Monday, September 18, 2017

サッカーを仕事にする!バルセロナ留学座談会!



アルビレックス新潟バルセロナを立ち上げてから5シーズン目を迎えています。
現地の方、日本にお住まいの方、たくさんの方々に支えられ、いつの間にかの5シーズン。
心から感謝申し上げます。

そもそもこのクラブを立ち上げたのは、
仕事でバルセロナに行きたい…、はもちろんとして、日本の将来にちょっと違和感を覚えたからでした。

現在、20代のパスポート所有率はなんと約6%、しかありません。
今後、少子高齢化の影響で海外を巻き込まないと国力がキープできないのが明白な日本。
しかし、暴論、100人に6人しか海外とのつながりを持っていない、とデータが示すのです。

↓の9ページ目ですね。
若者旅行振興について(観光庁)

だから、思うのです。
若い頃の自分がそうであったように、
大好きなことで、絶望的に高いと思っていた海外へのハードルは思い切り下げるのだ、と。

サッカーでもいいし、別のスポーツでもいいし、学問でもいい。
とにかく海外に出て自分自身で経験することで、
「ああ、こんなもんか」
「ビビって損した」
「案外、気持ちで乗り越えられるよね」
と、経験することがこれからの日本を支えていく若者たちにとって肝要なのです。

とにかく、百聞は一見に如かず。
まずは出てみて、世界との物差しを作ることが求められます。
それさえあればどんな荒波も乗り越えられると思うのです。

そして、今週末。
『サッカーを仕事にする!バルセロナ留学座談会』開催!
します。
※応募要項も↑リンク内にあります!

是永が東京、大阪それぞれの会場で、
海外に留学することの本質的な意味や自分自身への影響、
さらにサッカー業界で求められる人材、などについて皆さんとディスカッションさせていただきます。

お忙しいとは思いますが、
人によっては人生を変える一日になりますので(実際たくさんの方々がそうなってます!)、
まずは第一歩を踏み出してみてください!



No comments:

Post a Comment