Monday, July 18, 2016

新潟にてシンガポールA代表のトレーニングキャンプ。


本日から新潟にてシンガポールA代表のトレーニングキャンプが始まりました。

シンガポール代表のスンドラム監督から、
「どこかいいキャンプの会場はないか」と尋ねられたので、
「そりゃ日本…、というか、新潟しかないでしょ!」と。

アルビレックス新潟の吉田達磨監督はシンガポールでプレーしていたことが(1ヶ月だけ)あって、その時のチームの監督がスンドラムだったという不思議なご縁も功を奏して、あっという間に決定しました。

アルビレックス新潟創立20周年、そして日本シンガポール外交関係樹立50周年という記念すべき年に、このような機会が生まれたというのは素晴らしいことだと感じています。とても急な話ではあったのですが、アルビレックス新潟やデンカビッグスワン、アルビレッジをはじめとした皆さんの愛情あふれるご協力に心から感謝しています。

ちなみにこのキャンプ、SJ50(上記日本シンガポール外交関係樹立50周年)記念事業としても登録されておりまして、公式に両国の友好につながる事業として認定されています。

アルビレックス新潟シンガポールが設立されて今年で13シーズン目。こうやってシンガポールと新潟の架け橋となることを心から望んでいました。そして、今回。これまでで最も明快な架け橋になれました。
ですので、なんというか、とても興奮しています。

7月24日(日)にはアルビレックス新潟vsシンガポール代表という夢の試合が行われます(16:30 @デンカビッグスワン)。
みなさまぜひ、スタジアムにお越しください!

No comments:

Post a Comment