましょう!

Monday, December 28, 2015

Tiny moments.


本日のゲストはアルビレックス新潟シンガポールのGM、Mui Teeです。たまにはしっぽりどっぷり。 一緒に仕事をしてはや6年目。欠かせない相方のひとり。日本人と話をしてるんじゃないかと錯覚してしまうほどのメンタリティで、常に縁の下の力持ちとなってクラブと会社を支えてくれています。4年前から始めたカジノ事業も、Mui Teeなしでは立ち上げすらできなかったでしょう。いつもありがとう! さて、明朝から未知の国での年越しのために旅立ちます(行き先はナイショ)。もちろん、重要なMTGも…。新しい事業と仲間と刺激。ワクワクしかございません。 旅に出よ。旅に出よ。 既知の場所にはロマンはない。 http://ift.tt/1JbTHTC

Saturday, December 26, 2015

Tiny moments.


珍しくScootでの日本出張。しかもバンコク乗り継ぎ便しか取れず、まんまと2時間ディレイでバンコクで4時間足止め。ヘロヘロになって今朝7:00に家に到着。 力を振り絞ってスタジアムに行って、選手たちのトレーニングを一瞬見学し、フロントのインターンで来たばかりの学生くんをムリヤリ誘って湖の周りを1時間ほど世間話ジョグ。ロッカールームでシャワー浴びて極楽。 ランチは数日前に来たばかりの新米コーチを連れて、リトルインディアでカレー(とビール)。 朝から実にフレッシュなシンガポールサタデー。 http://ift.tt/1Vi8Cxd

Tuesday, December 22, 2015

Tiny moments.


昼過ぎにお馴染みジャパンレールパス、つまり新幹線で博多に到着。毎年、福岡大学さんがプロ新入団選手合同記者会見を開催しているということで、急遽スケジュールを大幅に変更して参加させていただきました。

我々にできることと言えばこうやって選手に誠意をお見せすることくらいですが、やはり新加入選手には大きなプライドを持ってシンガポールに来てもらいたいのです。

さて、来季からアルビレックス新潟シンガポールに加入することになった稲葉修土選手は、名門福大で主将を務めていた中盤のハードワーカー。今季の九州大学リーグのMVPでもあります。シンガポールの舞台でも持ち前の胆力で相手をバッタバッタとなぎ倒していただきたく…!

この後東京に飛行機で舞い戻って、両国の架け橋となるべくリーグ重鎮同士の会食にジョインしまっす!(間に合うかな…!?)

http://ift.tt/1ZmGefI

Monday, December 21, 2015

Tiny moments.


アルビレックスシンガポールセレクション@関東会場。というわけで、とっても静かな埼玉スタジアムに来ております。 毎年セレクションを開催させていただいている埼スタでは極寒のあまり鼻水が止まらなくなるのが通常運行ですが、今年は風が弱くて随分とマシ。ジャッジに集中させていただきます! http://ift.tt/1O2quLa

Sunday, December 20, 2015

Tiny moments.


昨晩から急に思い立って新潟へ。
新幹線の車内でムリヤリ飲み仲間を探し、繁忙期の新潟でムリヤリ店まで予約してもらったので、せめて支払いだけでもと思ったら、カード不可の店だったらしく所持金2,000円の自分は立ち尽くすのみ。酒造今代司の田中社長、ありがたや。

各紙でもニュースになっておりましたが、見事にアジアデザイン賞2015の銅賞を受賞わした今代司の「錦鯉 KOI」は中身の酒もかなりコストをかけているらしい、のでご贈答用に大推薦させていただきます。

さて、本日は新潟でアルビレックスシンガポールのセレクションを開催し、終了後はそのまま新横浜へ。もちろんクラブワールドカップ決勝…、ではなく、横浜国際スタジアム周辺での「アルビレックス新潟バルセロナ」チラシ配りなのです。 もちろん言い出しっぺの自分も参加したかったのですが、スタッフ+お手伝いの6人が寒い中ガムシャラに配りまくってくれたので、新幹線を乗り継いで到着する頃にはほぼ終了…。ここでも自分は立ち尽くすのみ。だから、みんなと新横浜のスポーツバーで観戦!

気がつけば年末だというのに、あちこちで立ち尽くしているのです。
人の優しさがあったかいすなあ。

http://ift.tt/1ZiKuNx

Tiny moments.


