Monday, July 25, 2016

スポーツの新潟。



シンガポールA代表のトレーニングキャンプin新潟が本日、無事に終了しました。

実質の準備期間は1週間ほど、というバタバタ劇でしたが、
新潟の皆さまのご協力で素晴らしいイベントになりました。

医療福祉大 2-3 シンガポール代表
JAPANサッカーカレッジ 2-0 シンガポール代表
アルビレックス新潟 3-0 シンガポール代表

と、トレーニングマッチ3試合でスコア的にも内容的にもシンガポール代表にとっては学ぶことが多かったようです。

また、新潟の皆さんにも素晴らしい歓迎をいただきまして、
特に、アルビレックス新潟とのトレーニングマッチには3,000人(驚!)の皆さまが、
歓迎パーティーには国会議員の皆さまや首長の皆さまも含め300人もの方々がいらしていただき、
暖かい拍手をいただきました。
心より感謝申し上げます。

(もはやアルビレックスなのかシンガポールなのかどちらの立場で書いているのか分からなくなってきたぞ)

シンガポール代表の面々曰く、
「全てが素晴らしかった。次も新潟に来たい」
とのことですので、大成功だったと感じています。

しかし、試合会場でシンガポール代表やアルビレックスシンガポールの紹介VTRを流したり、
あるいはグッズを販売させていただいたり、まだまだやれる部分があったな、と、
やってみて気づくことも多々ありましたので、また次の機会にはチャレンジさせてください。

やってみて、やはり新潟は「スポーツ立県」の可能性を秘めていると感じました。
今回の経験を活かし、サッカーだけでなく他のスポーツ、あるいは他の国で、同じようなイベントを推進したい。
地域の皆さんに喜んでいただけると同時に、スポーツが世界と新潟をつなぐ架け橋になれるのかもしれません。
ああ、実にワクワクします。

最後に、シンガポール代表からは白血病を克服しようとしている早川史哉選手への目録をいただきました。
またひとつ、シンガポールに恩返ししたいことが加わりました。












No comments:

Post a Comment