Monday, August 15, 2016

GOTHIA CUP CHINA ゴシアカップ中国初開催!

アルビレックス新潟シンガポールジュニアが、ただいま中国はシェンヤンで開催されているGOTHIA CUP Chinaにシンガポール唯一のチームとして参加しています。

もともとGOTHIA CUPは毎夏にスウェーデンで開催されている世界最大のジュニア〜ユース世代の大会。1975年の初開催からこれまで114の国から100万人が参加。昨年夏だけでも、80ヵ国から1,755チームが参加しました。なんと、イブラヒモビッチ、シアラー、シャビ・アロンソやピルロといったスーパースターたちも少年時代に覇を競ってきたのです。

その、GOTHIA CUPが初めてのスピンオフとして中国で開催されています。スウェーデン以外では初開催。アジアに根を張るアルビシンガポールとしては、どうしても参加したかったのです。

今回の中国開催では、予選リーグ初戦は0-0の引き分け。前半はテクニックに勝るアルビがキビキビと優勢に進めますが、後半は中国チームのフィジカルに苦労しました。

いずれにしても、少年時代に様々な国に行き、様々な環境を経験することで、数えきれない発見があるはずです。そして、彼我の差を実感することで「自分とは何者か」という問いへの答え、つまりアイデンティティが芽生えるのです。これからの日本には、アイデンティティがしっかりと軸にある若者が必要です。

サッカーは、アイデンティティを育むツールでしかありません。しかし、世界で最も可能性を秘めた素晴らしいツールでもあります。

今回の中国遠征にご理解いただいた保護者の皆さま、心より感謝申し上げます。アルビレックス新潟シンガポールは、子どもたちに刺激を与え続ける存在でありたいと思っています。




No comments:

Post a Comment