昨晩から急に思い立って新潟へ。 新幹線の車内でムリヤリ飲み仲間を探し、繁忙期の新潟でムリヤリ店まで予約してもらったので、せめて支払いだけでもと思ったら、カード不可の店だったらしく所持金2,000円の自分は立ち尽くすのみ。酒造今代司の田中社長、ありがたや。 各紙でもニュースになっておりましたが、見事にアジアデザイン賞2015の銅賞を受賞わした今代司の「錦鯉 KOI」は中身の酒もかなりコストをかけているらしい、のでご贈答用に大推薦させていただきます。 さて、本日は新潟でアルビレックスシンガポールのセレクションを開催し、終了後はそのまま新横浜へ。もちろんクラブワールドカップ決勝…、ではなく、横浜国際スタジアム周辺での「アルビレックス新潟バルセロナ」チラシ配りなのです。 もちろん言い出しっぺの自分も参加したかったのですが、スタッフ+お手伝いの6人が寒い中ガムシャラに配りまくってくれたので、新幹線を乗り継いで到着する頃にはほぼ終了…。ここでも自分は立ち尽くすのみ。だから、みんなと新横浜のスポーツバーで観戦! 気がつけば年末だというのに、あちこちで立ち尽くしているのです。人が優しさがあったかいすなあ。 http://ift.tt/1PiHyh4

Saturday, December 19, 2015

Tiny moments.


本日はインカレ決勝ということで、朝イチ名古屋から久しぶりの浦和駒場スタジアムへ。汗ばむほど、快晴。

今シーズン、シンガポール人(人じゃないけど)で大学サッカーを1番多く生で観たのは間違いなく自分だ!という自負がある。シーズンの締めくくりとしてこの試合は見逃せないのだ…!

結果、4-0で関学優勝。思わぬスコア差がついたのだが、これで関学は今季4冠。獲れるタイトルは全て獲った、ということになったわけで、確かにスキのなさは凄かった。ウチもあやかりたい。

 ※試合前の慶応のチアがかわいかったぞ。

 http://ift.tt/1ZgXanR

Friday, December 18, 2015

Tiny moments.


昨日の夕方から大阪入りしている。 到着後、早速熱弁をふるっていたらあっさりと夜がふけた。シンガポールとの気温差は20°C以上あるのだが、喋っているだけで体がジワッと汗ばんでくる。素晴らしい。

しかしながら、訝しむ。 世界の何処でも、毎晩のように口角泡を飛ばし続けているのは何故なのか。アレか?蟹なのか…?

さて、本日はJグリーン堺にて、アルビレックスシンガポールセレクション@大阪。寒い。今日はまた一段と寒い。風が痛い。

しかしながら、参加者の皆さんは「アルビレックスシンガポールに来たい!」と情熱を持ってプレーしてくれるわけなので、こちらも愛と敬意を持って真剣にジャッジさせていただく。

そして夜には名古屋に移動してきた。
今晩も再び熱弁をふるって体を温めるのだ。
お喋りくんではない。
ただただ、寒いのだ。

http://ift.tt/1YpMf9g

Wednesday, December 16, 2015

Tiny moments.


アルビレックスシンガポールのメインスポンサーであるCanon Singapore PTE LTDさんにフロントスタッフ一同お招きいただき、今季の「ダブル優勝祝賀パーティ」を開いていただきました。我々も世界に1つだけのオリジナルユニフォームを進呈させていただきました。

いつも愛に溢れるサポートを様々な形で我々の活動にいただきまして、感謝してもしきれません。数年前の苦しいときを救っていただいたのもCanonさんでした。小西社長、スタッフのみなさま、心からありがとうございます!

そして今晩は、我が社お馴染み、怒涛のノンストップ忘年会になだれ込むのです!

http://ift.tt/1O8lcjd

Tuesday, December 15, 2015

Tiny moments.


本日は日本大使館主催の天皇誕生日祝賀レセプションにお招きいただきました。由緒正しき会に参加できますこと、光栄に思います。

さて、いつもおおらかな竹内全権大使。「勝ちましたねー」「惜しかったですねー」など、普段からアルビレックスシンガポールの試合結果を気にしていただいております。

「来年はSJ50(シンガポール日本国交樹立50周年)ですので、色々やりましょう!」とのお言葉をいただきまして、こりゃ期待にお応えせねばならん! (あと、来年こそ始球式…)

 http://ift.tt/1SZ6rND

Friday, December 11, 2015

Tiny moments.


ほぼ毎日新幹線に乗るという旅行好きには堪えられない12月日本出張第1弾が終了。今朝シンガポールに着陸しまして、ほぼ同時に最大の懸案事項に解決の兆しが見えてきました。よかった。

というわけで、いつもアルビレックスシンガポールを応援していただいている東南アジア最大のサービスオフィス、クロスコープさんのクリスマス会で羽を伸ばしております。運営会社のソーシャルワイヤーさん、マザーズ上場承認おめでとうございます。上場日が12月24日ということで嬉しいクリスマスですね!

クロスコープさんには立ち上げの頃から頻繁におじゃましてますので、入居したこともないのに図々しくも一方的に我が家のような居心地なのです。 「シンガポールに帰ってきたなあ」という感慨にすら包まれつつ、明日のヤマもがんばって登るぞ。

http://ift.tt/1lTNPnh

Tiny moments.


