Saturday, February 24, 2018

XLARGExアルビシンガポールコラボTシャツが発売されちゃうぞ!

今朝、アルビレックス新潟公式WEBを見て驚愕したアルビサポの皆さんもいらっしゃるだろう。
大丈夫だ。
おれも驚愕している。


3月3日(土)vs松本山雅
ビッグスワンの開幕戦で、
「XLARGExアルビシンガポールコラボTシャツ」が発売されるらしい。
2デザインでそれぞれ100枚限定。
http://www.albirex.co.jp/news/goods/54159



↑こっちは分かる。
シンガポール観光協会にも許諾を得て作られたオフィシャル感漂うデザイン。
オレンジと青でアルビを演出しつつ、爽快感と絶妙なヌケ感が見事に共演している。
おそらく、売れる。



↑問題は、コッチだ。
もちろんシンガポール観光協会に許諾など得ていないアングラ感漂うデザイン。
どの角度から見ても見事なまでに悪ふざけにしか見えない。
我ながら、なんなんだこの表情は。
空気を読め、空気を。




発売に至った経緯は、こうだ。

アルビレックス新潟の長きにわたるパートナー企業であり、
XLARGEなどのファッションブランドを取り扱っている、
ビーズインターナショナルの皆川社長(※現在は会長)からFB経由で連絡をいただいた。

あ、きちんと調べたら少々ニュアンスが違った。

2017年8月1日にXLARGEの新潟店で、
「新潟限定のTシャツを買えたぜ嬉しい」
って写真をFBに投稿したんだった。

そこに外国人人材派遣会社グローバルパワーの竹内社長が、
「XLARGEの上に是ちゃんの似顔絵のTシャツあったら買いたい。」
ってコメントして、
それに被せるようにして皆川会長が、
「この写真のお顔からデザイン起こしてもいいですか?」
って…。
これが全ての始まりだ。


直後に皆川会長から「写真送ってくれますか?」と頼まれたので、
「アルビシンガポールバージョンもお忘れなきよう是非にお願いしますw」
なんて言いながら送ったわけだ。
自分のマヌケ顔を。
いま思えばまさにマヌケだった。
ホントにできあがるなんて思っていなかった。

その後もやりとりをさせていただいていると、
何度かデザインが上がってくるわけですよ。
「どうですか?」
なんて。

「あれ、これホントに作る流れじゃないかな?」
といまさらオロオロしてたら、顔写真入りのTシャツができあがったんだよね。
と同時に、売れなかった場合の等式にも気づいちゃったんだよね。


「売れない自分の顔デザインのTシャツ」
=「売れない自分の顔」
=「売れない自分」…!?


これは激しく避けたい…。
どうしようどうしよう。

混乱極まってオロオロがオロロオロロくらいになっていると、
さらに皆川会長から連絡をいただいたわけなんだよね。

「ホーム開幕戦でTシャツの販売決まりました!」

え…?
ええ…??
ビッグスワンで、販売する…???
しかもホーム開幕戦…????

あ、一線超えちゃったかも、って思ったよね。


いやね、でもね、正直に言えばそりゃ嬉しくないわけはないよね。
というか、人生で有数の嬉しさに決まってるよね。

学生時代には池袋パルコの中に入ってたオフィシャルストアで、
黒いXLARGEのTシャツ買って街を徘徊していたわけだ。
モノが良かったから、かなりヘビーデューティーで着回してた。
そんな自分が愛用していたブランドの商品に顔がプリントされるなんて、
光栄以外のナニモノでもないわけだ。

さらに強調したいのは、顔写真Tシャツってことなんだ!
アイコン的な顔写真入りTシャツって、数えられるくらいしかないからね。
チェ・ゲバラ、ボブ・マーリー、ピョン吉。そして是永。
懐かしのストリートファッション誌BOON風に言えば「即GET指令」。
そんな感じ。


しかし、肝心の当日…、
販売が予定されている3月3日(土)の試合は、シンガポール大臣宅でのパーティーのスケジュールが入っているのでどうしても参戦できない。
だからもう、ホント、星にでも願うしかない。
お願い…。


※3月11日(日)の京都戦にはビッグスワンにいるので、
アルビサポの皆さん、ぜひ語らいましょう!



PS
そうそう。
読み方重要。

えっくす らーじ
じゃないからね。

えくすとら らーじ。
これ、絶対。

No comments:

Post a Comment