来年には人工芝スタジアムとして生まれ変わるアルビレックスシンガポールのホーム、Jurong East Stadiumが絶賛造成中でございます。

人工芝化にはメリットとデメリットがもちろんありますが、シンガポールの天然芝事情や地域への展開を顧みますと、若干メリットが上回ると感じています。

まずはいいサッカーを見せるぞ!

 http://ift.tt/1IZ3ffx

Thursday, December 10, 2015

だから、サッカー選手は海外を目指す。

今日もインカレ2回戦。
激しい戦い、敬意を持って観させていただきました。
特定の個人に声援を送ってもよし、たくさん試合を観たチームに肩入れして観るもよし、あるいはJ内定の選手に注目してもよし。
観客の楽しみ方の幅が広いのが大学サッカーのいいところだと思っています。

今年は、各大学リーグに足繁く通いました。
毎週のようにシンガポールから通った月もあるほどです。
もちろん、4回生にとってこの大会は4年間の集大成。
メンバー入りできなかった選手はもちろん、怪我や出場停止のことを考えれば、
チームとして地域を勝ち上がって、個人としてこのピッチに立てていること。
それ自体、かなり幸せなこと。
今年からスポンサーについているアパマンショップさんにも大いに感謝しなければなりません。

もちろん自分も選手のスカウティングのために行っているので、たくさんのプロ志望の有望選手たちが、いい形でサッカーを続ける事ができればなあ、と思っています。
そしてもちろん、ウチに来て欲しいと思っています。
いや、ウチに来るべきです。

せっかくですので、なぜウチに来るべきか、順を追って説明させてください。


【日本ではなく海外でプロ選手になることで得るもの】

・タフな環境での挑戦権
・未知な環境への順応力
・本質的なコミュニケーション力
・語学力(ちなみにアルビS選手はLangrichさんの英会話レッスンが毎日受けられます)
・将来を有意義に考えることのできる時間
サッカー選手としても、セカンドキャリアを考えても、とても貴重な経験だと思います。

でも、若者がいきなり「海外にチャレンジだ!」と、闇雲にチャレンジしてもなかなか難しい現状もあるんですね。
・タイ:今やJリーグ選手の受け皿(プロとしての実績がないと練習参加すら難しい…)
・その他東南アジア:競合多数。給料未払い問題。クラブ経営不安定
・東欧:留学ビジネスになりつつある。しかも狭き門
・西欧:レベルと競争率の高さ。まず不可能
・南米:実績がほとんどない
・その他の地域:サンプルが非常に少ない
アルビレックス新潟シンガポールの門は、少なくとも誰にでも開かれています。


【最悪なケース】

よくある最悪なケースは以下のような流れです。
・どうしてもプロサッカー選手になりたい。
・受け入れてくれる数少ないJ1、J2の練習参加を繰り返すものの、なかなか返事が出ない。
・「アマチュア契約なら…」と言われてしまう選手も多数
・しかも、返事が年明けで2月以降になってしまうかもしれない
・もっと最悪なのは2月以降のタイミングで「ごめんなさい」と言われてしまうこと
・その場合、「無職、将来の夢・サッカー選手」という人間ができあがる
悲しいことに、こういったケースもまあまあ見かけます。

さらに、仮に地域リーグのクラブやJ3とアマチュア契約をしてもらったとしましょう。
最初は「上のリーグを目指すぞ!」と意気揚々としているはずです。
ところが…、
・働きながらプレーをしなくてはならない
・毎日朝7:00〜8:00がトレーニング
・シャワーを浴びて休憩して12:00〜22:00くらいまで肉体労働
・家に帰って洗濯して眠りにつくのが24:00すぎ
・朝6:00に起きてトレーニング会場に向かう…
これもひとつの、現状です。

今、そういう環境を選ばなくてもいい理由を、もう一つ付け加えましょう。
・あなたの生まれ故郷のJ3や地域リーグのクラブは、後からでも喜んで仲間に加えてくれるはず

さらにさらに、仮に地域リーグやJFLからJ3に「運良く」たどり着いたとしても、
その時点で選手は20代後半になってしまうかもしれない。
30代のベテランになってしまっているかもしれない。
そして、そのタイミングで契約満了とされてしまうかもしれない…。
プロサッカー選手を目指して数年〜10年もの間クラブにご奉公しても、
プロを目前として悲しい通告をされることもあります。
実力の世界なので仕方ありませんが、あまりにも悲しい時間を過ごしてしまうことにもなりかねません。
(もちろんそうじゃないケースもありますよ!)


【アルビレックス新潟シンガポール】

そこで、アルビレックス新潟シンガポールなんですね。
・世界で唯一の海外トップリーグに所属する日本人だけのクラブ
・選手の移籍の拠点となるべく、海外移籍を奨励
・シンガポール国内移籍だけではなく、これまで50人以上の選手がここからプロサッカー選手として世界中へ
・コンドミニアム(プール付き!)
・スタジアム、練習会場、そして毎日ごはんを食べるアルビ食堂は家から徒歩10分以内
・シンガポールは治安がいい
・英語の教育環境も準備OK
などなど、サッカー選手がさらに大きなクラブへとステップを踏むには絶好のクラブです。

これまでも、たくさんのアルビレックス新潟シンガポールの選手たちが、欧州、アジア、アフリカなどへ移籍していきました。もちろん、プロとして安くはないお給料を貰ってのプレーです。そして現在も、世界でそんな経験を積んだ選手が、世界各国だけでなく、Jリーグでもプレーしたりもしているのです。一度世界に出るということは、遠回りじゃないかもしれないんです。


【理屈じゃない!】

上にあるような理屈だけじゃなくて「海外でサッカーでメシを食う」というのは、
サッカー選手だったらウチの選手たちと同じように、間違いなく中毒になると思うんですよね。
大好きなサッカーして世界中を旅しながらしかもそれで給料稼いで…、
って、とっても幸せな世界だと気付いてしまうのです!


【セレクション】

最後に、2016年シーズンに向けたアルビレックス新潟シンガポールのセレクション開催のニュースを貼っておきます。
http://www.albirex.com.sg/ja/archives/16802/

12月18日(金)大阪
12月20日(土)新潟
12月21日(月)東京

どこの会場にも是永はいます。
世界で一緒に戦ってくれるサッカー選手、ぜひ意気込みを拝見したく思っております!

↓申し込みフォーム直リンク↓
http://goo.gl/forms/2vGhiWijuA

Sunday, December 06, 2015

Tiny moments.


先ほど、ガンバさんのご好意によって東南アジアサッカーの重鎮たちとともに新スタジアムを見せていただきました。おかげさまで某国のお金持ちクラブの会長が「10年後に作る!」と、意気軒昂でございました。ありがとうございました。 さて、そのスタジアム。ウワサ通り観客や環境への配慮もスバラシイのですが、ピッチレベル全面に風の通り道を作ったり、採光のために南側の屋根だけをガラス張りにしたりと、芝生ケアへの徹底ぶりがスゴい。「サッカークラブの売り物は何なのか」ということをシンプルに突き詰めておられます。流石。 そして今、長居に到着。 無論、J1昇格プレーオフ。 シーズン最後の一戦。 激情のぶつかり合い。 目を凝らしてイイ試合を観て、エネルギーをいただきます! http://ift.tt/1PKRQYd

Saturday, December 05, 2015

Tiny moments.


東京→広島の新幹線移動中に、おそらく年内最後となる重い企画書がギリギリ完成…。 というわけで、Jリーグ王者誕生の瞬間を見届ける心の準備完了! 良い試合を観ちゃうんだぞ! http://ift.tt/1TJUZ9v

Friday, December 04, 2015

Tiny moments.


本日はお馴染み「日帰り新潟トリップ」というわけで、Sリーグの副社長などに、ビッグスワン、アルビレッジ、そしてJAPANサッカーカレッジの視察というアルビ尽くしの1日を堪能していただきました。田村社長をはじめ、お世話になりました皆さまありがとうございました。シンガポールの皆さんにもとっても喜んでいただけました。 (気温差30℃は想定内なのだけれど、なんだこの強風は…!ブリザード!泣) 道中のSリーグ側の質問ポイントはかなり「育成」に集中しておりまして、トリッキーなことを含めて育成に真剣に向き合っているアルビレックスの多数の試みには、とても興味を持っていただけました。 さて一方、自分はレンタカーで新型ステップワゴンを1日中運転する単なるドライバーと化したのですが、備え付けのナビ様に「速度超過しましたよ」と注意されたり「エコドライブできましたね」と褒められたり「アクセルワークをきちんとしましょう」と罵られたりで、なんかこう忙しないのだけれど、運転に対するリテラシーがぐんぐん高まるのは否めない。どうせなら褒められたい。 つまり既に日本のクルマは、ナイト2000レベル(たぶん) http://ift.tt/1SBYHRE

Thursday, December 03, 2015

Tiny moments.


Jリーグが昨日からASEAN各国リーグの代表者や重鎮を日本に招待している。とてもいい機会なので自分も随行させてもらっている。

セミナーを聞いたりチャンピオンシップや入れ替え戦を観たりしながら、Jリーグの現状や考えていること、そして未来を共有して「アジアで一緒に育っていこうぜ!」という試み。単純に、素晴らしい。

普段からJリーグとは近い距離で色々とやりとりをさせてもらっているけれど「ああ、ASEANにこういうことを伝えたいのか」と、改めて腹落ちした。

未来は明るい!

http://ift.tt/1Tyv3gU